TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

月別アーカイブ: 2017年6月

「落ち着きのある組み合わせ」

こんにちは。
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

先日、洋服を収納している棚を覗きながら
夏用の服を引っ張りだしていました。

“去年の今ごろは何着てたっけ…??”
“これは梅雨が明けるまでいるよね?”
“今年の夏も着るかなぁ…”
と、あれやこれやと思いながら整理をしていたのですが、
その時あらためて思ったことがあるのです。
自分の持っている服の色調が、大体似たり寄ったりなことを!
やっぱり無意識に自分のなかで落ち着く色を選んでるんですね。

お店で気に入った服を見つけると、
まずは第一候補、そして第二候補、と何色か手に取って
鏡の前で延々と悩んだりすることがあります(-.-)
ただ、結局すでに持っている服と合わせる、、となると、
大体、最初に手に取った色に落ち着くことがほとんどかもしれません。
挑戦(?)して購入した意外な色も持ってはおりますが、
やっぱりそれは、なかなか着る機会が少ないですね…(^^;)

衣替え

 

白い矯正装置を色々と試されていた先生が
先日、営業に話してくださいました。

「InVuは綺麗でいいですよね。
主線も結紮線もコイルも色々と試してみましたが、
白いのは今ほとんどTPさんです。
結局、色調が揃っているから落ち着くんですよ。」

「白い矯正装置」といってもコーティングの色はさまざまで、
実際歯につけると逆に目立ってしまう、ということがありますよね。

InVu(インビュー)は光反射の技術によって
あらゆる患者様の歯の色にマッチする審美ブラケットです。
そして、TPのエステティック製品
ワイヤー、リガチャーワイヤー、コイル、クリンパブルフックもすべて
InVuと同じ色調を持っておりますので、一緒にお使いいただくことで
落ち着きのあるより美しい矯正治療をご提案できます☆

Personalized Color-Matching
~患者さん一人ひとりの歯の色にあった矯正装置~

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

「まさか」という坂は…

 

From : 安藤友司
東京の自宅より

先日、私の長女が、旦那さんと一緒に私の自宅にやって来ました。

今年の3月に入籍したばかりで、娘が一人で帰って来ることはありましたが、
旦那と一緒に帰って来るのは初めてのことです。

入籍したと言っても、
旦那さんのご両親や兄弟と顔合わせをした時に、
婚姻届へ署名捺印しただけです。

その時は特に何も感じることもなく、
「長女が嫁ぐんだな」
そんな想いになっただけでした。

入籍してしばらく経ち、夫婦揃って来ると、
何か別の想いが、私の中に感じられました。

なんて表現すればいいのでしょうか……

「本当に嫁に行っちゃったんだなぁ~。」

そんな感じでしょうか。

 

こういう親娘の関係って、
映画やTVのシーンの世界であって、
自分には関係ないものとずっと思っていました。

まさか、娘がこんなに早く結婚すると思ってもいなかったですし、
自分が娘を嫁に出す立場になると思ってもいなかったのです。

人生には、「上り坂」「下り坂」があり、
もう一つの坂「まさか」があるなんて言われます。

おめでたい話なので良いことなのですが、
自分自身に「まさか」がこんなに早く来るとは思ってもみませんでした。

だから「まさか」なのですが……。

もう一人娘がいるので、
次女の時、私はどんな思いを馳せるのでしょうか?

思わぬ「まさか」が来たりして……。

 

結婚

署名


「装置、まだ外れないのかな?」

こんにちは!
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

梅雨空のなか、暦の上では夏至が過ぎましたね。

先日、“あるものを代用してお掃除ができる術”というのをテレビで見て、
次々と紹介されるそのラクチンな“小ワザ”に
興味津々になって見入っていました。
専用の洗剤や特殊な道具を使わなくても、
家にあるちょっとしたもので汚れが落ちる☆というもの。

そこで紹介されたひとつに、
くしゃくしゃに丸めたアルミホイルをキッチンの排水口に2、3個入れておくだけで
アルミが金属イオンの力を発揮し汚れが着きにくくなり、
周りがいつまでもさらっとしているとのこと。
さっそく試していますが、明らかに以前と違います!
アルミ製の掃除用具などはよくありますが、
これは代用出来て、しかもラクチン☆
ネットで検索してもすぐに出てきますのでご存知の方も多いかもしれませんね。
オススメです!

