TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

月別アーカイブ: 2015年11月

かんきつ王国・愛媛の『みかんジュース』

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

今日で11月も終わりですね。でも、今年は今ひとつ冬感というのが薄いでしょうか?
ここ数日は冷え込んだ日が続き、北海道では記録的な大雪にもなりましたが、それでも師走を迎える時期にしては幾分暖かい日が多いという印象があります。

暖かいかと思えば急に寒くなる…。近頃は緩やかな流れの中で季節の営みを迎えることが本当に難しくなってきておりますね。

気候が安定しないと体調を崩しやすくなります。ましてや12月に入ると何かと慌ただしくもなりますので、こんな天気の折にはどうぞお身体に気を付けてお過ごしくださいね。


橘始黄(たちばなはじめてきばむ)――。気象や動植物の変化から季節を表す七十二候では、12月2日から6日頃にかけての時期をこう申します。
橘とは古代日本でいうところの柑橘類の総称。その橘は季節の言葉が示すように、ちょうど今頃から黄色く色付き始め、旬のシーズンを迎えます。

そこで今週は、爽やかな香りが清々しい冬のビタミン源・柑橘類の果物に注目してみたいと思います!
何でも“かんきつ王国”との異名を取る愛媛では、『みかんジュース』がすごいことになっているようですよ…。

◆◇◆◇  個性溢れるバリエーション  ◆◇◆◇

“愛媛では蛇口からポンジュースが出る”という実(まこと)しやかな都市伝説があるそうですね。

オレンジジュース

瀬戸内海に面し、全国でも1、2を争うみかんの生産量を誇る愛媛では、しかし実際そうした噂が生まれる程、『みかんジュース』が身近な存在になっているようです。
そしてその理由は、どうやらあまたのバリエーションを持つみかんの生産戦略にあると推察されます。

というのも愛媛では、温州(うんしゅう)みかんを筆頭に、でこぽん、いよかん、はるか、せとか、清美オレンジ…と、ざっと数えただけでも20を超える種類のみかんが作られており、多種多彩な品種が展開されています。

その味わいはもちろん品種ごとに違うのですが、県内の飲料メーカーや農園では、そうしたバラエティ豊かなみかんを銘柄毎に分けて加工することで、他県では見られないであろう数の『みかんジュース』を揃えているのだとか。

高い糖度とキリッした酸味が絶妙なバランスを放つ“デコポンジュース”、優しい甘さをほのかな苦味が引き締める“はるかジュース”、とにかく濃厚でジューシーな“せとかジュース”など、そのラインアップの充実ぶりは、まさに「かんきつ王国」だからこそ為せる業。

いよかんジュース

個性溢れるバリエーションがずらりと居並ぶ愛媛の『みかんジュース』。それはもはや愛媛の代名詞といっても良いのかもしれません…。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

InVu と白いワイヤーがマストアイテム!

おはようございます。
白いご飯を食べる時に、「これがないと!」なおかず、先生にはありますか?
往年の白米パートナー、『お漬け物』『ふりかけ』『ごはんですよ!』
…さらには『辛そうで辛くない少し辛いラー油』なんて商品もありますよね。

そんなマストアイテムのお話しをK先生としていたら、こんなご意見をいただきました。

「言ってみれば、私にとっては InVu とエステティックワイヤーが、正にマストアイテムですね。
相談に来た方へ装置の説明をするとき、今はこの組み合わせを基本として話していますから。
無ければ困ってしまいます。」

そんな風にご評価をいただけて、嬉しい限りです!
でもなぜ、この組み合わせを基本にしてくださっているのでしょうか…?

InVuと白いワイヤー

「他のどの装置よりも患者さんがポジティブな気持ちで治療をスタートしてくれるからです。
装置がついていても口元の見た目に違和感を感じさせないものは、InVu とエステティックワイヤーのほかに見当たりませんよ。
患者さんには矯正を隠したりすることなく笑顔で過ごしてほしい、という私の願いを最も叶えてくれる装置なんです。」

患者さんの満足とK先生の想いがぴったり重なるから、InVu とエステティックワイヤーが先生の診療におけるマストアイテムとなっているのですね。
ご飯のお供のように先生の診療に寄り添っていられること、大変光栄です!

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

お風呂のお供、入浴剤!

