TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

月別アーカイブ: 2015年2月

新人さんも確実に結紮!ストレートシューター

おはようございます。

もうすぐ3月に突入ですね!

3月に卒業される方々は、
4月にはどこかしらで「新人」としてデビューを飾ることと思います。
今回は、医院でデビューする新人スタッフさんに是非!お使いいただきたいアイテム。
ラクラク結紮を可能にする「ストレートシューター」です

通常の結紮は、慣れないと時間がかかりますよね。
うまくいかずに、ブラケットを脱落させてしまったり
破損させてしまうことも。。。
特に新人のスタッフさんにとっては、悩みどころになるのではないでしょうか。
そこでおススメしたいのがこの「ストレートシューター」です。

ストレートシューター

「ストレートシューター」の魅力は、なんといってもその操作性。
誰でも簡単に取り扱いができる上、
1歯あたりわずか3秒で、リガチャーゴムの装着ができます!

↓カンタン結紮の4ステップをご紹介します↓

《ステップ1》患者さんにタンガウェイを噛んでもらいます
タンガウェイ

《ステップ2》リガチャーゴムを装着
ストレートシューター

《ステップ3》ブラケットに合わせてゴムを広げますストレートシューター

《ステップ4》しっかりと最後まで握ります
ストレートシューター

《ステップ2》~《ステップ4》まで、わずか3秒。
セットして、握って、飛ばす!!
コレだけです。
動画でもご紹介しております

何を隠そう、私も入社して最初に操作できたのが
この「ストレートシューター」だったのです。
だからいつも以上に自信をもっておススメします!

4月に新人スタッフさんを迎える準備として、是非どうぞ!

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

「私にもぴったり合う!」という喜び

おはようございます。
私たちがコンセプトにしている『Personalized Color-Matching』。

先日、この『Personalized Color-Matching』を叶える装置が
こんなにも人に矯正への一歩を踏み出す勇気を与えるのか、
と実感できるエピソードに出会いました。

それはK先生の医院でのこと。相談で来院した女性が、
こんな悩みを打ち明けたそうです。

黄色い歯

「私の歯の色、かなり黄色いんです。
だからネットでよく見るような白い装置だと、
白すぎて歯から浮いて見えるんじゃないかと思って……。
もっと目立たない方法はないですか?
本当はリンガルがいいんですけど、ちょっと予算が……。
装置を付けない方法もありますよね?」

でも彼女の症例でマウスピース矯正はできない。
そう判断したK先生は、彼女に InVu での治療を紹介しました。
しかし InVu を見た彼女は「これでも浮いて見えそう」と納得しない様子。

そこでK先生は、実際につけている患者さんの写真をいくつも見せました。
すると、みるみる彼女の表情が変わっていったそうです。

「この装置、歯によって色が変わるんですか?
白い歯の人にも、黄色い歯の人にも合っていますね。
これなら私の歯の色にも合うってことですね!」

そう言って彼女は、InVuで治療を受けることを
その場で決意したそうです。
K先生は最後にこう話してくださいました。

「日本人はどちらかというと黄色い歯の人が多いでしょう。
でも InVu ならどんな歯の色にも合うから、
医師としても提案しやすくて助かります。
やはり一人ひとりにぴったりの装置をつけてもらいたいですからね。」

私はこの言葉から、大きな力をいただいたように感じました。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

印象トレイのサイズ、計測してみました!

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

先生は日頃から何か運動をされていますか?

私はどちらかというと好んで体を動かす方ではないのですが、先日、機会があってホットヨガを体験してまいりました。
蒸し風呂のようなスタジオで1時間、たっぷりと汗をかいてきたのですが、やってみるとじつに気持ちが良いですね!

