TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

月別アーカイブ: 2016年3月

お花見=桜のワケ!?

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

3月も最終日を迎えましたね。

毎月同じように月末はやってくるものですが、多くの方が卒業や進学といった大きな節目を迎える3月は、毎年いつものそれとはやはり違う気がいたします。

さて、明日からは4月に入り、新社会人の方はいよいよ新しい環境でスタートを切ることになりますね。
自分が新社会人だったのは遥か昔!?のことで、今やすっかり古株となりましたが、この時期、新入社員らしき人を見ると、期待と不安の入り混じった当時の気持ちを懐かしく思い出します…。


今年もまた桜の季節がやってまいりましたね。
ソメイヨシノの里と呼ばれ、お花見の名所に恵まれたオフィス周辺の桜も、待ちかねていたように薄ピンクの花弁を広げ始めました。

数ある花の中でも、代表格の美しさを持ち、日本の花の代名詞ともいわれている桜。誰もが思わず足を止めて見上げたくなるその花姿には、何とも絶妙な仕掛けがございました…。

◆◇◆◇  魅せることを心得た桜の花  ◆◇◆◇

白やピンクのかわいい花をつけ、桜同様に春の訪れを告げる梅の木。
咲く時期も花の姿も桜と良く似ているのに、どういうわけかお花見=梅というイメージはあまりありませんよね。

考えてみれば不思議な話ですが、その理由はどうやら花の咲く向きにあるようなのです。

直接枝に実をつける梅は、当然ながら花も枝につくように咲きます。
そしてその向きは、上向きと下向きの双方に向いています。

梅

一方、桜は一つのつぼみに3~4個の花がつき、それぞれが触れ合わないように花と枝の間に長い柄があるため、殆どの花が下向きに開きます。そのために下から眺めた時、多くの花が見る人の正面に向いて見えるのだそうです。

桜

お花見といえば、木の下に座ってお弁当を食べたり、お酒を飲んだりしながら、時間をかけて楽しむもの。下向きに咲く桜はまさにお花見にうってつけの花だったのですね。

それにしても自分の魅せ方をこんなにも心得て、見られることを意識したかのように進化した桜って、つくづくすごい花だと思います!

桜

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

“iFinisher”と一筆お書き添えください

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

3週間程前だったか、この場で“花粉症にルイボスティーが効く?”という話題をお届けしたのですが、やはり効果はあったようですね!
効き目の程を信じてその後も飲み続けてみたところ、今年はくしゃみ・鼻水といった諸症状がほんの少しあるだけで、驚くほどの軽症で済んでいます。

3月も終わりに近づいてスギ花粉はピークを過ぎつつありますが、それが終われば次はヒノキ花粉。
スギ花粉症があると、ヒノキにもアレルギー反応が出やすいそうですので、もうしばらくは気を抜かず、ルイボスティーでしっかりと予防線を張っていきたいと思います!!

☆★☆★ 『指示書』の不備をお詫びいたします… ☆★☆★

患者さん一人ひとりの模型を基に作る、オーダーメイドの保定装置“トゥースポジショナー”。
その進化版として、“iFinisher(アイフィニッシャー)”という製品が近頃TPのラインナップに加わったのですが、ご記憶いただいているでしょうか?

iFinisher

従来の“トゥースポジショナー”に比べフレンジの高さを抑えたことで装着時の違和感が少ないと、お陰様で少しずつご注文をいただくようにもなりましたが、そのご注文に際して、ここで一つお詫びしなくてはなりません。

それは注文時にご記入いただく『指示書』についてです。

“iFinisher”のご注文にはトゥースポジショナー同様、セットアップ模型と指示書をご用意いただいているのですが、じつはその『指示書』にこれまでのものを継続して使用していることから、アプライアンスの項目に“iFinisher”の選択欄が入っていないのです。
そのため現時点では、従来通りの各項目へのご記入に加え、指示書の左下にある備考欄に“iFinisher”と追記いただくことをお願いしている次第です。

iFinisher

それにしても、これについては弊社の準備不足の何物でもなく、言い訳のしようもありません…。
もちろん新しい『指示書』については目下作成中で、追って切り替えていく予定ですが、それまでは先生にご面倒をお掛けすることになるかと思います。
とにもかくにも、この不手際を深くお詫びするとともに、今しばらくご協力いただけますよう伏してお願い申し上げます<(_ _)>

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

梱包カードに描かれた似顔絵のヒミツ!?

