TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

小さな工夫を重ねてこそ…

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

今年から新たに設けられた“山の日”。明日8月11日は、その初めての施行日ですね。
そして世間的には、明日からお盆休みという方が多いでしょうか。

TPOJは毎年、交代で個々に夏休みを取ることになっているため、全員が一斉にお盆休みに入ることはないのですが、それでもやはりお盆の時期は出勤率がぐっと下がります。
そうなると普段は賑やかな社内もどことなく閑散として、お盆モードに入るのが毎年の常。

さて、今年もまたお盆明けまでの数日間は、蝉の鳴き声が良く響く静けさがTPOJのオフィスを訪れることになりそうです。

★☆★☆  塵も積もれば山となる  ☆★☆★

自動車や電化製品、それから食料品に至るまで、今や日本のものづくりはその殆どが工場の生産ラインで行われておりますね。
そして、多くの工場ではその生産ラインの『作業効率化』を図るために、様々な工夫を重ねていると聞いたことがあります。

しかし考えてみれば、『作業効率化』というのは工場に限らず、どんな職場においても必要なことではないでしょうか。

では、TPOJでは一体どんな取り組みがなされているのか?…ということでオフィスの中をぐるりと見回してみたところ…、ありました! 出荷チームのスタッフの引き出しに作業効率をアップさせるための工夫が!!

ハサミ・梱包テープ・同梱封筒・シールなど、梱包作業に必要な道具類。出荷チームのデスクの引き出しには、これらの七つ道具が隙間なくきっちりと収められ、いつでも必要なものがすぐに取り出せるようになっています。

また何をどこに収納するかという配置も、作業の流れを考えたものになっているようです。
例えば、弊社では納品書を入れる封筒に、似顔絵入りの梱包カードを同封させていただいているのですが、その2つの向きを揃えて横並びに置くことで、セットにかかる時間をショートカットできるようにしているとのこと。 
親指と人差し指で梱包カードをスッと挟み上げ、真横にある封筒の口を開きつつサッと挿し込む。何とも無駄のないスムーズな動きは、“ピタゴラスイッチ”のからくり装置に近いものがあるでしょうか…。

机

わずか数秒の時間短縮も1日に換算すれば大きな差になる。某自動車メーカーの工場でもそうした考えの下、工具の置き方や部品の取り出し方などを日々継続して工夫改善しているといいます。 

確かに、「塵も積もれば山となる」です!
実践されることの一つひとつは小さな取り組みかもしれませんが、それは確実に『作業効率化』に繋がります。そして何より、そうした工夫を常に意識していくことに、大切な意味があるような気がいたします!!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