こんにちは。

本格的な寒さに向かっていくこの時期、二十四節気では『小雪』といいます。
これからはお風呂でゆっくり温まることも、健康維持のポイントになってきますね。
そういえば、明日26日は「風呂の日」です

タオル

お風呂でのリラックスに、入浴剤をお供にされている先生もいらっしゃると思いますが、この『入浴剤』の歴史をご存知ですか…?
初めて製品として発売された入浴剤は『浴剤中将湯』、明治30年のことでした。

婦人薬の『中将湯』を作っているときに出た生薬の残りを家に持ち帰り、お風呂に溶かして子供を入れたところ、あせもが治ったり、身体が温まっている時間が長引いていることがわかり、製品としてお銭湯に販売したそうです。

この『浴剤中将湯』は大ヒットしましたが、今度は「温まりすぎて、夏場は汗が引かない!」という声があったため、今やおなじみの芳香入浴剤、『バスクリン』が開発されたのだそうです。

現在は、血流促進などの機能が高いものや香りを楽しみながらリラックス効果のあるものまで、2,000品種を超える入浴剤が販売されています。
先生のお気に入り入浴剤は、どんなタイプでしょうか??

↓目的別にイチオシ成分を調べてみました↓

スキンケア系
保湿成分でお肌がしっとりする入浴剤の主成分は、「セラミド」「スクワラン」「ホホバオイル」「ミネラルオイル」「米発酵エキス」など。

ぽかぽか保温系
保温効果に優れ、湯冷めしにくいのは「無機塩素系」とよばれる種類。
温泉地名をうたったものはこのタイプに多いそうです。主成分は、「炭酸ナトリウム」「炭酸水素ナトリウム」「硫酸ナトリウム」「塩化ナトリウム」など。

疲労回復系
新陳代謝を高めてくれるのは、炭酸ガスが含まれているタイプ。
血管を広げて血流をよくしてくれるそうです。主成分は、「炭酸水素ナトリウムとコハク酸・フマル酸・リンゴ酸などの組み合わせ」。

血行促進・湯冷め防止系
医薬品としても長い歴史をもつ「生薬」は血行促進・湯冷め防止の効果があるそうです。
主成分は、「トウキ」「カミツレ」「ハッカ葉」「センキュウ」など。

お肌キレイ系
酵素が含まれているタイプは、皮膚の毛穴にたまった汚れをキレイに落としてくれます。
主成分は、「パパイン」「パンクレアチン」「タンパク質分解酵素」など。

お風呂リラックスタイムのお役に立てれば嬉しいです

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

ミニスティック・ツリーの誕生秘話

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

“お酉様”の季節ですね。“お酉様”とは酉の市のことですが、この市が立つと、いよいよ年の瀬が近づいてきたなと実感いたします。
「買った(勝った)」「まけた(負けた)」という賑やかな掛け合い、そして商談の成立を知らせる威勢の良い掛け声と手締め。
そんな粋な場景があちらこちらで繰り広げられる酉の市は、まさにお正月の準備に取り掛かる頃合いを告げる冬の行事です。

さて、その酉の市。今年は5日、17日、29日と、三の酉まであるようですね。

三の酉まである年は火事が多いと申します。まあ、これにはとくに根拠はないようですが、それでも空気が乾燥してくる季節ですので、火の元をしっかりと締めて気をつけるに越したことはありませんね。

☆★☆★ Facebook企画からのリニューアル復活 ☆★☆★

弊社の公式Facebookページ「TPOJ」が開設したのは2011年、今から4年程前のことになります。
現在は若手スタッフがその運営を任されていますが、以前は別のスタッフが記事を投稿したり、季節に合わせた企画を試みたりしておりました。

そうした活動の中で、当時“いいね!”を押してくださっていた先生に向けて、クリスマスカードを送らせていただいたことがあります。
もっともカードといってもスタッフが分担して作ったお手製のもので、決して自慢できるようなカードではないのですが、それは組み立てるとクリスマスツリーになるという仕掛けを施したものでした。

じつは今、そのクリスマスカードがあるキャンペーンの中で、バージョンアップした形でリニューアル復活しております!
先週、ミニスティック・リガチャータイのキャンペーンに関するメルマガが配信されたかと思いますが、その対象プレゼントとなっている『クリスマスツリーの組立キット』こそが、Facebook企画で作ったクリスマスカードのリニューアルモデルです。

ツリーキット

ツリーキット
完成品

組み立て式という旧モデルの流れをきっちりと汲みつつも、今回はれっきとした印刷仕上げによる準工業品!?
セットのパーツを切り離して組み立てたら、差し込み部分に入れていき、最後はミニスティック・リガチャータイのオーナメントを飾って完成です。組み立てに要する時間は10分もあれば足りるでしょうか。

さて、誕生の裏に、こうしたリニューアル秘話を持つ『クリスマスツリーの組立キット』。サイズ感も手頃で、受付や院内のデコレーションとして置いていただくには、なかなか良いのではないかと思います。
――と言うのはいかにも手前味噌ですね。誠に相済みません…