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

あちらこちらから開花の知らせが届き、天気予報やニュースでも“桜前線”の話題が聞かれるようになりましたね。

☆★☆★ 写真をもとに作るそっくり似顔絵 ☆★☆★

似顔絵

もうすっかりお馴染みになったかと思いますが、TPOJではお届けするすべてのお荷物に、出荷を担当したスタッフの梱包カードをお入れしています。

さて、この梱包カードにスタッフの似顔絵が描かれているのはご記憶にありますでしょうか?
まあ、いわゆる普通の似顔絵イラストなのですが、ここで特筆したいのはその完成度の高さです。

じつはカードの似顔絵は、デジカメで撮った写真をもとに作られています!
いつも弊社の印刷物をお願いしている印刷会社さんに写真データをお渡しし、そこから各々に時間をかけてイラストを起こしてもらっているため、本人にそっくりな似顔絵となっているのです!!

ちなみに出来上がったイラストに対しては、“もっと目を大きく”、“顎のラインを細く” などなど、プリクラの修正機能のような要望も受けてもらえます。
ですので、多少のデフォルメ!?が入っている場合もあるかもしれませんが、いずれにしても一人ひとりの特徴をとらえた見事な出来ばえとなっているのは間違いありません!

次回、お荷物が届いて箱を開けられることがありましたら、ぜひ似顔絵入りの梱包カードを手になさってみてください。
実物と寸分たがわぬ!?スタッフが、カードを通してご挨拶申し上げることと思います

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

『函館の夜景』が美しい理由

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

3月に入る頃から、我が家では白い花が次々と咲き始めます。

スズラン、水仙、クリスマスローズ…。
選んで植えたつもりもないのですが、気が付けばどれもこれもホワイトカラーのものばかり。そしてもう少し季節が進むとコデマリにユキヤナギと、これまた枝一面に小さな白い花をびっしりとつける木が加わります。

明るさを増した春の光を受けて、柔らかな眩しさを放つ“白い”花。
黄色やピンクといった色彩豊かな花とは趣こそ違いますが、それはそれで華やかさに満ちていて、じつに春らしい光景なのですね


観光地の魅力を星の数で評価する旅行ガイドに、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」というものがあります。

その中で“わざわざ旅行する価値がある”と、最高ランクの三つ星を獲得した北海道・函館山からの眺望。
紺碧の海と街並みを一望するロケーションは、紛れもなく世界屈指の美しさを誇るものですが、その真価が発揮されるのは何といっても夜の景色でしょう。

日没とともに浮かび上がる光のスペクタクル。誰もが一瞬息を飲む美しさには、どうやら地形と歴史によって育まれた仕掛けが隠されているようです。

◆◇◆◇  地形と歴史が生んだ眺望  ◆◇◆◇

異国情緒あふれる元町や海を臨む坂道、それから五稜郭…。
函館には観光スポットと呼ばれるところは数々ありますが、中でも外せないものと言えばやはり『函館の夜景』ではないでしょうか。

函館の夜景

ミシュラン効果に重ねて北海道新幹線の開通も加わり、このところテレビで函館が取り上げられることも多いのですが、そうした番組の中には『函館の夜景』の美しさについて検証するものもあったようです。
そして、それらの情報によれば、『函館の夜景』の美しさは、地形の成り立ちと歴史に深い関わりがあるそうなのです。

