TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

月別アーカイブ: 2015年6月

スタイルを極める秘訣はグラスにあり!

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

ちょうど今頃が時期になるのでしょうか。

先日、ある花屋の前を通りかかりましたら、ジャスミンに似た甘い香りがふわりと漂ってまいりました。思わず、その香りの先に視線を移すと、店頭には白いくちなしの花が並べられておりました。

それまで知らなかったのですが、くちなしの花というのは、こんなにも強い香気を放つものだったのですね。
甘美な中にもどこか透明感のある香り。通りすがりにその芳香を胸いっぱい吸い込んだら、鬱々とした梅雨の空気が、ほんの一瞬軽くなったような気がいたしました


色や香り、また苦味や風味など、様々な要素からビールのテイストを分けたものを、“スタイル”と呼ぶそうですね。

その“スタイル”には100にも及ぶ種類があると言われておりますが、当然のことながら一つとして同じ味わいのものはなく、それぞれに個性が存在いたします。

じつは、そうした個性を最大限に味わうには、『ビールグラス』がとても重要な小道具になるのだそうです…。

◆◇◆◇ 個性を引き出す『ビールグラス』 ◆◇◆◇

ビールグラス

ラガー、ピルスナー、IPA(アイピーエー)、スタウト…。
最近はクラフトビールを扱うお店が増えたからでしょうか。少し前まではもの珍しさの方が先に立っていたものですが、近頃はそうした様々なスタイルのビールを目にすることも多くなりましたね。

さて、そんな多彩な顔ぶれを揃えたクラフトビールですが、それぞれの特性に合った『ビールグラス』に注いで飲むことで、そのスタイルの持つ個性をより一層楽しむことができるといいます。

主だったものを例にとって挙げてみますと、例えば“ピルスナー”。
日本のビールの多くがこれに分類されるのですが、このスタイルには背が高く、やや直線的な細めのものが合うとのこと。
特徴とも言える明るい黄金色を美しく見せ、ホップの効いた爽やかな苦味を上手に引き出してくれるのだそうです。

またドイツ語で小麦という意味を持ち、その名の通り小麦を主原料とした“ヴァイツェン”も、同様に背の高いグラスが向いています。
ピルスナーとやや異なるのは、上部に膨らみがあり、特有のフルーティーな香りを楽しめるようになっていることでしょうか。

比較的知名度の高いものでは、“ペールエール”もありますね。
ホップの香味が高く、しっかりとした苦味とコクが持ち味のこのビールには、タンブラー型、ラッパ型など形はいくつかありますが、1パイント(568ml)の容量が収まるものが良く用いられます。

このように、スタイルによって『ビールグラス』を使い分けるのが理想的ではありますが、実際にはなかなか難しいことかもしれません。であるならば、万能タイプの形を揃えてみてはいかがでしょう。
底が丸く、やや口がすぼまったものなら、香りと泡を同時に楽しむことができるので、比較的どんなビールにも合うようですね。

考えてみれば相性の良い『ビールグラス』とは、装いに華を添えて美しさを引き立てるアクセサリーのようなもの。
であればなおさらのこと、ビールの味わいをより際立たせる最高の組み合わせで、それぞれの個性を存分に楽しみたいものですね。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

一人ひとりの要望に応える「一番合うもの」

おはようございます。
TPでは、InVu とエステティックワイヤーをつけている
モデルのポスターを製作しています。
Y先生がこれを診療室に貼ってくださったので、
それを見た患者さんの様子を伺ってみました。

<こんなポスターです>
InVuポスター

「あのポスターはいいですね。
リンガルを希望して来院したけれど、費用が結構かかってしまうし、
でも表で目立つのはイヤだと迷っている方にお見せしていますよ。
『あの写真は表に装置がついているんですよ。
だけど見た目がとても自然でしょう?』と言ってね。
すると『これなら表でも大丈夫そう。私もこれで治します!』
と決める方が多いですね。」

見た目、費用、治療期間……。
患者さんの要望を丁寧に聞き、一人ひとりに最適な提案をすることを
モットーとしているY先生は、何種類かの審美ブラケットをお使いです。
その中で InVu を患者さんへ提案してくださる理由は、どこにあるのでしょうか。