キッチン掃除

 

先日、プリフィニッシャーをお使いの先生から
こんな話をいただきました。

『今までは、治療が3年ほど経った患者さんに
「まだ外れないのですか?」と聞かれたときにプリフィニッシャーにしていました。
でも今では、聞かれなくてもある程度並んでくるとそこで紹介しています。
それからは治療がすごく楽になりましたね。
やっぱり咬み込んでいけば最後、綺麗に並んできますし、
患者さんも“まだ外れないのかな?”と不安になる事もないですしね。
そういったことでは、私も患者さんもどちらも楽ですよ。』

TPプリフィニッシャーは既成のポジショナーとして
ブラケットを外した後の最終的な仕上げや保定に使用できます。
咬み込んでいくと色が変わっていきますので、
患者様の使用頻度も確認することができます。

装着方法などが書かれた「ご使用のてびき」を添付しておりますので
患者様に説明されるときには、ぜひ一緒にご覧いただきながら
ご確認ください。

「TPプリフィニッシャー」

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

夢がある人はキラキラしてる

From : 安藤友司
東京のオフィスより

うちの会社では、歯科医院のDr.や患者さんへインタビューをして
ニュースレターを作っています。

以前は、私がお客さんのところへ行って、取材させてもらっていました。
最近では、うちの若い営業マンがライターさんと一緒にお客さんへ赴くケースが増えています。

私にとっては若い人が取材に立ち会って、
Dr.や患者さんに質問してインタビューしてくれるのはとてもありがたいことです。

その代わり私は取材に立会っていない分、
テープ起こしや原稿には、以前よりしっかりと目を通すようにしています。

 

そんな中、ある患者さんの原稿が上がってきたので、
私は原稿をプリントアウトして読み始めました。

PC上で校正するのではなく、必ずプリントアウトして読みます。
なんとなくそうしいています。
その方が、文章のパワーが伝わってくるような気がしています。

これは私が読むだけでなく、
マーケテティングスタッフにもプリントアウトしたものを回して、読んでもらいます。

それは取材したDr.や患者さんの声を感じてもらいたいから。

直接Dr.や患者さんと接する機会がないスタッフには、
Dr.や患者さんの生の声を感じてもらう良い機会だと、私は思っています。
ニュースレターとして出来上がる前の原稿の感じがいいのです(私の勝手な妄想ですが…)

 

今回はある大学生の患者さんの記事をスタッフに読んでもらいました。

記事を読み終えたスタッフの一言が「夢がある人はキラキラしてる」です。
その一言を聞いて、
「私には夢があるだろうか?」
「私はキラキラしているのだろうか?」

そんなことを考えました。

kirakira

 

「I have a dream」

私はキング牧師の演説を思い浮かべます。

私には夢がある。

 

私は54歳です。
キラキラしていないかもしれないけど、ギラギラもしていないはず。

いくつ歳を重ねても、どんな環境で生きていても
夢は持ちたいものです。

そんなことを考えた、取材記事とそれを読み終えたスタッフの一言でした。

 

署名


「簡単で美味しそう」な時短メニュー♪

こんにちは!
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

「今日の夕飯な~に??」
夕方になると聞こえてくる、息子の一声。
食べ盛りの子供にとっては、これって結構一大事ですよね!
メニューを伝えると、時に
「あー今日の給食とかぶったー!」なんて
残念そうにしていることがあります( ;∀;)

毎日凝ったものはなかなか作れない、、ということもありまして、
作るときは基本、「簡単で美味しそう」をモットー(?)にしています。
そのなかの一つ “魚のホイル焼き” は彩りも良くて超!簡単☆
まさに「簡単で美味しそう」なこの夕飯は
たびたび我が家で登場する時短メニューとなっております♪

時短

 

手抜きをするわけではないけれども
時間をかけるわけにもいかない。
そんな風に考えていると最善な方法というのも見つけやすくなる気がします!