まずは地形から見ていきましょう。これは、函館山が陸繋島(りくけいとう)と呼ばれる地形にあることが大きな功績をもたらしています。
陸繋島というのは、砂洲によって大きな島と地続きになった島のこと。この特殊な地形が海と街並みを一望できる見事な眺望を生んだわけですね。

変わって歴史に視点を移すと、坂に特徴があることに気付きます。
何でも函館は明治から昭和初期にかけて何度も大火に見舞われたそうで、その防火策として坂道を幅の広い真っ直ぐなものに作り替えたといいます。
整然と伸びる坂道にきっちりと並ぶ街灯。これが幾筋もの光の線となって描き出されるのですから、得も言われぬ美しさがあっても不思議はありません。

歴史でいえば、函館山に旧日本軍が要塞を作るために、山頂や尾根を削って海や街の見通しを良くしたことも挙げられます。
これには思わぬ産物もあって、標高334mの展望台から街を見下ろすと、マイナス10度位のところに夜景の中心が来るようになったといいます。じつはこれ、人間が最も自然な状態でものを見ることが出来る角度なのだそう。計算したことではなかったのでしょうが、ミラクルな数字ですよね。

とりわけ夜景が美しいといわれる函館山の眺望。こうして検証していくと、それはいくつもの偶然が重なってできた奇跡のロケーションだったのですね。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

気持ちを伝える言葉のギフト

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

私が乗換駅にしているJR山手線・日暮里駅のすぐそばに、多くの著名人が眠る谷中霊園という大きな墓地があります。
そうした場所柄、日暮里駅の駅ナカにあるお花屋さんでは、白や黄色の小菊を束ねた“ひぐらしブーケ”という墓参用の花束がいつも店頭に並んでいるのですが、数日ほど前からその種類が増えてまいりました。

考えてみれば、今日はお彼岸の入りなのですね。
普段は静かな谷中霊園も、この週末にかけては、お墓参りに訪れた多くの人で賑わうことになるのでしょうね。


春、3月。卒業のシーズンですね。

毎年この時期、多くの人が新しい門出の時を迎えます。
そうした折に、お祝いの気持ちを込めて贈り物をされることがあるかと思いますが、いざ品物を選ぼうとすると案外迷ってしまうものではないでしょうか。

そこで今週は、そんな節目にぴったりの贈り物をご紹介します!
“おめでとう”の気持ちをそのままに伝えてくれる『メッセージギフト』。
自分の思いが言葉となってストレートに届きます!!

◆◇◆◇  お菓子で綴るメッセージ  ◆◇◆◇

マシュマロ電報、クッキーメール…。
何やら美味しそうな気配の漂う便りですが、これ、どちらも『メッセージギフト』と言われるものの一つです。

記念の品に名前やメッセージを刻んだり、品物にカードを添えたり、『メッセージギフト』にはいろいろな形がありますが、先に挙げた二つはちょっと珍しい“食べられるメッセージギフト”なのです。

いずれも、文字が一文字ずつ書かれたマシュマロやクッキーを並べることでメッセージを作り、電報や手紙のように見立てたものなのですが、贈る人の気持ちがより強く伝わると人気を呼んでいる新しい形のギフトなのだとか。

メッセージギフト

このマシュマロ電報は15字、そしてクッキーメールは35字・70字・105字と、文字数に制限はありますが、その中で自分だけの文章を組み立てることができます。
贈る相手に向けて作られたメッセージは、他では用意できない、まさに正真正銘のオリジナルギフト。そんな心のこもった贈り物は、きっと贈り手の気持ちを強く伝えてくれるに違いありません!

人生の門出に添える言葉のギフト。“おめでとう”の気持ちと“頑張って”のエールを込めたメッセージは、いずれ形がなくなってしまっても、いつまでも記憶に残るのではないでしょうか…

メッセージギフト

マシュマロ電報 → http://www.mash-denpo.com/user_data/about.php
クッキーメール → http://cookiemail.jp/index.html

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

あるなしクイズのご紹介☆

みなさんこんにちは!

