お問い合わせはこちら
オンライン購入サイトはこちら
Reflex® Heat-Activated Nickel Titanium Wire

Reflex® ヒートアクティベート・ワイヤー

温度によって弾性が変化
Reflex® ヒートアクティベート・ワイヤー

冷やすと弾性はなくなり、温めると弾性を発揮し徐々に元の形に戻ろうとする形状記憶ワイヤーです。厳しい叢生にも無理なく装着でき、強すぎず弱すぎない程よい力が加わるので、患者さんの感じる違和感も軽減することができます。上顎用には3本、下顎用には1本、それぞれ黒のラインがワイヤーの中央に付いています。

アクティベートする温度

  • ラウンドタイプ : 26℃~32℃
  • レクタンギュラータイプ : 29℃~35℃

センターベンド付き

中央にベンドが入っていることで左右のワイヤーのズレを防ぎます。
上顎用には4.5mmと広めのベンドが、下顎用には3.2mmと狭いベンドが付いています。