TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

月別アーカイブ: 2014年9月

“葉を見ず、花を見ず”『彼岸花』の妙

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

早いもので、9月も終盤を迎えましたね。
去年はいつまでも夏の名残りが抜けず、なかなか季節が進まなかったように思いますが、今年は順調に秋がやってきて、爽やかな日和を楽しむことのできる季候となりました。

穏やかな陽ざしが心地よい秋は、暑くもなく、寒くもなく、行楽にもうってつけの季節。
さて、いよいよ訪れる本格的なベストシーズン、先生はどんな秋をお楽しみになりますか?


9月の中旬からお彼岸の頃にかけて、一斉に開花する『彼岸花』。

彼岸花

つい先日、ちょうど見頃となる秋分の日を迎えましたが、真っ赤な花弁を反転させて咲き誇る姿は、まだ記憶に新しいのではないでしょうか?

さて、その『彼岸花』ですが、艶やかな咲き姿があまりに印象的でつい花だけに目が行きがちですが、よくよく見るとそこに葉が存在しないことに気付きます。
その理由はどうやら『彼岸花』の不思議な成長サイクルにあるようなのですが、それは果たしてどういったものなのでしょうか…?

◆◇◆◇ 一年がかりのサイクルによる頭脳プレー ◆◇◆◇

曼珠沙華、幽霊花、狐花…。『彼岸花』はじつに1000を超える別名を持つと言われておりますが、その中の一つに、“葉見ず花見ず”という呼び名があります。

そうした名が付いたのは、花が咲いている時期に葉を見ることがないことに所以すると言われています。 

『彼岸花』は9月の中旬になるとスルスルと茎が伸び、わずか1週間程で花を咲かせます。しかし、その開花時に葉の姿はありません。
というのもこの時、葉は地中の球根にあり、花が枯れた後で伸びてくるからです。

彼岸花

こうして時をずらして顔を出した葉は、冬の間も枯れることなく光合成を続け、たっぷりと球根に栄養を蓄えます。
そして春になり、他の植物が茂る頃には早くも葉を枯らし、夏の休眠を経て、秋の訪れとともに開花するのだそうです。

緑が少ない冬場に悠々と太陽の光を浴び、先んじて球根にエネルギーを充填する。咲き終わると同時に、次の開花に向けて活動を始めるという一年がかりの事業計画!?は、もはや見事としか言いようがありません。

“機を見るに敏”といった慣用句がぴったりの頭脳プレーを放つ『彼岸花』。
あの艶やかな緋赤の花姿の裏には、こんな戦略家の一面が隠されていたのですね…。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

走りながら考える

TPOJ安藤です。

本日より、Blogを書くことになりました。
よろしくお願いいたします。

私の記事は、営業として、マーケッターとして気付いたことを書き綴ってみようと思います。

それでは、早速本日のテーマ。
「即断即決、即実行」です。

先日、吉越浩一郎:著の「どんどん決めて、どんどん動け!」という本を読んでみました。

自分なりにポイントは、いくつかあったのですが、
「走りながら考える」というのは大事だなと感じています。

走る

120%くらい準備万端に整って実行していく人。
60%くらいの準備で実行して、走りながら良い方向に修正していく人。
どちらのほうが、スピード感を持って仕事ができるでしょうか?

私の経験上、後者のほうが仕事をするうえで達成感も充実感もあるんですね。

120%準備万端整えるということは、
失敗のリスクをできる限り排除したいからだと思うのですが、
これはもっともリスクを高くする考え方だと私は思っています。

  1. 準備万端整うまでに時間がかかるので、実行に移す時間が遅くなるリスク。
  2. 1によってタイミングを失ってしまう。
  3. 完ぺきを求めるがゆえに失敗した時に、次の手が打ちにくい。

という3点から、
「60%くらいの準備で実行して、走りながら良い方向に修正していく」
のが良いかと考えます。

じっくり考えるのも重要ですが、適切なプロセスを踏めば、
走りながら考え続けるほうが効率的に仕事は進むものです。

次回は【適切なプロセス】を考えてみたいと思います。

走りながら考えて実行していると、休みでも何かを考えてしまう。

私の場合、妻に「あなたは思ったが吉日で、何をし始めるかわからない!?」と言われていますので、
その辺はプライベートな時間ではさじ加減が必要かもしれませんね。


この良さを知ると、他のブラケットは使えないね

先日、都内のお客さんを訪問した際に伺った話です。

「InVuセラミックブラケットは、色も確かにいいんだけど、ディボンディングが最高だよね。
InVuのディボンディングを知ってしまったら、他社のセラミックブラケットは使うのが怖くてね。
ワイヤーをつけたまま外せるし、何といっても割れたり、欠けたりしないでしょ。

ブラケットを外す時に、患者さんの歯にセラミックが残ったら最後、
その除去は、時間もかかるし、患者さんは痛がるし、大変なことになるからね。
ディボンディングの良さを誇れるのは、InVuだけでしょ。
今のところ、他のセラミックブラケットは使う気になれないね。」

本当にありがたい評価を頂いた営業シーンでした。

久しぶりに聞いたディボンディングの話。
私は、身を乗り出して聞いってしましました。

ところで、InVuセラミックブラケットは、なぜそんなに簡単に外せるのでしょうか?