「実はジルコニアも置いていますが、
白すぎて『自然な見た目』とは言い難いんです。
目立つのはイヤだと言う人に、それを勧めるのは気が引けますね。
それに InVu のほうが結紮しやすいし、滑りもいいから、私としても使いやすい。
だから最近は装置を説明するとき、ポスターを指しながら
『今はこれが一番ですね』と話すことが増えました。
患者さんは納得して、みなさん InVu を選びますよ。」

最近「一人ひとりの患者さんに合わせたオーダーメイド医療」といった
言葉が多く聞かれるようになってきました。
「オーダーメイド」という言葉は、
そもそもは製品に対して使われた和製英語ですが、
今は様々な分野で使われていますね。

今回お話くださったY先生が目指されているのもオーダーメイドの矯正治療。
そこには、治療内容はもちろんのこと、
患者さんの要望をかなえる矯正装置の選び方まで、
オーダーメイドの考え方に含まれていました。
そんなY先生に、「結果としてInVu を紹介することが増えていますね」との
お言葉をいただき、とてもありがたく思いました。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

夏至を越え、夏に向かう!一方で…

こんにちは。

6月22日は「夏至」でした。
一年でいちばん昼が長く、夜が短くなる日ですね。
梅雨の真っただ中でもあるこの時期は
なかなか太陽の出ている時間の長さを感じづらいですが
夕方の時間が伸びたなー、と感じることは多くなった気がします。

まだ真夏になっていない段階で、すでにピークを越えて
これからはどんどん日照時間が短くなっていくと思うと
何となく不思議な感じがしますね。

さて、夏至から明日、6月25日までを
『乃東枯(なつかれくさかるる)』といいます。
毎年、冬至の頃(12月)に芽を出し、夏至の頃に枯れる
「うつぼ草」は、「乃東(だいとう)」「夏枯草(かごそう)」
とも呼ばれています。

ウツボグサ

これから真夏にかけて木々の緑がいっそう繁り
夏の花々が色鮮やかに咲き乱れていくという時期。
それに逆行するかのように、
ひっそりと枯れていく珍しい花に心を寄せた言葉です。

また、「夏枯草」は花穂の部分を使用した生薬でもあります。
ヨーロッパでも民間薬に利用され、肺病や胃腸の病に
用いられたそうです。

紫色の可愛らしい「うつぼ草」、実は奥が深そうです

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

矯正材料で作る『ブレスレット』

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

本日6月22日は、今年の夏至だそうですね。

夏至といえば夏の季語の一つですが、同じくこの季節の季語に
“驟雨(しゅうう)”という語句があります。
突然激しく降り出してしばらくすると止んでしまう雨。驟雨とは
そんな夕立のような雨を指す言葉ですが、最近の雨の降り方を見て
いると、まさにそんな言葉が思い浮かびます。

梅雨時の雨は“しとしと降る”といったイメージがあったのですが、
最近はお天気事情も、少々様子が変わってまいりましたね…。

☆★☆★ Eチェーンとリガチャーゴムの有効活用!? ☆★☆★

6月4日〜10日の1週間にわたって実施された“歯と口の健康週間”。
これにちなみ、6月は歯に関するイベントが全国各地で催されます。
じつは先日、そうしたイベントの一つにご縁があり、僭越ながら
弊社もある催しに参加させていただきました。

それはスタンプラリーやビンゴなどを中心としたファミリー向けの
お祭りイベント。そうした趣旨の催しだったこともあり、TPOJでは
矯正装置に楽しく触れていただけるよう、Eチェーンと
ミニスティック・リガチャータイを使ったブレスレット作りを企画
いたしました。

イベント

さて、このブレスレット作りに使われた2つの製品は、ご存知の通り、
ゴム素材でできています。そのため、時間の経過とともにどうしても
劣化してしまう製品です。
そこで今回のイベントでは、一定期間を過ぎ製品としてお出しする
にはやや難あり!といったものを利用して、『ブレスレット』作り
を楽しんでいただいたのです。

イベント会場では「これも矯正に使うの?」「かわいい」と、カラフル
な矯正材料に多くの来場者が興味津々。
そんな様子を見ていて思いついたのが、劣化したEチェーンや
ミニスティック・リガチャータイの活用方法です!