突然ですが、今日はあるなしクイズのご紹介です(*`・ω・)ゞ

あり→InVu、miniスティック リガチャータイ、エクステンド-Oトレイ

なし→エステティックワイヤー、セパレーター、リンガルモーラーシース

答えわかりますか?

カタログを見ると簡単かも!?

question

 

 

答えは…

ありは、セット商品がある!でした~☆

InVuは症例キット

miniスティック リガチャータイはアソートパック

エクステンド-Oトレイもディスパチュラ付きのセットがあります!

少しはお楽しみいただけましたでしょうか?(≧▽≦)

この記事を書いた人

菱沼
菱沼
2013年入社。
入力チームで受注入力業務をしています。
趣味は御朱印帳集め・映画鑑賞・食べること!

InVuの青いマーキングだけを消したいのなら…

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

先日行われた世界卓球の女子団体決勝戦。残念ながら中国に敗れたものの、なかなか見応えのある試合でしたね。先生はご覧になられましたか?

テレビ画面を通じて伝えられた3選手の気迫みなぎる戦いぶり。いずれも 世界トップクラスの実力を感じさせるものでしたが、中でもとくに印象的だったのはチーム最年少の伊藤美誠選手ではないでしょうか。
負けたら終わりという後のない試合でも動じることなく堂々と挑む姿には、もはや大人顔負けの風格がありましたね。

“試合はいつも緊張しない”と公言する若きアスリート。そのメンタルの強さに、伸びしろの大きさを予感せずにはいられない佐藤です

☆★☆★ 歯間ブラシを使って『ピンポイント除去』 ☆★☆★

InVuのセンターとスロット部分を示す青いマーキング。先生は治療プロセスのどのタイミングで消されていますか?

あのマーキングは水溶性インクで付けられているので、アルコールを使って落とされているかと思いますが、じつはこの作業で部位を示す識別マークもまた消えてしまうことがあります。

先生がもしマーキングの除去後、ボンディングまでの間に保管期間を設けているのだとすれば、識別マークまで消えてしまっては治療の際に部位が判別しづらくなり、何とも厄介なものですね。
そこで今週ご紹介させていただきたいのが、青いマーキングだけを消す『ピンポイント除去』の方法です。

まずは歯間ブラシを1本ご用意ください。
そしてブラシにアルコールを含ませ、スロット部分のみに当てながら2、3回さっと擦れば、識別マークを残してマーキングだけが除去できます。
スロット部分のみを擦ることができれば大丈夫ですので、細い針にティッシュや脱脂綿を巻いたものでも代用できますね。

マーキング

線を消して、マークは残す。プロセスに添った細かい配慮をしておけば、治療の際も手際よく進められるというもの。そう考えたら、たとえ小さな処理といえどもないがしろにはできません。

青いマーキングだけを消す『ピンポイント除去』。まだ実践されたことがないという先生は、ぜひお試しになってみてください。
数回ブラシを当てるだけで、たちどころに青いマーキングを落としてしまうたやすさは、一度味わうと癖になるかもしれません!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

労せずして健康を手に入れる呼吸法

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

暖かい日が続き、いよいよ訪れた感じでしょうか。春が、そして花粉の季節が…。

去年、発熱するほど花粉症が重症化した私としては、ついに戦々恐々とした日々が始まったわけですが、それでも今年は少し調子が良いかもしれません。
いつだったかルイボスティーが花粉症に効くという話を聞いて、折あれば飲むようにしていたのが良かったのか、今のところ目立った症状もなく過ごしています。