その秘密は、こちらです。

たった2分でディボンディング

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

サンキューカードで請求書を和やかに!

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

“祭り”というと夏のイメージがありますが、秋に行われるところも案外多いものですね。

TPOJのオフィスがある北区・西ヶ原もそうした地域の一つで、毎年9月22日・23日の2日間にわたり、この地区の総鎮守である「七社神社」の秋祭りが行われます。

オフィス周辺の歩道には、少し前から祭りに伴ってたくさんの提灯が飾られており、そんな提燈の灯りを見ながら帰るのがここしばらくの日課となっておりました。
夕景に光をにじませてぼんやりと広がる提燈の灯。どこか温もりのあるその灯りに、静かな秋の訪れを感じます…。

☆★☆★ 季節のイラストでほっこり… ☆★☆★

TP製品をご注文いただいた先生のお手元に、月に一度郵送させていただく書類といえば、そう、請求書ですね。

弊社ではお荷物の中に、“私が梱包しました”ということを証明する梱包カードをお入れしていますが、請求書にもまた、あるカードを同封させていただいております。

それは「このたびはご注文まことにありがとうございます。またのご利用を、心よりお待ちしております」という一文と、イラストが書かれた『サンキューカード』です。

サンキューカード

このカードは、“請求書だけを送るのも心苦しいので、何か和んでもらえるものを同封したい”という経理スタッフの思いから始まったものなのですが、スタートしてもう6~7年になるでしょうか。

その『サンキューカード』、制作にあたっているのは、弊社のパンフレットやニュースレター等のデザインを担当しているスタッフです。
季節に合わせたイラストを毎月描き起こしては、それをスキャナーにかけてパソコンへと取り込み、カードに仕上げております。
そのイラストも、最初の頃は“ほっとできるような花の絵”をという経理サイドのリクエストから、花のイラストを入れておりましたが、回数を重ねるごとに進化して!?、今ではタッチも様々なキャラクターが登場するようになりました!

サンキューカード
↑ 今月の請求書に入ります!最新のサンキューカード!!

“今月は何だろう”という、開封時のワクワク感。どうせならそんなプチサプライズの楽しめる郵便物が届いた方が嬉しいですよね…。
もちろん、たとえそれが業務的な書類であっても!です!!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

「人からの見え方」を確かめた上で納得!

今回は、こんなエピソードをご紹介します。

矯正歯科の受付をしているHさんは、
InVuエステティックワイヤーで矯正治療中。
患者さんや相談に来た方に
「こんな感じで治療していますよ」と紹介しています。

「矯正相談の方が来ると、先生が
 帰りがけに私(の装置)を見て行ってね、と言うんです。
 それを受けて私も、ニッコリ歯を見せながら『おつかれさまでした!』と。
 するとみなさん、まじまじと私の口元をご覧になります。

 中には後ずさりして、
 『ここからは見えるけど、ここだと見えないね』と
 確かめる方もいらっしゃるんですよ。

 やっぱり『周りの人はほとんど見えていない』とわかると安心されますね。」

患者さんは自分の目で見て、
InVuが人の目にどう映るかを実感した上で
「これなら」と納得できる。
逆に言うと、これは『InVu だからこそ』できる
紹介方法かもしれません。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

こだわる人に響く“ワンランク上”

おはようございます。

前回ご紹介したU先生の医院では、リンガルを求めて来た患者さんでも、
先生の提案によって多くの方が最終的に InVuエステティックワイヤーの組み合わせを選んでいます。
見た目にこだわる方が、表からの装置でも納得して治療を開始する。
その時、選ぶ装置のポイントはどこにあるのでしょうか。
U先生はこうおっしゃいます。

「リンガルを希望してきた方に表からの装置を紹介するとき、
『当院には表側でも見た目がとても自然な装置がありますよ。
他の装置とは違う、ワンランク上の綺麗さです。』と話します。
そして InVu とエステティックワイヤーをお見せするんです。」

すると患者さんは顏をグッと寄せて、装置に見入るそうです。
このときカギとなっているのがエステティックワイヤーだと、U先生は強調されます。

「いまは目立たないブラケットがあることは知っていても、
まだほとんどの方がワイヤーは金属色だと思っているようですね。
この組み合わせを見るとびっくりしますから。
『表側でもこんなに綺麗な装置があるんですか!?』と。
この驚きから、一気に患者さんの興味がかき立てられていると感じます。」

