TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

月別アーカイブ: 2017年9月

ここ数日で、心揺さぶられたことは?

 

From : 安藤友司
東京のTPOJオフィスより

むかし、チェッカーズというグループがいて、
「ギザギザハートの~~~~~」なんて歌っていました。

先日、フトした拍子から、
「昔は、ハートがギザギザしていたから、いろいろなことが良くも悪くも引っかかったけど、
50歳も過ぎると、ハートが丸くなってきたのか、何も引っかからなくなってきた」
そんな話をしている人がいました。

私は、「あー、なるほど……」と思いました。

 

確かに、若い時は、意図しなくても、
いろいろなことに感動してみたり、涙したり、
心が揺さぶられることが多かったように思います。
ハートがギザギザなので、どんなに些細なことまでも引っかかりを持ってくれたのです。

ところが、年々、歳を重ねてくると、
そのギザギザもどんどん少なくなり、丸くなってくるのでしょう。
まるで、ギザギザ尖ったものが溶けていくように……。

では、このギザギザを取り戻すにはどうしたらいいのか?

私は考えました。

 

1日を何もしないで過ごすと、
何も感じない、感動しない、気づかない1日になってしまいます。

そこで、「記録する」ということ私は始めました。

何をして、何で感動したか?
どんなことに心揺さぶられたか?
どんなことに涙したか?
などを記録することです。

そうすると、ギザギザがなくなったハートも少し、蘇るような気がしています。

ギザハート

 

その成果は?

またの機会に報告しますね。

署名


こんなに柔らかくて本当に縛れるんですか?

 

こんにちは!
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

2年位前からホットヨガに通っているのですが、
実は私、驚くほどカラダがカタイのでありまして…
最初はヨガポーズなど、写真を見てるだけで、
“ムリムリ!”と思っておりました。
ですので、ブログの自己紹介欄に、
“週末はYoga”とカッコよく?書いてはおりますが、
実は興味本位だったり、週末を充実させるため、、だったり、
きっかけはとっても曖昧だったのです(^-^;)

ホットヨガは汗をかく量が尋常ではないので、
始めた当初はウェアや小物に気を使い、
髪を縛るヘアゴムも太くて丈夫そうなものを用意しました。
でもそのあと数回使って意外とすぐに伸びてしまったのです。
そのたびに買い換えるわけにもいかないと思い、
今ではシリコンタイプの細いゴムを使っています。
見た目は細くてふにゃふにゃなのですが、意外と頑丈で重宝しております。

ヨガ

 

見た感じのイメージと違って、
実際使ってみると、意外と使い心地が良かった。
そういうことってありますよね。
先日、営業が、白くコーティングしてある結紮線
「TPエステティック・リガチャーワイヤー」をある先生に紹介し、
実際にその場で使ってみてもらったようです。

「触ってみていいですか?
触った感じ、ゴムみたいなんだけど、
こんなに柔らかくて本当に縛れるのですか?」

「実際に縛ってみてください。」
すると、
「ゴムみたいなのにしっかり縛れるんですねー。意外です。
ブラケットまわりにしっかり密着しますね。
いいじゃないですか!
色調もワイヤーとあっていますしね。」

ALW

 

実はこの「エステティック・リガチャーワイヤー」
一度お使いになられた多くの先生に高い評価をいただき、
TPOJの製品の中でもリピート率の高い人気の製品です。
そしてまた、“コーティングが剥がれにくい結紮線”としても定評がございます。

 

実際に結紮している動画をご覧いただけます。
こちらからどうぞ☆

https://www.youtube.com/watch?v=ftfNMugDljs

 

 

 

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

なぜ、貧乏ゆすりをするのか?

 

From : 安藤友司
東京のTPOJオフィスより

私は、たまに「貧乏ゆすり」をしている時があります。

それはイライラしていたり、緊張している時。

なんで「貧乏ゆすり」って、脚をゆするんでしょうか。

 

一説によると、
イライラしている時に身体の一部を小刻みに揺すると、
その刺激が脳神経に伝わって、精神的な緊張を和らげるなんて言われています。
一定のリズムでゆするのがその理由だそうです。

それにしてもなぜ脚なんでしょう?



貧乏ゆすりは、立ってる状態ではやりません。
椅子などに座っている状態で脚を一定のリズムで揺すります。

机があって椅子に座っている状態であれば、脚は周囲から見えにくいから、
脚をゆするということのようです。

貧乏ゆすり

 

「体を一定のリズムでゆする」ことで緊張をほぐす効果があるということなので、
ふと考えてみました。

先ほど、「貧乏ゆすり」は座っている状態と書きましたが、
私は立っている状態で、身体を一定のリズムで揺すっている癖はないか?

