TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

月別アーカイブ: 2017年8月

白いワイヤーと白いクリンパブルフック

 

こんにちは!
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

夏休みももう終わりですね。
息子の給食が始まり、少しほっとしております…(^^)

料理に欠かせない調味料の「胡椒」を最近買い換えました。
キャップ付きの振って使うタイプから
挽きながら使うミルタイプにしてみたのですが、
挽きたては違いますね!
香りが立って一段と美味しくなりますし、
何といってもあの削る音が料理のテンションを上げてくれます♪

そして、更にその胡椒に合わせたいと思い立ち、
先日、お塩も「ミル挽きタイプ」に合わせました。
中身は精製塩ではなく、大粒の自然塩。
しょっぱさと甘さが調和したお塩と、胡椒の風味が相まって
大して凝れない(-.-;)料理を引き立ててくれてます。
もっとも基本的な調味料こそ、
それぞれ似合うものを使った方が良いですよね。

パン

 

矯正の装置に関しましても
それぞれの相性を考えてお選びになることも多いかと思います。
先日、TPエステティックワイヤーをお使いの先生が
営業にこんな風に話してくださいました。

「最近、エステティックワイヤーを使う頻度が
ほんと多くなってきましたね。
なので同じように白いクリンパブルフックも
結構合わせて使うようになってきました。
これはTPさんにしかありませんからね。」

ワイヤーが白なら“周辺に使う装置も白がいい”
患者様もそう思っていらっしゃる方は多いと思います。

TPOJでは、
InVuセラミックブラケット&エステティックワイヤーに加え、
リガチャーワイヤー
クリンパブルフック
オープンコイルスプリング
のコーティングタイプもご用意しております。

こちらから「白い矯正装置のランナップ」をご覧ください。

http://www.tpoj.co.jp/aesthetic.html

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

あらためて、方向音痴だと思うわけです。

 

From : 安藤友司
東京のTPOJオフィスより

私は、自分で言うのもなんですが、相当な方向音痴です。
営業先で新規に訪問する場合や初めて訪れる場所では、
ほぼ100%、最初は目的地の反対方向に向かっています。

歩いている途中で、「あれ違うかも」と気づくと、
必ず逆方向に歩いています。

これが、歩いていない時でも、
私の行動は方向が最初は違うんだと言うことに気づいたのです。

先日、会社に来てすぐにサイレンの音が聞こえました。
救急車や消防車、パトカーがサイレンを鳴らしています。
音からして、会社の近くは間違いない。

私は、野次馬根性丸出しで、窓から様子を確認しようと、
会議室の窓から外を眺めて見ました。

サイレンを鳴らして来たパトカーや消防車は、
どこにも見当たりません。

確かに近くのはずなのに……

そうです。

事件は、私が見ていた窓側と真逆の方向で起きていました。(笑)

私は、痛感しました。
方向感覚も音感覚も他人とは逆を向いている。

そうだとすれば、自分の感覚の逆を行くとうまく行く。

今日は、自分の感覚を信じないで、その逆を信じる。
これに徹してみたいと思います。

道路

 

さて、さて、上手く行きますかな……

署名


「心強い支援グッズヽ(^o^)丿」

 

こんにちは!
カラオケ好きがすっかり定着された(?)おたまさんこと、TPOJの舌間です。

今年の夏は雨が多く、涼しい日が続いていますね。
8月、実は野外で行われる、あるイベントのライブを毎年見にいくのですが、
今年は終始どんよりとした曇り空でした。
それでもまだ雨が降らなかっただけ良かったです!
…そういえば昨年は、
終了間近に急などしゃ降り、そしてそのあと見事に虹が出てきまして
アーティストの一声で、いっせいに空を見上げたことがありました☆彡
思いもかけないこんな出来事はやはり記憶に残りますね!

虹

そんな演出も印象的ですがライブと言いますと、
企画されて作られた様々な「オリジナルの支援グッズ」があります♪
ひと昔前ですと、ペンライトやハチマキなど、
今ですとオリジナルTシャツやフェイスタオル、キーホルダーなどなど。
実は私も、、Tシャツやタオルを身につけたりするのですが、
そうするとなんだかとても心強くて、思いっきり応援できるのです(^^;

「InVuは、ツール類やポスターなど
支援グッズが充実していて助かりますね。」
と、TPOJがご用意する様々な説明ツールを
ご愛用いただいている先生がいらっしゃいます。