先生は「しかも…」と続けます。

「そもそもリンガルを希望してきた方は、
お金がかかってもいいから上品に矯正治療をしたいと思っています。
だから “ワンランク上” を直感させる、InVu とエステティックワイヤーの組み合わせが響くんです。
『ほら、自然で、しかも上品でしょう?』と言葉をかけると、
『確かに!』と目を輝かせてくれますよ。」

U先生のお話しから、リンガルを希望する方の求めるものは、
必ずしも『見えない装置』ではないのかも知れないと、新たな気づきを得ました。
InVu とエステティックワイヤーが、
『長い年月をかけて矯正治療をするのだから、せっかくならより良い装置をつけたい』と
考えている方の要望にマッチするという実感が得られて、大変光栄に思いました。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

素朴にして秀逸、秋を告げる山の恵み

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

このところ、ぐずついた天候の週末が多かった東京も、この連休はお天気に恵まれた休日となりました。

さて、連休最終日となった敬老の日、いかがお過ごしでしょうか?

秋晴れにつられて出掛けるも良し、家でのんびり過ごすもよし。いずれにしても、連休も残すところ今日一日。どうぞ楽しい時間をお過ごしくださいね…


採れたての新栗を茹でて、潰して、絞る。材料は栗と砂糖だけ。
岐阜県中津川市には、そんなシンプルな材料と製法で作られたお菓子があります。

それが『栗きんとん』です。
栗の旨味を余すところなく活かした木曽の銘菓。中津川の秋は、今年も山の恵みがもたらす秋の味覚から始まります…。

◆◇◆◇ シンプルながら奥深い栗の銘菓 ◆◇◆◇

恵那山の麓に位置し、江戸時代は中山道の宿場町として栄えた岐阜県中津川。
木曽路の入り口にあたるこの町は交通の要衝であり、京や江戸との文化交流に富んでいたことから、茶の湯に親しむ文人が多く存在したといいます。

そうした風土の中、生まれたのが『栗きんとん』です。
茶の湯においてお菓子は重要な脇役。そこで、主役を邪魔立てせず、しかしながら雅趣のあるものをということで、当時の和菓子職人によって作られたのが、『栗きんとん』だったのだそうです。

栗きんとん

さて、その作り方はいたってシンプル。
まずは栗をじっくりと茹で、茹で上がったら実を取り出して裏漉しします。そこに砂糖を加えて餡を作り、あとはふきんで茶巾に絞るだけ。

栗を見立てて作られた容姿に派手さは一切なく、その味わいは素朴にして秀逸。まさに“奥深い”の一語に尽きるお菓子です。

『栗きんとん』を売る和菓子屋さんが数多く存在し、今や町の代名詞とも言える『栗きんとん』。
材料と製法はどこも同じながら、味はお店によって千差万別で、しっかりと裏漉しした滑らかなものから栗の食感を残した粗漉しのものまで、様々なタイプのものを楽しむことができます。

古い宿場町を散歩しながら『栗きんとん』を食べ比べ、ご贔屓の味を探す。栗の里・中津川は、そんな楽しみ方もできそうですね…

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

安心してもらうための魔法の言葉

おはようございます。

U先生の医院では、リンガル希望で来院した患者さんでも、
多くの方がInVu で治療を開始するそうです。
いったい先生は、患者さんへどうお話しされているのだろう?と思い、ズバリ伺ってみました。

「患者さんにとってリンガルは、治療中の話しづらさや金額など、
どうしても負担が大きくなってしまいがちです。
だからまず、リンガルを求めて来た方には理由を聞きます。
そして『ギラギラと目立つ装置はイヤだから』というような見た目に対する抵抗感が理由であれば、
『表からでも口元が自然に見える装置がありますよ。これなら過ごしやすいし、
周りから「綺麗だね」と言われる患者さんもいます。』と InVu を提案しています。」

でも、それだけでは不安な方もいるのでは? そう思っていると、
先生は私の気持ちを見透かしたかのようにおっしゃいました。

「そのとき一言添えるんです。
『つけてみて、どうしてもイヤだったら、途中からでも裏側に変更できますよ』と。
これで患者さんが心を開いてくださることがけっこうあるんです。
『先生がそんなふうに勧めてくれるなら、これでやってみよう』となります。」

実際に途中で変更した患者さんはいるのでしょうか。

「いえ、いません。これが歯に馴染む InVu ならではなんですが、
歯が並んでくるにつれ、ますます装置がついているようには見えなくなる。
それとともに患者さんはどんどん自信をつけてくれます。
だからみなさん『この装置ならこのままでいいです』っておっしゃいますね。」

装置を選択するときに、変更の余地があるとわかっている。
そのことが、患者さんが不安を持たないで済む大きなポイントなのですね!