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

TPOJスタッフによる日矯イチオシ製品 第7回

InVu

TPOJブースで実物をお手に取ってご覧ください。
スタッフ一同、先生のお越しを心よりお待ち申し上げております。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

秋のもみじは見るだけあらず

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

先日、出勤途中の道端で外国の方に呼び止められ、JR駒込駅までの道を尋ねられました。

自慢ではありませんが私、普段英語を使うことは殆どなく、従って英会話も得意ではありません。
ですが幸い、駅までの道はすぐ先の信号を右に曲がるだけでしたので、何とか英語で答えかけたのですが、“信号”の単語が咄嗟に思い出せず、結局途中で言葉に詰まってしまいました。

さて、一度忘れるとどうにも出てこないということがございますね。
その時もそんな気配が強かったので、仕方なく身振り手振りで示すとどうにか伝わったのか、その方は駅の方へと歩いて行かれました。
しばらくして、信号は“traffic signal”だったと気付いたのですが、時すでに遅し。今となっては、あの外人さんがとにかく無事に駅まで辿り着いてくれたことを祈るばかりです…


赤ちゃんが手を広げたような愛らしい形をした“もみじ”。
朝晩の温度差が大きくなると、その身を真っ赤に染めて、見る者の目を楽しませてくれるものですね。

秋の深まりを葉の色に映し取り、美しく色付いてゆく“もみじ”の色彩マジック。それは確かに大きな魅力といえますが、もみじ鑑賞の楽しみはそれだけではありません。
じつは“もみじ”には、視覚とはまた違う五感を使った味わい方があるのだそうです…。

◆◇◆◇  視覚と味覚で楽しむ秋の産物  ◆◇◆◇

大阪府の中でも北に位置する箕面市。ここは大阪都市圏のベッドタウンでありながら国定公園を擁する自然豊かな地域で、関西随一の紅葉の名所としても知られるところです。
 
その箕面市では、もみじは見るだけでなく天ぷらにして食す文化があります。

といっても、ここでいう天ぷらは、天つゆでいただくお惣菜のそれではありません。箕面の『もみじの天ぷら』とは、サクサクとした食感をした、かりんとうのようなお菓子を指します。

もみじの天ぷら

その起源は今から1300年程前のこと。市の北部にある箕面山の修験道場で修業していた役行者(えんのぎょうじゃ)が、滝に広がるモミジの美しさに魅せられ、灯明の油で天ぷらにして旅人にふるまったのが始まりだったと言われています。

かつては自然の風味を生かした味わいだったようですが、今ではやさしい甘さを持つお菓子として親しまれている『もみじの天ぷら』。
素材となるのは、葉肉が薄く切れ込みの浅い一行寺楓という品種の葉で、シンプルながらじつに手のかかった製法で作られているものなのだといいます。

葉の色付きが真っ盛りを迎える頃に収穫された一行寺楓は、まず塩漬けし、その後1年間寝かせて灰汁(あく)抜きをします。そして加工直前に塩抜きし、小麦粉に砂糖と白ゴマを合わせた衣に通して菜種油でカラリと揚げ、たっぷりと時間をかけて油を切るとのこと。

視覚と味覚。人間の持つ五感のうち、二つの感覚で楽しむことのできる“もみじ”とは、考えてみれば何と贅沢な素材でしょうか。
それにつけても、四季に恵まれ、自然の変化を楽しむことに長けた日本文化というのは、“とかく奥深い”の一語に尽きますね…。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

TPOJスタッフによる日矯イチオシ製品 第6回

こんにちは、TPOJカスタマーサポートです。

福岡県で開催される 第74回日本矯正歯科学会大会がいよいよ5日後に迫ってまいりました!
当日、商社展示会場でのTPOJブース案内図はコチラになります。

日矯ブース

ぜひ!TPOJブースへ足をお運びくださいませ。
先生のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

TPOJカスタマーサポートチームが週替わりでお届けしてきました“日矯イチオシ製品”
今日は「ウルトラロープロファイル・モーラーチューブ」をご案内します!