日頃の運動不足から、このままいけば数年後にはロコモティブシンドロームをまっしぐら…ということも十分にありそうな佐藤でしたが、ホットヨガのあまりの爽快感に、何やらはまりそうな予感がしております…

☆★☆★  あくまでも目安の寸法ですが…  ☆★☆★

TPOJではエクステンド-O(オー)トレイという製品名でご紹介している印象トレイ。
サイズは上下顎ともに8種類ありますが、それぞれのサイズの寸法がわからないという先生も多いのではないでしょうか。

と申しますのも、じつは弊社のカタログには『印象トレイの寸法』に関する記載がございません。
これについては不親切をお詫びするより他ないのですが、ただ、謝罪をするだけでは何の解決策にもなりませんね。

そこで、以前、寸法に関するお問い合わせがあった際にスタッフが測った数値がありますので、せめてもの対応策に、その寸法を一部ご紹介させていただきたいと思います。

エクステンドーo

印象トレイのサイズは1~8までありますが、中でも一番ニーズが高いのが、上下顎どちらも「6」のサイズです。
その寸法は、上顎が約56×73×36(縦の長さ×横幅×厚さ/単位:mm)で、下顎が約55×80×29です。

また、次いで良く使われる「5」のサイズでは、上顎が約54×71×34、下顎が約53×76×28という寸法になっています。

もちろん、この他のサイズについても計測済みですので、上記以外のサイズについてもご質問いただければ対応いたします!
お手数をお掛けすることにはなりますが、他のサイズを希望される場合には、ぜひお問い合わせいただければと思います。

印象トレイの寸法。あくまでも目安の数値ではありますが、少しはお役立ていただけるでしょうか…。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

小さいフォルムがしっかり牽引!ボンダブル トラクションフック

おはようございます。
今回ご紹介するのは、「ボンダブルトラクションフック」です。

ボンダブルトラクションフック

過度の転位歯や埋伏歯を牽引する際
確実に行うのに一番重要なのは、その強度ですよね。
プラスチックだとどうしても壊れやすく、
安心して使用できないとおっしゃる先生もいらっしゃいます。

その不安を払うのは、やはりメタル!
そこで登場するのが、この「ボンダブルトラクションフック」!!

ボンダブルトラクションフック

「しっかり牽引できることはもちろん、脱離や破折の心配もありません。」
と、ご愛用中の先生からも太鼓判をいただいております

また、丸いアイレットが付いた「ラウンド トラクションフック」なら、
通したゴムが外れる心配がない上に、
ベース面を削って大きさ調整ができます。
ほんの少しでも歯面が露出していれば、取り付け可能というわけです!

「ラウンド トラクションフック」と一緒にご利用いただくなら、
「スリップフリー Zing-O ストリング」が最適です。
ライト(.025”)/ヘビー(.030”) 両サイズともにアイレットを通ります。
中空になっているので、しばってもほどけ難いところがポイントです。

是非、併せてお試しください

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

矯正治療の印象を変えるツール

おはようございます。

InVu」と「エステティックワイヤー」を紹介する患者さん向けのツールについて、
ある先生からうれしいお話を伺いました。

「学会展示会でもらったパンフレットを活用していますよ。
 開くとメタルからInVuに変わるやつ。
 あれ、面白いね。けっこう患者さんが関心を示すんですよ。」

↓こちらです。
ツール

「この間は矯正相談に来た高校3年生の女の子に
 きれいな装置ってこんな感じだよ』と見せたら、もう興味津々。
 『お母さんこれ見て!こんなに違うよ! 私、これでやりたい』と
 すぐに決まりましたね。
 
 それまでの装置のギラギラしたイメージがくつがえって、
 心の中に矯正したい気持ちがスッと入ってきたのでしょう。
 
 模型でブラケットがついた歯をイメージしてもらうのも大切だけど、
 あのパンフだと顔全体の印象が伝わる。それもまた大切ですよね。」

患者さんの歯の色が一人ひとり違うように、
患者さんが矯正したくなる瞬間や、その理由もそれぞれ違います。

私たちはツールを制作するとき、
「どんなデザインだと明るく楽しい矯正のイメージが伝わるか」
「先生が患者さんに見せたとき、どんな会話がはずむのだろう」
など、シーンをあれこれ思い浮かべながら企画します。

そのツールが効果的に使われている。
先生方が役立つと感じてくださっている。
それがわかり、ホッとするとともに、とてもうれしく思いました。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

軽快な走りを生み出す音のチカラ

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

“魚上氷(うおこおりをいずる)”。

日本には季節の表し方がいくつかございますね。そうした中の一つ、七十二候では、今はちょうど“魚上氷”の季節に当たります。
「水がぬるみ、割れた氷の間から魚が飛び跳ねる頃」という気象の変化を示す時期なのだそうですが、何だか風情を感じる名称ですね。

薄氷張る水面に訪れる春の兆し。早春の一場面を切り取った季節の言葉に、静かに流れ出す水音までもが耳に届く気がいたします。


走る場所さえあれば、気軽に始められるランニング。
健康維持やダイエットなどに効果があるとして、幅広い層に親しまれているスポーツですね。

ランニング

さて、このランニング、体力や年齢に合わせて個人個人のペースで楽しめるものではあるのですが、一定のペースを保って走るとなるとこれが案外大変なことなのだとか。

そこで今週は、ランニングのペースをつかむ方法についてご紹介したいと思います! そのポイントは『BPM』というキーワードにございました!!

