TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

月別アーカイブ: 2017年5月

なぜ、男女のすれ違いは起きるのか?

From : 安藤友司
東京のオフィスより

先日、あるきっかけで
「男性の脳と女性の脳のつくりは違う」という話を聞きました。

以前、「話を聞かない男、地図が読めない女」や「察しない男、説明しない女」
というタイトルの本が出て、ベストセラーになったこともありますね。

そんなことからも、男性と女性では考え方(脳の作られ方)が違うのでしょう。

私は「話を聞かない男、地図が読めない男」「察しない男、説明しない男」のような典型です。

妻に「地図が読めない」としょっちゅう言われます。
「あなたと歩いていると遠回りするから、一緒に歩きたくない!!」
と言われる始末……。

心当たりのある男性は、「男性と女性では脳のつくりが全く違う」ということを
理解しておいた方が生きやすいかもしれませんよ。

それをわからずに放置しておくと、必ず「すれ違い」が起きます。

なぜわかるか?

私はこの「すれ違い」を29年も経験しているからです。
未だにすれ違っていますが……

それでも5年前に比べればだいぶ少なくなりました(笑)

結論、
男は「結果」を重視する。
女は「共感」を重視する。
という話です。

男は「結果」を重視するので、
「できる」「できない」をはっきりさせたいのです。
そこで、「具体性」が必要になってくるのです。

たとえば、夫婦で奥さんの方が、
「なんでうちの旦那は私の言ったことを察してくれないの?」と思っても、
具体的に言わないとわからない傾向にあります。
具体的に何をすれば、いいか?それをやれば結果が出る。
そんなイメージを男性は持ちます。
「察すること」ができないのです。
まさに冒頭の本のタイトル通りです。

ですから、奥さんが「これやって欲しいんだけど察して!」と思っていても、
夫は察することができないので、具体的に
「食器を洗うのを手伝って」「リビングを掃除して」などはっきり言えば、
旦那さんはやってくれると思います。

また、女性は「共感」を重視しますので、
男性は「最後まで話を聞く」「感謝を伝える」
そんな姿勢が良いということです。

この時に一番やってはいけないこと。
それは話を聞いて「解決策を提示しないこと」です。

よく言われますが、女性は解決策が欲しいのではなく、
とにかく最後まで話を聞いて欲しい。
ということがポイントになります。
もう一つ付け加えると、最後まで聞くのですが、聞いているフリをして、
生返事だけしているとすぐに見破られますのでご用心を…

パートナーがいてもいなくても、すれ違いが気になっても気にならなくても、
知っておけば、今よりはコミュニケーションがうまくいくかもしれませんよ。

男女脳

 

昨日も妻に「察してよ」と言われましたが、
「具体的にこうしてくれ」と言わないとわからないと言った私。

すれ違いました……。

署名


InVuは「特徴」のあるブラケット

こんにちは。
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

うちには二人の息子がいるのですが、
長男と次男はちょうど10歳、年が離れており
当然ですが、長男が10歳のときに次男が生まれました。

長男が11歳になると次男は1歳。
中学生になると3歳。
高校生でやっと6歳。
…と、次男はいつも自分とかけ離れた兄の姿を参考にしながら
成長してきました。
はい、、良くも悪くも…(+o+)

私たちの話について行こうと
大人びた事を言ってみたり、やってみたり、、
時折、次男は健気な一面をみせる時があります。
先日も家族で話をしていたとき、
次男が途中で知らない単語にビビッと反応。
「なにそれ?どーゆう意味~?」と始まりまして、
その言葉の説明へと話は変わり。。。そしてそのあと
「で、、なんだっけ?」となったのです(^-^;

こんなことはしょっちゅう。今思うと、私は無意識に
長男と次男にそれぞれ言い換えて伝えたりすることも多々ありました。
そんな悪戦苦闘?する私をみてきた長男は
今はもしかしたら、私より子育て上手かもしれません(゚Д゚)ノ

兄弟

 