ひと目見てもらうだけで「はッ!?☆」と気づいてもらえたり
不安をお持ちの患者様に分かりやすく説明できたり
InVuをお使いの先生にご意見を頂戴いたしまして、
今まで様々な形で作ってきました。

少しご紹介しますと、

パタパタと動かして口元がInVuに早変わりする
【見開きツール】
↓  ↓  ↓
https://www.youtube.com/watch?v=8IUVe5yauCQ

“他の人から自分の口元はどう見えてるんだろう?”
近くで!遠くで!?様々な距離から見れる
【エステティックビューワー】

まるで紙芝居のように裏面の説明文を読みながら患者様と楽しく会話♪
3枚セットの【提案パネル】

__

B2サイズの特製
「InVuポスター」

などがございます。
装置の説明をされる際、どうぞご活用ください。

 

実は、InVuに限らず、様々な製品のツールもございます!
改訂版も続々と思案中…!(^^)!
これからも先生の「こんなのあったらいいな!」などの、
ご意見やご要望をお聞かせくださいね☆

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

積ん読効果あり

 

From : 安藤友司
東京のTPOJオフィスより

休日にまだ読んでいない「積ん読」状態の本を読もうと思い、
手にした1冊がありました。
買ってから半年くらい放置していた本です。

読みたいと思った本は、すぐに読んでしまうタイプな私なので、
半年放置するくらいですから、
まずは「なんでこの本買ったんだ?」というところから考えてしまいます。

多分、タイトルだけ見て、面白そうと直感的に思い買ったのだと思います。

早速手に取った1冊の本の表紙周りや目次に目を通し、
ざっと本文をめくると、
「この本、面白いかもしれない!」と
思ったのです。

 

その後は、一気に読み進め「積ん読」が一冊解消されました。

読後、

「なんで、もっと早く読まなかったんだろう!」

そんな思いが、私の心を走り抜けて行きました。

「食わず嫌い」という言葉がありますが、
それに似た感じでしょうか。

食べて見たら、意外と美味しかった。
その美味しさが、半端ではなかった。

そんな感覚です。

「積ん読」から、何気なく取り出した一冊の本。
だけど、確実に私の心を動かした本。

偶然手に取った本ですが、
読んだこと以上に気づきがありました。

また、「積ん読」から取り出したい1冊を見つけて、
積ん読を増やしたいと思います。
(永遠に続く……)

積読

 

もし、あなたも「積ん読」状態が続いている本があったら、
その中から自分がピンときた本を手に取ってみると、
意外と、新たな気づきや発見があるかもしれませんよ。

署名

 


折れにくいワイヤーでイライラ解消!

 

こんにちは!
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

週末、久しぶりに家の押し入れからミシンを引っ張り出し、
息子が2学期から使うぞうきんを縫っていました。

小さい頃、祖母の家にあった“足踏みミシン”に興味を持ち、
パタパタと動かす足を動力に、
手回し車で器用に調節しながら手先の針を動かしていく
そんなふしぎな構造に目がテン(゜.゜)
大きな裁縫箱をまるで宝箱のように扱う祖母を見て、
子供ながらに「おばあちゃんってすごいね!」と
尊敬のまなざしでいつも見つめておりました☆

そしていつの日からか私も洋裁が好きになり、
一時期は毎日のようにミシンで何かを作るようになりました。
そのうち、服の形や素材にも凝るようになるのですが、
その度に用意するミシン糸も素材に合わないものを選んでしまうと
突然糸が、“プチンっ”と切れてしまうことがあったのです。
「あともう少しで返し縫だったのにー」と嘆くも、、元へ(;_:)
もっと慎重に選べば良いのですが…手持ちの糸が増えれば増えるほど
「これでいける!」と思っておりました…(^-^;

今でもミシンを踏むと、
そんな経験と懐かしい祖母の姿を思い出したりします。

ミシン

 

先生は矯正治療の際に、
ベータチタン系のワイヤーを使われることはございますか?
ベンディングする途中、肝心なところで折れてしまって困るというお話を
うちの営業からお聞きすることがあります。
そんな時は、今度ぜひティモリウムワイヤーを試してみてください。

このワイヤーを紹介する際に
先生にその場で試しに曲げてみていただくことがあるのですが、
先日も、ある先生がこんな風に話してくださいました。

「ワイヤー類はいつもTPさんのものを使っていましたが、
こういったワイヤーもあったのですね、知りませんでした。
私もベータチタン系のワイヤーは使っていますが
よく折れてしまうのでその度にストレスになっていたのですよ。
曲げてみてもいいですか?
ほんと、結構折れにくいですね。」

試していただいた先生方の中で、
実に83%の方から「折れにくい」と実感いただいています。
(体験してもらったうちご使用に至った割合です)

「曲げ直し」の検証をしてみました。Youtubeから動画をご覧ください。

<曲げ直しても折れないベータチタン系ワイヤー>

「TPティモリウムワイヤー」

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

新しいラインでやっていきます!