ウルトラロープロファイル・モーラーチューブ

ウルトラロープロファイルモーラーチューブ

傾斜している下顎の7番にボンディングしても、外れる心配がありません。
口内炎もできにくく、患者さんに優しいモーラーチューブです

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

秋の山、自然が織りなす綾錦

様々な糸で織り上げた色鮮やかな織物“錦”。
その多彩な色合いに似ていることから、美しい紅葉の景色は“錦繍”という言葉で表現されることがありますね。

まさに“錦”のごとく、豊かな色彩の世界を繰り広げる日本の紅葉。
目を凝らしてよくよく見てみたら、そこには意外な色が存在しておりました…。

◆◇◆◇紫に染まれど『紅葉』なり◆◇◆◇

赤、黄色、褐色…。
『紅葉』と聞いて思い浮かぶ色と言えば、普通はこの3色でしょうか。
ところが、植物の中にはそんな常識を覆し、紫色に染まるものがあるそうです。

そもそも紅葉とは、葉に含まれる色素の変化によって起こるものなのですが、ゴンズイやニシキギといった一部の樹木に限っては、分解のメカニズムの違いからある期間、美しい紫に色づくといいます。

「ゴンズイ」↓
ゴンズイ

「ニシキギ」↓
ニシキギ

元来、クロロフィルという緑の色素を多く持ち、そのため通常は緑色をしている植物の葉。しかし秋になり朝晩冷え込むようになると葉に糖分が蓄積され、その糖分から赤の色素アントシアンや黄の色素カロチノイドなどが合成されます。
同時に一方で緑の色素が分解されて減っていくために、木々はそれぞれの持つ色素に従って赤や黄色に色づくのですが、ゴンズイやニシキギなどは緑の色素がなかなか分解されず、赤の色素と混ざり合う初秋の時期は紫色になるのだとか。

赤、黄、茶、紫、緑…と、多彩な配色に彩られた秋山の風景。
きらびやかな刺繍を施した綾錦の織物にも引けをとらないその美しさは、見る者の目をくぎ付けにせずにはいられません。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

今年のキーワードは『InVu』なり!

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

ふっくらつやつやの白いご飯。今年もお米のおいしい季節がやってまいりましたね。

毎年、新米が出回る頃になると、我が家では炊飯器に替わって土鍋でご飯を炊くことが多くなります。
それにしても土鍋を使って直火で炊いたご飯というのは、どうしてあんなに美味しいのでしょうか。同じお米で比べても格段に旨味が強く、食感もふくよかになる気がいたします。

炊きたての新米を頬張る楽しみ。日本ならでは贅沢ですね…

☆★☆★ 『InVu』の新シリーズが日矯に参上! ☆★☆★

歯科矯正業界における最も大きな学会、“日本矯正歯科学会大会”。
今年も開催まであと約10日と、間近に迫ってまいりましたね。

ときに、日矯が近づくとTPOJの社内はにわかに日矯モードに包まれてまいります。そしてカスタマーサポートに届く営業スタッフの談もまた、日矯の話題が多くなります。
それはまあ毎年のことなのですが、ただ今年に限ってはそうした話題の中で、『InVu』というキーワードが良く聞こえてくるようです。

既にご存知いただいているかと思いますが、じつは先日、『InVu』に“小臼歯用ミニ”と“接着剤付き”の2タイプが、新シリーズとして加わりました。今回、お馴染みの『InVu』が再注目されているのは、この2つが発売されたからに他なりません。

InVu接着剤付き

さて、この秋仲間入りした『InVu』の新シリーズ、もちろん今年の日矯でお披露目させていただきます! 
会場では“小臼歯用ミニ”は手に取ってご覧いただけますし、“接着剤付き”においては、人工歯やガラスに貼って、接着具合やベースに接着剤がまんべんなく回る様子を見ていただくデモンストレーションも予定しています。

これらの新製品は、日矯にお越しいただかなくとも確認いただく術はあります。ですが、あえて会場に足を運んでいただくことにメリットがあるのだとすれば、このように実際に触れて、全タイプのサイズ感や仕様を比較していただけるといった点でしょうか。

営業スタッフからは、日矯会場で新製品の実物を見たいとおっしゃってくださっている先生も多いとの話がちらほらと入ってきています。
弊社の看板製品である『InVu』に今一度ご注目いただいておりますこと、この場をお借りして改めて御礼申し上げます!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

TPOJスタッフによる日矯イチオシ製品 第5回

こんにちは、TPOJカスタマーサポートです。

日本矯正歯科学会大会まで2週間を切り、TPOJではブース出展の準備がいよいよ佳境を迎えてまいりました。
先生にお会いできますことを楽しみにしておりますので、ぜひ当日はTPOJブースへ足をお運びいただければ嬉しいです。

TPOJカスタマーサポートチームが週替わりでお届けしている“日矯イチオシ製品”
今週は「エステティック・クリンパブルフック」のご案内です!

エステティック・クリンパブルフック

クリンパブルフック

あの「クリンパブルフック」のエステティックバージョン“白いクリンパブルフック” です。

前歯部で使うケースでもギラギラしないから患者さんの心からの笑顔に出会えます。

製品の詳細はこちら → http://www.tpoj.co.jp/aesthetic_chrimpablehook.html

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。