相手と共通の見解で話がしたい。そう思うほど
立場や年齢、またその人の思いを感じて無意識に言葉を選ぶことって
ありますよね。

InVuセラミックブラケットは
「光反射によって、患者さんそれぞれの歯の色にマッチする」
という特徴がありますが、この装置の説明をする際に、
患者様によって伝え方を変えていらっしゃるという先生。

先日も、
「患者さんが相談に来られたときは、まずTPさんのツールと模型を見せています。
“審美ブラケット”と説明すると、アダルトのイメージですが、
“目立たない”って特徴を伝えると、多感な時期の中学生くらいでも
興味を持って見てくれますね。
InVuは特徴のあるブラケットだから、
患者さんそれぞれに説明しやすいですよ。」
と話してくださいました。

開業されて2ヶ月半経つそうですが、
「医院の特徴」としてもInVuを打ち出していかれるとのこと。
これから私たちも全力でサポートさせていただきます!

InVuをまだお使いになったことがない先生で、
もしご興味をお持ちでしたら、
こちらからInVuの資料を請求することができます。
⇒ 「InVu資料請求」

先生も実際に形状見本1粒を手に取ってみてご検討ください。

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

ただいま、就活中です

From : 安藤友司
東京のオフィスより

就活中です。
と言っても、私の話ではありません。

うちの末娘の話です。

大学4年生なので就活真っ盛り。
毎日のように面接の話を母親としているようです。

そんな時、ある会社で面接をしたうちの娘が、
「ここ絶対に落ちたダメ!」と私の妻に話したのです。

どうしてダメなのか?

彼女いわく、面接で質問には答えたものの、なんで?なんで?の
圧迫面接で答えがグダグダになってしまったと、、、

うちの娘は、この状況をかなりネガティブに受け止めていました。
私は、この話を妻から聞いたのですが、
「そんなに悲観的になることないんじゃない。」と返答。

なぜなら、面接官もうちの娘に関心がないと、そんなに質問してこないから。

よくよく聞くと、
うちの娘とその面接官には、いくつかの共通点があったとのこと。
共通点があると、「相手をもっと知りたくなる」
そんな気持ちになります。

それなら、なおさらのことじゃない。

ポジティブに受け止めた方がいいじゃない。

と私と妻では話していました。

人生は、物事の捉え方ひとつで変わっていきます。

この歳になって、わかったことなんですけどね。

就活

 

署名


「こだわっているコト」

こんにちは。
カラオケ大好き“おたまさん”こと、TPOJの舌間です。

そろそろ髪を切りたいと思いまして、
いつも通っている美容院の予約サイトを覗いてみました。
新学期が始まる前、3月末のことだったのですが、
その時、いつも担当してくださる人が予約ですべて埋まっており
一瞬、指名なしで違う人に…と頭をよぎったのですが、
やっぱりそれはやめておきました。

それから、新年度が始まり、私もバタバタし始め、そして髪はのび放題、、、
ヘアスタイルもいい加減まとまりがつかなくなり、
先日やっとのこと予約を入れて行ってきました。

心地よく頭を預け、さらにヨガの帰りと相まってウトウトと…。
気づいたら髪が思ったより短くなっていました!
普段の買い物なら、節約を第一になるべく安くすませたいと考えますが、
美容院だけは指名料が付いてもやっぱりあの担当さん。
これは私がもっている数少ないこだわりのようです^^

美容院

 

先日、ある医院様に
InVuで治療したいと言ってこられた患者さんがいらっしゃったそうです。

「昨年末と先月の二回、学生さんがInVuを指名されて来られましたよ。
InVuを指名されるっていうのは私も初めてでしたね。
多分、ネットなどで検索して来られたのかもしれません。」

この先生はInVuをお使いになったことがなかったそうですが、
このとき運よくレギュラーサイズをすでにお持ちだったようです。
そして、付けてみて「小さい方が良さそうだ」と話してくださり、
今後ミニサイズを使っていかれるとのこと。

これからも患者様の要望に応えていくことができるよう
私たちもサポートさせていただきます。

 