◆◇◆◇ 自分に合った音楽でピッチを刻む ◆◇◆◇

音楽を聴きながらランニングを楽しむ。そうした市民ランナーの姿も、もうすっかりお馴染みのものとなりましたね。

多くのランナーがそうしたスタイルで走るのは、じつはとても理に適ったことと言えます。

というのも一人で走るランニングでは、目安となるペースメーカーがいないため、どうしても走るペースが乱れがち。
そこで登場するのが音楽なのです。リズムを刻む音を聴きながら走れば、一定のペースを保つことができるというわけですね。

そしてもう一つ、ここで大事なのが『BPM』です。
『BPM』とは1分間に刻むビートの数を数値で示したもので、その曲の速さを表します。ランニングの際には、この『BPM』の数値と、自分が1分間に走る歩数を合わせるのが理想的なペースなのだとか。

ちなみに『BPM』の数値から速さの目安を申し上げますと、しっかりとした早歩きは130BPM、ランニングを始めたばかりのビギナーが走る程度の速さが160BPM、そしてフルマラソンを3時間台で走る上級者クラスのスピードが175BPM位であると言われています。

またランニングの定番ソングで見れば、“LOVE2000/hitomi”が85BPM、“Runner/爆風スランプ”が125BPMといった感じです。
曲のBPMについてはネット上で調べるサービスもあるようなので、もし気になる曲があったら調べてみると良いかもしれませんね。

いずれにしても大切なのは、走るリズムと音のリズムを合わせること。この2つが同調すれば、軽快な音楽は正確なペースメーカーとして、強力なサポート役となってくれるに違いありません!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

バレンタインデーの変化…!?

おはようございます。

明日は2月14日、バレンタインデーですね!
日本では「女性が愛を告白する日」とされているバレンタインデーですが、
最近は同性の友達同士でプレゼントし合う「友チョコ」や
自分へのご褒美の「マイチョコ」の方が盛り上がっているようですね!

バレンタインチョコ

たしかに、店頭に並ぶチョコレートのパッケージが
“男性に贈るには可愛いすぎるのでは?”
というものが多いなぁと、
チョコレート売り場を観察して思いました。

「義理チョコ」も以前は
「本命」以外の男性に配るものでしたが、
今は男女関係なく、お友達やお世話になっている人に
相手を絞って「感謝チョコ」として贈るように
なってきているそうです。

チョコレートを贈る相手は、
既に男性よりも女性の方が多くなっているのかも…!?
もはや「愛を告白する日」というよりも
「年に一度のチョコレートフェス」に
趣も変わってきているのかも知れませんね。

バレンタインデーのチョコレート販売は昭和33年に始まり、
当初は売り上げ5個からのスタートだったそうです。
それからムーブメントが起こり
50年以上も一大イベントとして日本人に定着していることを考えると
強力な消費パワーを感じます。

ドキドキしながら告白するのももちろん素敵ですし、
ワイワイと色んなチョコレートを楽しむのも
素敵だと思います。
せっかくだから、このイベントを皆で楽しみたいですね

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

「この装置が好き」というモチベーション

おはようございます。
今日は、先生からいただいたエピソードをご紹介します。

「うちには今、すてきな患者さんが通っているんだよ」と、
先日、F先生がうれしそうに声をかけてくださいました。

それは「矯正している自分が好き」という女性のエピソードでした。

結婚式

「この間、結婚した人なんだけど、装置をつけたまま式を挙げたんだよ。

 通常は式に合わせていったん外すけど、彼女はこのままでいいと。
 こんな患者さんは初めてだから、僕のほうが驚いたね。

 もちろん初めは違ったよ。
 『結婚式のときには装置を外したい』と言って来院したからね。

 でもInVuとエステティックワイヤーをつけたら、
 とても気に入ってくれたんだ。

 装置が全然気にならない。
 だから矯正していることがうれしいと感じられる。
 そんな自分に自信が持てる。

 その結果、わざわざ装置を外さなくても、
 最も自然体な自分でいられると思ったんだろうね。」

装置を“好き”だと思う気持ちは、
こんなにも患者さんのモチベーションを高められるのですね。
このことは同時に、患者さんがF先生に全幅の信頼を寄せることに
つながっていると確信しています。