 

こんにちは!
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

「会議室空いてる?」
「早めに入れておこうよ!」

最近TPOJのオフィスでは、
そんな会話が聞こえてきます。
というのも、実は今年から
社内ミーティングの方法がガラッと変わりまして、
今は少人数でのチームミーティングや、勉強会などなど、
様々な内容で、様々なメンバーが集まるようになり、
そのために会議室が頻繁に使われるようになったのです!

当初、この試みもスタッフ皆で決めたものの、
長年続けてきた方法を変えることは容易ではありませんでした。
それでも戸惑いながら挑戦してきて数か月、
今では会議室使用のための争奪戦が行われるほどに…!?
TPOJの新しいラインとして日々定着しつつあることを感じております。

砂浜

これからもスタッフ一丸となって、
先生のお役に立てることができるよう努力していく所存でございます!

 

“新しいラインでやっていきます”と、
先日、営業に話してくださった先生がいらっしゃいます。

「InVuは最初、知り合いの先生から紹介されたんです。
別のブラケットをメインに使っていたのですが、
特に前歯部は目立って気になるんですよね。
そうなるとやっぱりこれからは、白いラインが必要だと思ったんです。
それでいろいろ試した結果、やっぱりInVuが良いですね。
そこに白いワイヤーを合わせるとかなりいいので、
これからはInVuとエステティックワイヤーにしていきたいと思います。
開院してから3年が経ちますが、これから“新しいライン”として、
InVuとエステティックワイヤーを打ち出して行こうと思います。」

ブラケットとワイヤー。
先生がおっしゃるように、そのどちらにとっても審美性は欠かせません。
InVuの色合いと、その色に馴染むように作られたエステティックワイヤーは
理想のコンビネーションです!

TPOJでは白い矯正装置のラインナップを取り揃えています。
こちらをご覧ください。

http://www.tpoj.co.jp/aesthetic.html

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

人生〇〇〇年戦略

From : 安藤友司
東京のTPOJオフィスより

 

先日、久しぶりにマクドナルドでハンバーガーを食べてみました。
テイクアウトではなく、店内で食べることにしました。

オーダーしたセットを持って2階へ上がり、
席に着き、あたりを見回しました。

そして、この街は学生街なはずだけど、年配の男性が多いな、
そんな感じを受けたのです。

高校生や大学生の男女と、すでに会社勤めをリタイアした感じの男性が
半数くらいの割合でしょうか。

私の席の付近で話している年配の男性2人組は、
個人なのか、自分の会社なのかわかりませんが、
経理的な話をしているのが聞こえてきました。

なんとなくですが、会社を作ったばかりなので、
経理的なことがよくわからず、相談し合っている雰囲気です。

相談し合っていると言っても、深刻な感じではなく、
楽しそうに語っているのが印象的です。

多分、65歳は過ぎているであろうこの2人が話している様子を
私はチラッとみたり、話を聞きながら、
目の輝きやハリのある声、楽しそうに語る2人の笑顔。
私は、そのようなところに心を動かされました。
「こんな歳の取り方もいいかも」
そんな風に感じました。

通常サラリーマンが定年退職となるのは60歳でしょうか。
定年後に何もやることがない。
そんな方も多くいると聞きます。
マクドナルドにいたお二方のように、私の想像でしかありませんが、
定年後も人生を楽しむことがあるといいですよね。

ライフ

 

「ライフシフト 100年時代の人生戦略」(リンダグラットン他:著)
という本があるくらいで、100年の人生計画を考えないといけない時代です。
今では、70歳~80歳くらいの方でも、
バリバリ働いている方は多くいらっしゃいます。
私も70歳くらいまでは、身体が動けば働きたいと思っています。

そのためには準備が必要になってきますよね。
まずは体力・情熱・知恵の3つの準備はしておかないと、と思っています。

 

署名


インスタ映えのミニスティックカラー☆

こんにちは!
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

先週、関東近郊の海上花火大会に行ってきました。
クルーズ客船が華やかにライトアップされ
また広い浜辺の自由席は混雑することもなく
ゆっくりと見ることができて良かったのですが、
実は、始まるまでの待ち時間…陽が落ちてからの海風が思いのほか強く
けっこう寒かったのです…!