 

ありました!

私は無意識に、両腕や両手をブラブラさせることがあります。
もしかすると、
緊張している時やイライラしている時かもしれません。

「貧乏ゆすり」というと、悪い癖のように聞こえますが、
「リラックスするための運動」と考えれば、別の響きがありますよね。

 

それにしても、「貧乏ゆすり」の場合、見た目もよろしくないので、
別の部位でリラックスできる方法を身に付けたいと思います。

 

署名


2017日矯特別キャンペーンが始まりました!

 

こんにちは!
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

9月に入って一段と涼しくなりましたね。

先日、ふとよく入るお店へ行きましたら
店頭の一押しも、素材も色も、そして価格も
がらっと秋物の服に変わっておりました。
ただ、その日はちょうど日差しが強い残暑の日。
いつものように好みの服を探しては見るものの、
やはり、なかなかピンとは来ませんでした。
さっと見渡して出てきてしまったのですが、
数日後、すぐに季節が秋へ移り変わった感じです。

どんぐり

うかうかしているとまたタイミングを逃しそうです(;’∀’)
店頭にあったあの新作、また見に行ってみようと思っております☆

 

2017年日本矯正歯科学会大会の
TPOJ特別キャンペーンが始まりました!
最近特に「日矯キャンペーンいつからですか?」
と問い合わせをいただくことが多くなっておりましたが、
先日も
「そういえば、そろそろ日矯キャンペーン始まるのでしょうか?
実はすべて確認したわけではないのですが
だいぶ在庫が減ってきてたように思うので・・・。
ちょうど時期ですし在庫確認しますので
減っているものはお願いしましょうかね。」
とおっしゃる先生もいらっしゃったそうです。

今年の日矯キャンペーン期間は、2017年10月31日までとなりますが、
学会当日間近、またキャンペーン期限が間近となりますとご注文の混雑が予想されます。
先生もタイミングを逃されぬように
この機会にどうぞお早めにご注文ください。
ご連絡をお待ちしております。

TEL:0120-08-8763
FAX:0120-42-4118
E-mail:customersc@invu.jp

 

またTPOJの公式Facebookページでは、
これから様々な製品をランダムにご紹介してまいりますので、
どうぞこちらもお見逃しなくご覧ください。

https://www.facebook.com/TPOJapan

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

右脳・左脳を分けて考えるのは古いかも!?

 

From : 安藤友司
東京のTPOJオフィスより

「脳」に関する気になる本があって、読んでみました。

著者は、以前に私が書いた記事「体は脳表す」でご紹介している
http://www.tpoj.co.jp/staff/bodybrain-3591.html
東北大学加齢医学研究所教授の瀧靖之先生です。

今回読んだのは「脳を本気にさせる究極の勉強法」というタイトルです。

読本

 

中でも『「右脳」・「左脳」の考え方は、もう古い!?』というのが気になりました。

一般的に「右脳」というのは、直感やひらめき、イメージ。
「左脳」は論理的思考や話す、書く、分析などの働きがあるとされています。
ですから、人はどちらか自分に足りない働きを、右脳か左脳に求めたりします。

ところが、瀧先生は、右脳と左脳とを分けて考えることの必要性は
あまり高くないと、言っています。
「確かに脳は右と左に分かれ、それを脳梁という部分が繋いでますが、
機能的MRIで調べると、色々な動作の際には、
脳の右も左も使って行なっていることが多いという結果出ています。

なので、脳のどこか特定部位だけを育てようとするのではなく、
脳全体にとってより良い勉強法・習慣を取り入れていたほうが、
結局は脳にとっていいと思うのです。」(著書引用)

何となくですが、私は、自分に「アイデア」や「ひらめき」が足りないなぁ~と思うと、
右脳を活性化するようなことをやってみたりすることがあります。

なんか一見、合っているような気がしますが、
右脳も左脳もどちらもバランスよく使う必要があるようですね。
どちらか一方が良くても偏ります。
両方のバランスが良いから、いい思考・発想が湧いてくる。
そんな感じでしょうか。
脳は年齢に関係なく成長すると言われますが、
何歳になっても「好奇心」を忘れないのが一番大事なようです。

そのようなことから、「好奇心」を忘れなければ、
自動的に「右脳」も「左脳」も使いそうですし、
脳が衰えず成長していくとしたら、こんな良いことはないですよね。

まずは、「好奇心」を持ち続けたいと思います。

追伸
瀧先生は2018年に宮城県仙台市で開催される
「第34回東北矯正歯科学会学術大会」の市民公開講座(平成30年5月26日 仙台国際センター)
で講演されるそうです。
楽しみですね。

署名