とはいっても花粉シーズンは始まったばかり。効果の程はまだ何とも言えませんが、今はただ、ひたすら飲み続けた地味な努力が功を奏してくれることを願うばかりです


空気を吸って吐く。言葉にすると、呼吸というのはじつにシンプルな生理機能ですね。

この呼吸、普段はとくに意識することなく繰り返しておりますが、もしもほんの少し意識を向けることで大きな力が発揮されるのだとしたら、それを試さない手はありません。

呼吸が秘めた底力。気づいてみれば、それは見事な仕事ぶりを見せるメカニズムでありました。

◆◇◆◇ 吐いて吸って、免疫力アップ ◆◇◆◇

呼吸

冬になると猛威を奮う風邪やインフルエンザ。
今年は暖冬の影響もあってか、未だオンシーズンのようですね。

さて、この悪しき冬の風物(!?)、罹ってしまうと確かに厄介なものですが、何でも“腹式呼吸”を意識するだけでもずいぶんと予防が出来るのだそうですね。

ちなみに“腹式呼吸”といえば腹筋を使って横隔膜を上下に動かし、ゆっくりと深く息を吸い込む呼吸法。この方法はより多くの酸素を取り込めることから、自律神経のバランスを整え免疫力を上げる効果があると言われておりますね。

心臓を動かしたり、体温を維持したり、自分の意志とは関係なく働く自律神経。そんな調節不可能な神経をもコントロールしてしまうとは、“腹式呼吸”の『呼吸力』やいかにといったところでしょうか。

風邪やインフルエンザを避けて通りたいのなら、まずは体中の空気を吐き出すイメージで息を吐く。そしてお腹を膨らませながら深く空気を吸って、ゆっくりと吐き出す。

お金もかけず、手間もかけず、呼吸一つの健康法。こんな簡単な方法で労せずして風邪やインフルエンザと縁遠くなれるのなら、ぜひともその恩恵を活かしていきたいものですね

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

北国に春を告げる雛めぐり

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

先日、枝いっぱいに白い花をつけた梅の木に、メジロが止まっているのを見かけました。
乳白色の梅花と若草色のメジロの配色はとても柔らかく、まさに日本の春を感じさせるものでした。

このところ気温も寒暖を繰り返し、気圧配置にも表れ始めた春の兆し。
本格的な春は、すぐそこまでやってきているのですね…。


女の子の健やかな成長と幸せを祈る桃の節句“雛まつり”。
そんな“雛まつり”の主役ともいえる雛人形は、時代の流れとともにその姿を変え、現在の形へと発展してきました。

東北のとある町では、そうした歴史の中で代々受け継がれてきた雛人形が今もなお大切に保存されています。
そして年に一度、春の足音とともに街を埋め尽くすように一斉に開花します…。

◆◇◆◇由緒ある雛人形がずらりと並ぶ『雛街道』◆◇◆◇

雛街道

日本海に面し、最上川の河口に位置する山形県酒田市。
かつて北前船の寄港地として、江戸や京都、大坂との交易で賑わった湊町です。

そんな歴史を持つ酒田では早春の季節を迎えると、市内の至るところに雛人形が飾られ、『酒田雛街道』と称されるお雛さまの町へと様変わりします。

江戸時代、北前船の往来により、酒田には由緒ある雛人形が数多く入ってきました。
それらは町の人々の手によって大切に保管され、長い歴史を辿って今の世に伝承されています。
そして今では、毎年2月の下旬から4月の初めにかけ、市内の40カ所以上の場所で一斉に展示されるようになりました。

↓この催しでは、雛人形の源流ともいわれる寛永雛や、丸顔の優雅な表情が特徴の次郎左衛門雛
次郎左衛門雛

↓現代のものに引き継がれた古今雛
古今雛
写真参考→ http://www.somaro.net/hina/

など、贅を尽くした価値ある雛人形がたくさん公開されています。
またこうした雛人形の他に、酒田の伝統工芸である素朴な土の雛人形・鵜渡川原人形や、大きな傘にたくさんの飾り物を吊るした名物・傘福の展示も行われており、『雛街道』は見応えもたっぷりです。

穏やかな表情で見るものを優しい気持ちにしてくれる雛人形。
そんな雛人形たちが迎えてくれる『雛街道』は、寒さ厳しい北国に春の訪れを告げる道であるのかもしれませんね。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