もし、先生のお手元に劣化してしまったものがありましたら、
『ブレスレット』を作って院内にディスプレイし、矯正装置に親しむ
ためのツールとして活用されてみてはいかがでしょう。
色見本としてお使いいただくこともできるかもしれませんね。

『ブレスレット』の作り方はいたって簡単です!
まずはお好みのリガチャーゴムをEチェーンに通して装飾します。
次にEチェーンの左端と右端を、同じリガチャーゴムの中で交差させる
ように通して止め、輪を作れば完成です。

ブレスレット

古くなったEチェーンやミニスティック・リガチャータイ。これまで
は処分してしまっていた先生も多かったと思います。しかし、こんな
形で有効活用してみるのも、“有り”なのではないでしょうか?

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

何より大切にしたいのは…

おはようございます。

今回は、K先生からメールをいただき、
大変嬉しいことが書かれていたのでご紹介します↓

Dr.

=-=-=-=-=

普段は診察だけで終わりがちですが、
たまたま先日、矯正治療に対してどんなイメージや感想を
持っているのか、患者さんと話す機会がありました。

「矯正治療の最初の時期を目立たないで過ごせたのが
何より一番うれしかったです。

矯正治療は特殊だというイメージがあったし、
歯がガタガタで笑うのも嫌だったし、
装置を付けたら今まで以上に目立ってしまうと、
不安でいっぱいだったのです。

でも先生が、InVuとエステティックワイヤーで
治療してくださったから、
装置に気づくのは、間近に来て話す人だけでした。
通りすがりの人まで私の口元を見ている、といった
余計な心配をせずに過ごせたことが本当によかったです。

今は歯ならびもずいぶんきれいになって、
大きな口を開けて笑っています」

こんな感じのお話しを患者さんはされていました。
患者さんにとって、どんな装置をつけるか、というのは
私たち医師がこの装置で治療したいと思う以上に重要なのだと
再認識しました。

=-=-=-=-=

K先生からメールをいただいて、とにかく感激したこと。
それは先生が「患者さんは何を一番重要だと思っているか」を知ろうとし、
さらに「医師はそれに対して可能な限り応えなければいけない」と
考えておられる、その想いの深さです。

InVuとエステティックワイヤーが、そのお役に立っていることに
あとから気づいて、心がジワジワと温かくなりました

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

矯正治療を通じてどんどんポジティブに!

こんにちは。
InVuで矯正治療を行っている患者さんに伺ったお話です。

矯正治療

「歯並びにコンプレックスを感じるようになってから、
 歯を見せて笑った写真は一枚もありません。
 口を閉じたまま笑うクセがついてしまったんです。」

25歳で矯正治療を始めたUさんは、
高校生の頃から自分の歯並びにコンプレックスを抱いてきました。
そんな彼女がInVuで治療を始めてから、ある変化が起きたそうです。

「InVuに出会ってからは、口を大きく開けて笑う自分が想像できるんです。
 綺麗な歯並びに近づいている実感があるし、
 この装置なら治療中でも自然な口元を見せられますから。」

実は彼女、先日試しに鏡の前で「ニッ」と笑ってみたのだそうです。
その時の自然な感じに驚くと同時に、自分の笑顔がもつ力を知ったといいます。

「歯を見せると、全然印象が違うんですね。
 装置が外れたら思い切り元気な笑顔を見せられるように、
 今は笑顔の練習の真っ最中です!」

矯正治療を通じて、どんどんポジティブになっていく実感を語ってくださったUさん。
既に練習の成果が発揮されているような、ステキな笑顔がとても印象に残りました。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