InVuのディボンディングについて、ある先生が話してくださいました。

「たまに別のブラケットを試してみることもあるのですが、
結局InVuに戻るんです。
やっぱり一番トラブルが少ないしディボンドが楽なのが良いです。」

また、アピールポイントだとアドバイスしてくださった先生は、
こんな風におっしゃってくださいました。

「一番気に入っているのはディボンドです。
セラミックでここまで簡単に外せるのはInVuだけですよ。
あとは色調ですね。
どんな歯の色の人でもなんとなく馴染んでしまって
目立たないところが気に入っています。
InVuはこの2つが最大のアピールポイントですよ。」

何れのお話も営業に話してくださったのですが、
セラミックブラケットのディボンディングについては
苦労されている先生が多くいらっしゃると言う話をよく伺います。

下記ホームページでは、
InVuがわずか2分でディボンディングできる理由をご紹介しています。
動画もご覧になれますのでどうぞ参考になさってみてください。
↓ ↓ ↓
「たった2分でディボンディング」

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

なぜ、タクシーはLPガスなのか?

From : 安藤友司
東京のTPOJオフィスより

うちの近所に「LPガス」のスタンドがあります。
LPガスのスタンドってあまり見かけることがないですよね。
「探せ」と言われたら、探すのが大変です。

そのうちの近所にあるLPガススタンド。
当たり前ですがタクシーしか燃料補給に来ません。

なんで、一般の車両にはLPガス使わないんですかね。

大きく二つありまして、
一つは、ガソリンに比べて安い。
1リッターあたり約50円だそうです。

ガソリン車に比べると燃費は悪いようですが、
それでも、タクシー会社にしたら50円/リットルは魅力でしょうね。

もう一つは低公害であることです。
窒素酸化物の排出濃度が低いそうです。

燃費はリッターあたり6kmくらいなので、燃費自体は悪いですが、
コスト的にはタクシー会社にとっていいようです。

タクシー

 

今は、電気自動車の時代ですから、今後はどんどん変わって行くでしょう。
時代とともに変化するのが世の常ですからね。

と、LPガススタンドで給油するタクシーを見て感じた休日。

署名


何気ないきっかけから

こんにちは!
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

「並ぼうか?」
小学校最後の運動会三日前、主人がめずらしく、
今年は場所取りをしようと言ってきました。

幸いにもうちの学校では並ぶところも確保されているのですが
当日、待つことが大の苦手な主人が、
レジャーシートを片手に
開始の2時間前から並んでくれたのです。

この5年間、カメラを持って競技ごとに移動したり、
置き場所のないお弁当を取りに家へ戻ったり(^-^;、、と
いままではそれも当たり前だったのですが、
今年、シートに座ってゆっくりと観戦してみて、始めて気づきました!
“なんて悠々とした楽しい時間なんだろう”って。

一クラスしかない六年生のずっと変わらない顔ぶれ。
そんな六年間の成長を一番前でゆっくり座って見ることができ、
とても良いひと時を過ごせました☆

運動会

 

TPエステティックワイヤーを使うようになって
ストレスがなくなったとおっしゃる先生がいらっしゃいます。

「今年を機に、中学生以上の患者さんには
InVuとエステティックワイヤーを使うようにしています。
InVuは着色もないですし、やはり目立たなくてきれいですから
患者さんも喜んでくれてますよ。
エステティックワイヤーも
白色がそんなにきつくないので違和感ありませんね。
あとやはり、滑りがいいというのが
私にとってはストレスがなくていいと思っています。」

当たり前だと思っていることほど、
ストレスだと気づいていないことってあると思います。
ただ、何気ないきっかけで新しい方法を試してみたら、「なーんだ」と気づいたりして
自然と気持ちが軽くなることってありますよね。

エステティックワイヤーの滑りについては
コーティング方法にヒミツがあります。
こちらをご覧ください。

「コーティング方法」

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

道具を手渡すだけで、心が動くか?