散歩がてらに早めに来てしまったこともあり、開始にはまだ2時間も…(>_<)
でもそんななか心をほっこりさせてくれたのが
鮮やかな浴衣に着替えた人たちの姿でした☆
浴衣の柄とそれに合わせる帯の色、そして、髪飾りに鼻緒の色…。
ひとつとして同じコーディネートが見当たらないほどに
その組み合わせ方は本当に様々ですね!

そして帰り道、混雑する最寄駅でエスカレーターを昇る途中、
微笑みながらふと振り返った浴衣姿の可愛い女の子の口元が
淡いピンクのゴムで彩られていたのです!
矯正中の患者さんがこうして楽しんでいらっしゃる様子を
街中で間近に見れたことは正直うれしかったですね♪

浴衣

 

最近はカラフルなゴムを付けてインスタグラムにアップしたり、
矯正を楽しんでいらっしゃる方が本当に増えてきたように感じます。
ある先生も、街中で見かけることがあるそうで、
先日営業にこんな話をしてくださいました。

「ミニスティック・リガチャータイは、
クリアーとシルバーを使うことが多かったのですが、
最近カラーを付けたいと言われる患者さんがいますよ。
うちの医院では待合室にカラーBookを置いて紹介しているくらいで、
そんなに積極的に紹介していたわけではないのですが・・・。
どうやら、街やテレビ、あとSNS等で見て、
自分もカラフルな色を付けてみたいと思われる方が多いと思います。
SNSに関しては私も詳しくないのでわからないですが、
休日たまに街に出ると、確かにカラフルなゴムを付けた方を見かけますからね。
とにかく、患者さんが喜んでくれるのが1番いいので
要望があったらどんどん取り入れるようにしたいと思ってます。」

カラフルなカラーゴムであえて魅せる。
これは、矯正治療中だけの人ができる楽しみですよね。
ぜひ先生も患者様にご提案ください!

ミニスティック・リガチャータイは全20色

夏のお勧めコーディネート

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

戻さないんだ?

From : 安藤友司
東京のTPOJオフィスより

 

ある日、飛行機に乗った時の話です。

窓側2席シートで窓側に私の妻が座り、私が通路側の座席に座っていました。
私たちの前の座席もご夫婦だと思います。
私たちの前のご夫婦は、
私たちと違ってご主人が窓側、奥さんが通路側に座っています。
ご主人は見るからに私よりも年上です。
多分、5つくらい上でしょうか?
エコノミークラスですから、ご存知の通り座席前面は狭いです。

1時間か2時間くらいなら、多少狭くても我慢できますが、
7時間の飛行時間でしたので、足の位置を変えたり、体の向きを変えたりと、
身体の位置を変えたりします。

飛行機が離陸してしばらくしてからです。

私の妻の前に座っているご主人が、座席の背もたれを後部へズラしました。
さらにしばらく時間が経ってから、さらに背もたれを後部へズラしました。

さすがに妻も窮屈そうでしたし、常識的な背もたれの倒し具合というのもありますので、
私は前に座っているそのご主人にひとこと言いました。

最初はCAの方から言ってもらおうと思いましたが、
それも面倒なので、直接言いました。

妻は言わなくてもいいと言っていたのですが、
私の気分がひとこと言わないと済まない状況になっていたので……
妻の制止を振り切って、ひとこと。

「常識的な倒し方があるだろう、もう少し、元に戻してください。
それでなくても狭い空間なのだからと」
そのようなニュアンスの話をして、相手も理解したようで頷いていました。

ところが、

全く背もたれの位置は解消されず・・

再度言おうと思いましたが、
さすがに、妻が、もういいというので黙っていました。

その時に妻が話していました。
「こういう人、多いんだって。
テレビでやっていたの。
芸能人の〇〇も、同じようなことで頭にきたって。」

私からすると、
「はぁーーーー」という感じで、
後ろから、その男性の頭をひっぱたいてやろうか!!!」
そんな気持ちでいました。(気持ちだけでしていませんよ)

でも、そこは妻の言った通り、我慢してよかったと振り返っています。
そこで私が止まっていなかったら、
この旅はきっとつまらないものになってしまっていただろうと想像したのです。

飛行機

 

私からすると正論は正論でありますが、
それを貫き通すことが全てではないと。

あなたなら、どうしますか?

署名