InVuセラミックブラケットはこちらから

http://www.tpoj.co.jp/invu.html

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

体は脳を表す

From : 安藤友司
出張中の秋田より

出張中にあるお客さんから、
この本を読んでみたらと勧められた本がありました。

私自身は本を読むのは好きですし、
誰からでも勧められた本は手にして読むようにしています。

そして、勧められた本が
「生涯健康脳」(瀧 靖之:著)です。
著者は東北大学加齢医学研究所教授、脳医学の専門家です。

脳のMRI画像を見ることによって、体質や生活習慣との関わりで、
脳がどのように変化していくのかを研究している先生なのです。

この著書に
「身なりがきちんとしている方は、実年齢より脳が若い傾向にある」
というようなことが書かれていました。

 

脳

『私は、研究所では MRIの画像データ解析という仕事を通じて、また病院では
画像診断という仕事を通じて、実に16万人の脳の画像を見てきました。
この15年間、日々当たり前に行ってきたことですが、改めて振り返って見ると
自分でもちょっと驚くような数字になっています。
これらの経験を通じて私が気づいたことがあります。
それは、「身なりと脳の画像は多くの場合一致する」ということです。身なりが
きちんとしっかりされている方の脳は、実際には70歳の方でも、往々にして
50歳から60歳くらいの方の脳に見えます。逆に同じ70歳でも、身なりが
よれっとしている方の脳はかなり萎縮していることが多く見られます。身なりが
老け込んでいる人は脳も老け込んでいるのです。」(「生涯健康脳」瀧 靖之:著 本文引用)

身なりがしっかりとしている人は、
コミュニケーションがうまく、言葉遣いも丁寧である傾向にあると、
私は感じています。

身なりや言葉遣いに気を使っている。
気を使うというのは、心も頭も動かしているので、
脳が健康であるとうことが言えるのでしょう。

瀧先生の見解も
「見た目の印象と脳の健康度は一致している」とのことです。

一言に「身なり」と言っても、ブランド物で着飾るとかではなく、
分相応な身だしなみが良いと私は思っています。

ビジネスセミナーに参加すると、
その講師の方の身なりが胡散臭く見える人もいますが、
そんな人の脳みそを胡散臭く感じてしまうのは、私だけでしょうか。

正しいことを言っていても、胡散臭さを感じてしまいます。

そんなことを考えただけでも、
見た目の印象と脳は一致しているのかもしれません。

健康脳であるために、まずは身なりをきちんとすることから始めます。
クールビズになるから、なおさらですね。

このほかにも「脳の体積と頭の良さは比例する」など、
脳医学や健康な脳を作ることについて書かれています。

興味ある方は、一度この本を手にとってみてください。

署名


見るたびの新発見☆

こんにちは!
カラオケ大好き“おたまさん”こと、
TPOJカスタマーサポートの舌間です。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

私は関東近郊に住む息子のところへ行ってきたのですが、
泊るところもさることながら、場所も近場、、、ということで
“気分だけ”旅行を味わってまいりました。

GW前、家のポストに、
あるファッションカタログが届いていたのですが、
その時、夏仕様の中身にまだピンと来なかったせいでしょうか、
リビングに置きっぱなしにしたまま留守にしました。
そのカタログは女性用のファッションに限らず、
男性用、子供用、雑貨家具…etc、と
ありとあらゆるジャンルにわたって掲載されており、
本当はいつも楽しみにしているのです。

そして先日、そのカタログをパラパラとめくってみると
すでにそこにはいくつかの折り目が…。
どうやら、家族が気に入ったものにチェックをいれて、
「欲しいもの」アピールをしていたようです。
私も改めて見てみると、薄着で過ごした連休の後だったからでしょうか、
あれもこれも「いいな」と思うものが続々と…。
折り目の数に、いま少々頭を悩ませております(*´Д`)

夏仕様

 

実は、TPOJの総合カタログにも
まだまだ先生に知っていただきたい製品がたくさん載っております。

この前も、
「今、医院を立ち上げるにあたって材料を揃えているんですよ。
TPさんといえばInVuって思いますが、
カタログってこんなに分厚いんですね!びっくりです。
知っている製品がどれだけ少なかったのかわかりますね。
あとで細かく見ていくのが楽しみですよ。
何かおすすめとかあったら教えてください。」