From : 安藤友司
東京のTPOJオフィスより

先日、山手線でお客さんのところへ行く際のことです。

私は席に座っていたのですが、私の目の前に20代半ばの女性が立っており、
その女性に「馬喰町」にはどうやって乗り継げばいいか?
訪ねている男性がいました。

その男性は、20代前半のアジア系の外国人らしく
片言の日本語をしゃべっていました。

女性の方は「馬喰町」がうまく聞き取れないのと、
聞き取れても「馬喰町」がどのあたりに位置するのか?
もよくわかっていなかったようです。

その女性がスマホとにらめっこしているので、
スマホで馬喰町へ行く経路を調べているものだと、
私はてっきり思っていました。

ところが、
その女性は、男性にスマホを渡して自分で入力してくれと伝えているじゃないですか。

それでは、あまりかわいそうなので、
その男性に、ここからなら東京駅まで出て、総武快速に乗り換える
という経路を私は伝えました。

「教えてあげる」という行為を考えれば、
その女性の方法も、私の方法も間違っていないのだと思います。

「教える」という行為に「人間味」があるかどうかの差ではないかと
私は感じました。

スマホという道具を相手に手渡して、
「自分で行き先入力して調べてね」か、
相手に日本語が通じるのであれば、日本語で
相手がわかるように伝える。

何か道具さえ渡せば、という感覚が
コミュニケーションを無味乾燥なものにしているような気がしました。

電車

 

友達同士であれば、道具を手渡すことも
「あり」かもしれません。

でも、全く知らない人同士でれば、コミュニケーションには、血の通った人間味が
欲しいですよね。

道具だけを手渡されても、心が全く動かない。
そんな気がした山手線でした。

P.S.
相手が、片言でも日本語が話せるし理解できる方だったので、
乗り換え方法を教えることができましたが、
英語で話せ、と言われたらダメでした・・・

署名


新しいものを取り入れて☆

こんにちは。
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

先月から始まったマーケティングの勉強会。

実は、ある一つの本を題材にして、
何人かで話をしながら意見交換をしています。

今、6回まで終わったのですが、
皆で話し合いながら読み進めていきますと
その時々のニーズや面白いポイントに気づいたり
さまざまなことを想像出来たりと、
自分の頭が少しずつ柔軟になってきます。
やっぱりいつでも、脳を活性化させることは大事ですね!

最終章まで辿りつくにはまだもう少しありますが、
せっかく教えてもらったことや気づいたことを
これからは積極的に取り入れていかないといけないなと
つくづく感じています。

 

勉強会

患者様の要望に応え、新たな装置を取り入れていこうと
今、コーティングワイヤーを試している先生がいらっしゃいます。

「審美的装置を希望される患者さんは多いですよ。
患者さんの要望に応えられる様にコーティングワイヤーなども
積極的に取り入れていかないといけないなって考えています。
TPさんのエステティックワイヤーをこないだ試してみましたが、
見た目は思っていた以上にいいですね。
あと、白いクリンパブルフックやリガチャーワイヤーなど
一緒に揃えられるのはTPさんの強みですね。」

“白い装置を希望される患者さんが増えている”
というお話しを、営業から本当によく聞くようになりました。

私たちTPOJでは、
「Personalized Color-Matching」(※略して「PCM」と読んでいます)
~患者さんひとり一人の歯の色にマッチする矯正装置~を提唱し、
InVuセラミックブラケット
エステティックワイヤーのほか、
リガチャーワイヤーやクリンパブルフック、オープンコイルなどの
コーティングタイプを取り揃えております。

http://www.tpoj.co.jp/aesthetic.html

もしこの「PCM」にご興味がありましたら
いつでもお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