余韻を楽しむ雫音の調べ

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

先週、ついに東京にも梅雨入り宣言が出され、傘を濡らすことの多い季節がやってまいりました。

ただ、そうは言っても晴れる時ももちろんあるわけで、そうした折には、初夏の気配を感じることがございます。
雨上がりに太陽が顔を出し、束の間地面を乾かし始めると、湿気とともに草と土の香りが立ち昇ります。そんな空気に触れると、雨の季節は夏の始まりでもあるのだと改めて気づかされますね。

真夏ともなれば息苦しささえ感じる草熱れ。でも、それも梅雨の走入の今はまだ、何か青さを含んでいるような気がいたします。


川のせせらぎ、波の音…。水が奏でる音というのはどこか情緒があって、不思議な心地よさを醸すものですね。

日本には、そうした水の音を風流として、暮らしの中に取り入れる趣向があります。
じっと耳を凝らすことで聴こえてくる、ひと滴の水の響き――。
それは水の音を感じる文化が生んだ、珠玉の調べでありました。

◆◇◆◇ 一滴の水が奏でる澄んだ琴の音 ◆◇◆◇

日本庭園の装飾の一つに、『水琴窟(すいきんくつ)』という設えがあります。

『水琴窟』とは、地中に埋めた甕(かめ)を利用して、水滴の反響音を楽しむ装置のこと。

水琴窟

日本庭園に行くと、蹲踞(つくばい)や手水鉢(ちょうずばち)といった意匠を目にすることがあるかと思います。
『水琴窟』はそうした飾りの近くに、穴を開けた甕を逆さまにして空洞を作るように埋め、その甕に蹲踞などから溢れた水を沁み込ませることで、一滴一滴、時間をかけて水滴を落とす仕掛けになっています。
やがて空洞の底には水が溜まるのですが、その水面に落ちる滴の音が甕の内部で共鳴し、琴のような澄んだ金属音を生むといいます。

微かな高低差をつけ、時に速く時に遅く、不規則なリズムを刻む雫音。それは1~2秒の残響音を残しながら、心地よい響きを鳴らし続けます。

水滴

ちなみにこの残響音の長さは、人間が最も心地よいと感じる秒数なのだとか。その証拠に、著名なコンサートホールは、やはり音の余韻が1~2秒残るように設計されているといいます。
『水琴窟』は江戸時代中期にできたものなので、人間の感覚を頼りに音の余韻を計算したと推測されるのですが、この偶然の一致は もはや見事としか言いようがありません。

一滴の雫と地中の空間が織りなす水音の協演。
その清らかな音色は、派手さこそないものの、確かな存在感の宿る音であるような気がいたします。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

もう、色の違いを我慢させない!

おはようございます。
今回は、InVuをご利用中の先生からいただいたお話しをご紹介します。

歯の色はとてもデリケート。
差し歯を作るときは、他の歯と同じ色を選びますよね。
しかも、それが歯とぴったり合っているか、
ものすごく悩んで決める方が多いと思います。

H先生は、ブラケットも本来、そうあるべきだと言います。

「だって2~3年もの間、つけているわけですからね。
 だけど、各社の色をあれもこれもと全部揃えるわけにいかないでしょ?
 その人の色に合ってなくても、ガマンさせちゃうことに、
 ずっと気が引けてたんですよね。」

それがInVuを使うようになり、先生の悩みは一気に解決したそうです。

InVu

「透明なら何にでも合うと、多くの人が思っているけど、
 少しでも黄色っぽい歯だと、けっこう浮いて見えるんですよ。
 その点、InVuはどんな歯の色にも溶け込むでしょう。
 患者さんは『歯と一体化してる』と本当に喜んでくれますね。」

矯正治療は恥ずかしいことではないと、頭でわかっていても、
患者さんは、そもそも常に口元を気にされてきた方ばかり。

「少々目立つのは仕方ない」で済まそうとはしないH先生。
その先生にInVuが選ばれていることを、とてもうれしく思いました。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

似て非なる!? 美しき競演!

今の季節を代表する花と聞いてまず思い浮かべるのは、やはり
“紫陽花”でしょうか?

いえいえ、この時期に見頃を迎える花は紫陽花だけではありません!
日本の田園風景に欠かせない、和のテイストたっぷりの隠れた対抗馬
“花菖蒲”だって、今が盛りなのです!!