また、U先生はこんなこともおっしゃっていました。
「途中で装置を変えてもいいと患者さんに話すのは、
裏を返せば InVu に満足してもらえる自信があるからです
」と。
結果がわかっているうえでの、安心感を持ってもらうための言葉だったのですね。
先生の力強い言葉をうれしく思うと同時に、患者さんに対する心遣いの深さに感激しました。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

見上げてみれば、秋の空

こんにちは!

9月に入り、何となく季節の変化を感じるようになりました。

学校も新学期がスタートし、夏休みののんびりムードから気分も一転、
活動的な毎日が戻ってきたような気がいたします。

これからも、診療の合間に一息ついていただけるような、
癒しのブログを目指し!?より楽しい記事をお届けできますよう
頑張りたいと思いますので、これまで同様、
おつきあいいただけますようよろしくお願い申し上げます


夏の終わりから秋にかけて空気が乾燥してくると、
空の表情にも変化が現れます。

クリームを泡立てたかのような入道雲が主導権を握っていた夏空から、
様々な雲が姿を見せる秋の空へ…。
TPOJ会議室の大きな窓から望む駒込の空にも、近頃秋の気配が漂い始めています。

◆◇◆◇ ことわざに見る天気予報  ◆◇◆◇

『うろこ雲』が表れると、1〜2日後には雨が降る。
そうした悪天の予兆を示すことわざに、“うろこ雲は雨”というのがあるそうですね。

さて、うろこ雲と言えば、さば雲、いわし雲とも呼ばれ、
澄んだ青い空にきれいな斑点や波状の模様をつくる秋の雲のこと。
これは上空の空気に温度差が生じ対流が起こるためにできる雲で、
低気圧や前線が近づいていることを示すもの。
そのため、この雲が現れると天気が下り坂になることが予想されるのだそうです。

ちなみに、雨にまつわる雲のことわざには、
“ひつじ雲が出ると翌日雨” “雲が北西に流れると雨近し”といったものも
あるのですが、やはりどちらも低気圧の影響を受けて起こる現象のようですね。

また天候の変化を示すのは空に浮かぶ雲ばかりではありません。
小さな生き物もしっかりと感じていて、
低気圧が近づき空気中の水分が多くなると、それを示す動きをするといいます。
“ありの行列を見たら雨” “トンボが低く飛ぶと雨”などのことわざは、
その一例と言えるでしょう。

こうしたことわざが当たる確率は約7割だそうです。
科学の粋を集めて導き出す気象庁の天気予報が80%強であることを考えれば、
けっして低い数字ではありません。
雲や虫の動きに見ることわざの天気予報。気象学の視点から見ても、
こんなにもしっかりとした科学的根拠があったのですね…☆

雲

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

エステティック製品におススメの滅菌方法

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

今日は「中秋の名月」。
そしてこれはまったくの偶然ですが、明日は「スーパームーン」と呼ばれる特別な月が見られる日なのだそうですね。

「スーパームーン」とは、月が地球に最も接近する時と満月が重なる現象をいうのだとか。年に1度くらいの割合で見られるそうですが、今回のように「中秋の名月」に続いて起こるのは、とても珍しいことのようですね。

宇宙の営みが導いてくれた、お月様三昧の貴重な天体ショー。
めったにないせっかくの機会ですから、夜空に月が浮かんだら大いに楽しんで、月のパワーをたっぷりと浴びたいものですね…。

☆★☆★ 高温による滅菌にご注意を! ☆★☆★

“白いシリーズ”でお馴染みのエステティック製品。先生方からのリピートオーダーも多い、人気のラインナップです。

エステティックラインナップ

そのご使用にあたっては、まず始めに滅菌や消毒をされるのではないかと思いますが、先生はどのような方法で行っていらっしゃいますか?

ご存知の通り、エステティック製品は表面にコーティングを施してある装置です。
そこで、滅菌をされる場合には、ぜひご注意いただきたいことがあるのです。

それは何かと申しますと、高温による滅菌です。
エステティック製品のコーティングは耐熱性に乏しく、高熱を加えると溶けたり、変色したりする可能性があるのです。
ですから、エステティック製品に関しては、オートクレーブまたはガス滅菌はあまりお薦めできる方法ではありません。

一番良いのは、やはり薬液消毒です。
プラスチック製品の消毒に使用するような一般的な薬液であればトラブルは殆どないのですが、念のためまずは少量でお試しになったうえで、長時間の浸漬を避けて行ってください。

エステティック製品は審美性が命ともいえるもの。そこはやはり美しさを損なわず、衛生面を徹底していただければと思います…。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