矯正装置を気に入るか、そうではないかによるモチベーションの差。
「本当にそんなに差があるの?」と思うかもしれませんが、
それに近い経験は誰にでもあるものです。
例えば、お気に入りの服で出かけた日は、気分がよく、
いつもより背筋がピンと伸びる。充実した一日を過ごしたくなる。
これも立派なモチベーションですよね。
そう考えると、装置をまず気に入り、
愛着を持ってもらえる重要性に納得させられます。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

今年のバレンタインはこの企画でまいります!

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

早いもので今年も立春が過ぎ、暦の上では春がやってまいりました。

ところで、数日前に迎えたその立春ですが、今年はちょっと特別な年であったらしいですね。何でも聞くところによれば、38年ぶりに立春と満月が重なるという、とても珍しい日だったのだとか。

満月の立春。何となく幸先の良い春のスタートに、気持ちもどこか華やぐ気がいたしますね…

☆★☆★スタッフ特製!オリジナルイラストシール!!☆★☆★

2月も第2週に入り、今年もまた国民的なイベント“バレンタイン” が迫ってまいりました。

さてさて、こうした季節イベントが近づいてまいりますと、TPOJとしてはやはり例の企画を実施しないわけにはまいりませんね…。
そうです。例の企画とは、季節の行事やイベントに合わせて行う、あの“期間限定の特別梱包”です。

今回はもちろんバレンタインに向けての特別仕様ということで、TP特製の『オリジナルイラストシール』を企画いたしました!

梱包シール

一体何が“オリジナル”なのかと申しますと、このシール、じつはイラストの原画から彩色に至るまで、すべてがTPのスタッフによる手作りとなっているのです。

まずイラスト原画は、DMやリーフレットのデザインを担当しているマーケティングチームのスタッフが描き起こしたもので、そのイラストを出荷チームがラベルシールの用紙に合わせてレイアウト。
そして最後に、出荷チームの中でも色塗り名人!?と評判の高いスタッフが色鉛筆で彩色をして、印刷用の原稿を作成しました。

そんな連携プレーの末に完成した『オリジナルイラストシール』。
赤やピンクを基調としたバレンタインらしい配色と、ポップなイラストが見事にコラボレーションし、じつに優しいテイストのシールに仕上がっています。

TP特製“完全オリジナル”のイラストシールは、全部で3種類。
本日9日(月)より13日(金)までの1週間、期間限定でお届けいたします!
期間中にご注文いただいた先生、どのイラストが届くかはお約束できませんが、どうぞ楽しみになさっていてくださいね

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

患者さん思い!ウルトラ・ロープロファイル・モーラーチューブ

おはようございます。

今回は、患者さんを癒す・・・とまでは言えませんが、患者さんに優しい
ウルトラ・ロープロファイル・モーラーチューブ」をご紹介いたします。

ウルトラロープロファイルモーラーチューブ

こちらはその名の通り、ハイトがとっても低いことが特徴です。
そのハイト、なんと従来の約2分の1!
とってもシンプルな形のシングルチューブです。

○ チューブベースのハイト比較

tube高さ比較

○ この形状“だからこそ”の、患者さんに優しいポイントはこちら

  1. ハイトが2分の1“だからこそ”、しっかり脱離を防げます。脱離しなければ、突発的な来院を防ぐことができますよね。
  2. ハイトが2分の1“だからこそ”、頬粘膜に当たりません。チューブによる頬粘膜への刺激が激減し、口内炎が起こりにくくなります。
  3. 形がシンプル“だからこそ”、プラークコントロールが行いやすい!患者さんが口腔ケアをしやすいので、歯肉炎も防げます。

治療中、患者さんが快適に過ごせることは先生にとっても大きな喜びですよね。
様々なトラブルやストレスを防いでくれる、患者さん思いの「ウルトラ・ロープロファイル・モーラーチューブ」。

是非一度、お試しください!

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。