◆◇◆◇いずれがあやめ、かきつばた◆◇◆◇

かきつばた

控えめながら凛とした印象のある初夏の花、花菖蒲。
青、白、紫と涼やかな色彩を互いに調和させつつ水辺に群生する様は、
楚々とした中にも力強さがあって、なかなかの景勝です。

さて、花菖蒲と言えば、その姿がアヤメ・カキツバタと似ていて、
見分けがつけにくいことでも良く知られていますね。
どれもともにアヤメ科アヤメ属の植物であるということなので、
見た目がそっくりなのも不思議なことではないのでしょうが、
その品種を見分けるのは確かに難しいですね。

この3種、咲く場所や背丈、花の大きさなど違いはいくつかあるということですが、
一番の見分けポイントは、何といっても花弁の根元の模様なのだとか。
花弁の根元が黄色く目の形の模様をしているものが花菖蒲、同じく
目形の模様で白いものがカキツバタ、
そして模様が網目状になっているのがアヤメ、
というのがもっともわかりやすい違いだそうです。

『いずれがあやめ、かきつばた』

花菖蒲?アヤメ?カキツバタ? 一見、その見分けはつかなくても、
負けず劣らず美しいことに変わりなし!といったところでしょうか。
何にしても、見る者の目を楽しませてくれることだけは間違いないようですね♪

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

オーストラリアンワイヤーをお探しならば…

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

“プレミアム商品券”という言葉を、近頃良く耳にいたします。
購入した代金以上の金額で買い物ができるというこの商品券、最近は日本各地の自治体が実施しているようですが、消費者にとっては何ともありがたい取り組みですよね。

じつは私の住んでいる地域でもつい先日発行されたのですが、その売れ行きたるや、すごいことになっているようです。
この商品券は販売場所や時間が決まっているとのことだったので、私は休日を待って発行開始の3日後に買いに行ったのですが、既に完売。まだ残っていると思っていたのですが、甘かったです…。

予想を上回る売れ行きに追加分が後日発行されるようですが、第2弾の発行日もどうやら出勤日にあたっている模様。残念ながら、次回も佐藤が商品券を手にすることはなさそうですね…

☆★☆★ 同じ用途を持つ『TPオリジナルワイヤー』 ☆★☆★

“オーストラリアンワイヤー”というワイヤーがございます。
A・Jウィルコック社の製品で、ステンレス・スチール製のワイヤーに熱を加えて硬さと弾性を強化したものですが、弊社では時折「扱っていますか?」というお電話をいただきます。

オーストラリアンワイヤーは、以前はTPでも取り扱っていたのですが、残念ながら現在は輸入しておりません。
しかし、同じ用途を持つワイヤーならばご用意しています!

TPオリジナルワイヤー

それは『TPオリジナルワイヤー』という名称のワイヤーです。
ただ、そうは言ってもさすがに製法が違いますので、やはりその特性には多少異なる点が見られます。

例えば見た目の色の違い。オーストラリアンワイヤーは酸化鉄の赤色をしていますが、『TPオリジナルワイヤー』は通常のステンレス・スチール製と変わらない銀色をしています。
また、このワイヤーの大きな特色ともいえる硬さについても違いがあります。比較するならば、『TPオリジナルワイヤー』の方が少し柔らかいと思っていただければ良いでしょう。

ちなみに硬さは柔らかい順に、スタンダード・スタンダードプラス・プレミア・プレミアプラスと、4段階ご用意しています。
スタンダードはオーストラリアンワイヤーでいうレギュラー、プレミアはスペシャルに相当する硬さとお考えください。コイルタイプのものについては、製品に貼ってあるラベルが対応する硬さのものと同じ色になっているので、その色で判別していただくとわかりやすいかもしれません。

TPではオーストラリアンワイヤーをお探しの先生に、『TPオリジナルワイヤー』をご案内させていただいております。
純然たるオーストラリアンワイヤーとは違いますが、用途は一緒ですので、ご入用の場合にはぜひ検討なさってみてください!!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