と話してくださった先生がいらっしゃいました。
このお話を聞き、もっと多くの製品を知っていただかなければ!と
痛感いたしました。

TPOJの総合カタログは今後も改訂を重ね、
先生のご意見やご要望に沿った形へ反映させるよう努めてまいります。
今後ともどうぞご愛顧のほどお願い申し上げますm(_ _)m

 

カタログのご請求はこちらから
http://www.tpoj.co.jp/catalog.html

この記事を書いた人

舌間(したま)
舌間(したま)
2008年2月入社、マーケティング業務を担当しています。
数字はウソをつかないですよ~!
仕事帰りに皆でカラオケに行ったり、
週末はYoga、映画やショッピングを楽しんでいます♪

人気取りですか?

From : 安藤友司
東京のオフィスより

サッカー界のキングと言えば、三浦知良選手です。
50歳を過ぎ、今なお現役バリバリの選手ですね。

私はサッカーにほぼ関心がないのですが、
三浦知良選手は好きです。
三浦選手は “カズ” の愛称で親しまれていますが、
カズ選手の名言や発言に私は注目しています。

先日も、ネットを見ていたらこんな記事がありました。

それは、三浦選手がある養護学校の子供達を訪問しサッカーをした。
その養護学校を帰る際に、記者から質問を受けた時の話です。

記者が少々意地悪な質問をしたんですね。
「やはり、好感度とか人気取りですか?」と。

その時の話がこちらです。
http://iinee-news.com/post-7206

常人であれば、キレそうな質問にも
見事な返答をするわけです。

アスリートであれ、芸能人であれ、
世間一般の方でも一流と呼ばれる存在の人は、
総じて大きい器量の持ち主という、私の感じです。

三浦選手に関しては、以前の張本勲さんの「もう引退したら?」
の発言の時にも、カッコよく切り返していますね。

人の存在感って、そのようなところに出てくるんだと、
そう思う次第です。

私はカズ選手の真似はできないけど、
彼の発言から何かを感じ取ることはできそうです!

そこからスタートしてみます。

 

サッカー

署名


座ってみなはれ

From : 安藤友司
東京のTPOJオフィスより

先週末、ふだん絶対にやらないことをやってみました。

それは、電車の「優先席」に座ることです。

優先席が空いていれば、座っていても問題ないですし、
優先席に座るべきお年寄りや妊婦の方がいれば席を譲ればいいだけです。

だから、空いていれば座って構わないのですが、
まだ座るべきではないので座らない。
と言うのが私の座らない理由です。

たまたま、空いていたので「優先席」に座ってみました。

なぜ座ったか?

座ってみたら「どんな気分になるのだろうか?」
それを確かめたかったのです。

優先席

私の隣には、たぶん70歳を超えている感じの老紳士が座っています。

その老紳士の向かいの席にも年の頃が同じような男性が座っていました。

向かい合って座っている二人は、年齢が同じくらいに見えますが、
服装や顔つき、醸し出す雰囲気が全く違っていたのです。

私の隣の老紳士は、髪型も整っていて、着ている服も清潔感があり、
全体的にシャープな感じ。
脚か腰が悪いのかステッキを持っています。

一方その向かいにいる男性は、ジャージスタイルです。
決して汚い服装ではないですが、身のこなしにだらしなさを感じます。
私はこの方もステッキを持っていると思ったのですが、よく見ると
スキーで使うストックを1本抱えていました。

こんな対照的な二人を見て、私が考えたことです。

「私がもし70歳過ぎまで生きていたら、
どっちの男性のようになりたい?」とうことです。

どんなに老けても、清潔感ある服装でシャッキっとしていたい。
そのように感じました。

私が優先席に座らずに立っていたら、こんなことは考えなかったでしょう。
私が優先席付近でつり革につかまって立っていたら、
どちらか一方しか見えなかったはずです。

たまたまですが、座ってみたら対局が偶然見えた。

普段やらない行為をすると、見え方が変わってくるものですね。

署名