TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

ネタはすごく良いのだが、、、

先日、妻と出かけた際にランチを食べました。
ブラブラ歩いていると、よく見ないとわからないほどの小さなお店を見つけました。
看板には「天丼・お寿司」と書かれています。

ランチなので、天丼もお寿司(10貫)も980円。

初めて入るお店なので、ドアのガラス越しに店内を覗いてみました。
空いているようだったので、早速入りました。

二人ともお寿司10貫を頼みました。

そして、お寿司が運ばれるとびっくり。

お寿司を見ただけで、ネタが良い、新鮮そうとわかるものでした。

お寿司

普段食べないようなネタもあったのです。
あくまでもうちの場合ですが、カツオやさんま、イワシといったネタです。

食事も終わり、店を出て二人で「美味しかったね、ランチなのにあのネタは良いよね」
そんな話をしていました。
そして、妻がひと言。
美味しいんだけど、シャリが柔らか過ぎると……。

うちでは硬めのご飯が好きなのですが、私は食べたお寿司のシャリは気になりませんでした。

妻は気になるんですね。

人それぞれに好みがありますので、バランスを上手く取るって大切だと感じました。

ネタが良くてもシャリがダメ。
シャリが良くてもネタがダメ。

普通のお店のランチということを考えれば、そこそこのバランスが取れて満足感が高い方が良いかも知れませんね。

銀座「久兵衛」のような高級店に行けば、また別のバランスが求められるのでしょうね。

署名

この記事を書いた人

安藤
安藤
営業・マーケティングを担当しています。