TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

月別アーカイブ: 2014年5月

涼を呼ぶ緑のカーテン

こんにちは!

『目には青葉 山ほととぎす 初鰹』。

鰹の美味しい季節になりましたね!
5月〜6月にかけて旬を迎える“初鰹”は、脂が少なくさっぱりとしているのが
特徴ですが、その食べ方は地域によって千差万別。

関東では薬味と言えば生姜ですし、本場土佐ではスライスしたにんにくを
挟んで食べるのが主流です。そして時代を遡れば、江戸時代には
からし醤油で食すのが好まれていたと聞きます。

先生はどのような食べ方がお好みですか?
私は針生姜をたっぷりと乗せて食べるのが定番なのですが、からし醤油も
美味しそうですね。今度試してみたいと思います!


クールビズやエアコンの温度設定の工夫など、節電しつつも
夏を涼しく過ごすためのエコ対策。今やもう常識となりましたね。

先日発表された長期予報では、この夏も平年より気温が高めとの予想が出ていましたから、
今年もしっかりと対策をとる必要がありそうです。

とはいえ、エコ対策だって、どうせやるなら楽しみたいもの!
そこで今週は、目に楽しい、時には収穫あり!?の涼を呼ぶ演出について
お届けしたいと思います!!

◆◇◆◇グリーンは地球を救う!◆◇◆◇

窓や建物の壁面に植物を這わせて、室内の温度を下げようという“緑のカーテン”。
夏を涼しく過ごす知恵として昔から親しまれてきた方法ですが、ここ2〜3年、
エコな節電術ということで再び注目されるようになりましたね。

さて、“緑のカーテン”といえばツル性の植物で作られるものですが、
植える品種によって仕上がりや楽しみ方はずいぶんと違ってきます。

最近の一番人気は、やはりこのブームで一気に知名度を上げたゴーヤでしょうか。
切れ込みが深く、明るいグリーンの葉が、夏の強い日光を柔らかく遮ります。
昔から良く見られるヘチマは、葉が大きく折り重なるように生えるので
しっかりと影ができ、今でも根強い人気がありますね。
さらにゴーヤとヘチマの間をとって、明るすぎず暗すぎずというのがお好みなら、
キュウリもおススメです。
ゴーヤとキュウリに関しては実もつけますから、涼んで、楽しんで、味わってと、
まさに一石三鳥のカーテンといえますね!

また花を楽しみたいという場合には、アサガオやヨルガオなども良いようです。
『夕顔』の呼び名でも知られるヨルガオは香りも良く、芳香を放ちながら
白い花を広げる様は、夕涼みにちょっとした風情を添えてくれそうです。

神奈川県環境科学センターの報告によると、平均で1.7度は室温を下げる効果が
あるという“緑のカーテン”。
この夏は環境にやさしいグリーン作戦で、地球温暖化の防止にも役立つ
エコな節電を楽しんでみてはいかがでしょうか?

緑化

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

こだわりの演出

先生は、『レ・ミゼラブル』をご存知ですか?
フランス革命の激動の時代を描いた、
言わずとしれたヴィクトル・ユゴーの大傑作ですが
ミュージカルとしても四半世紀にわたって
人々に愛されてきました。

私はこのミュージカルの大ファンで
先日も帝国劇場に足を運んで観劇してまいりました。
演じられている役者さんが稽古のエピソードとして
こんなお話しをされていたのでご紹介します。

「演出のジョン・ケアードから、当時の歯科技術の話がありました。
当時は現在ほど技術が進んでいなかったので、
虫歯を治すことができず、当時の肖像画には
白い歯を見せて笑っているものがない、という話でした。
私たちは感心して、それ以来アンサンブル・キャストの間で
お歯黒が流行るようになりました。」

たしかにメインの役者さん以外は
多くのキャストの方がお歯黒をしているのは
知っていたのですが、こんなエピソードがあったとは。
客席からは見えにくいかもしれませんが
こういう細部へのこだわりがあってこそ、人々の心をつかむのだと思います。
そしてそのこだわりが「歯」にあることも
私としては嬉しいポイントでした☆

そこで今回のオススメは、
「お歯黒カラー」…はちょっと…なので
【青×白×赤】の
「トリコロールカラー」です!

miniス
ティックリガチャータイ
カラーゴム(ミニスティックリガチャータイ)

フランス国旗の青と赤はパリ市の紋章の色、
白はフランス王家の色であり、
パリと王家との和解の意味を表しているそうです。

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

透明感 or キープ力!どちらがお好み?

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

梅雨の季節を間近に控えた5月最後の1週間。
JR山手線の駒込駅からオフィスへと向かう道すがら見かける紫陽花も、小さな花の蕾をつけ始めました。

からりとした5月ならではの爽やかな空気の中で、新しい季節の到来を告げる花たちは、少しずつ準備を始めているのですね…

☆★☆★ 『クリア』と『トゥースカラー』の選択基準 ☆★☆★

欧米には、6月の花嫁は幸せになれるという「ジューンブライド」の言い伝えがありますが、今年もまたその季節が近づいてまいりましたね。

さて、“花嫁”といえば白いウエディングドレス、白無垢といずれも純白の衣装に身を包むもの。そうした白い装いに合わせて、挙式のときはカラーゴムも目立たないナチュラルなものにしたいとおっしゃる患者さんも多いと伺います。

TPでは『クリア』『ホワイト』『トゥースカラー』と、自然な色合いのミニスティック・リガチャータイを3色ほど揃えておりますが、中でもより歯に馴染むカラーとして推奨しているのが、『クリア』と『トゥースカラー』です。

クリアとトゥースカラー

※右半分にトゥースカラー、左半分にクリアを装着したもの

この2色、目立たないという点では互いに遜色なく、微妙な色の違いがあるだけでどちらを選ぶかは好みの問題のようにも思えますが、じつは用途によって細かい使い分けがあるのです!

透明で抜群の溶け込み力を持つ『クリア』は、「とにかく絶対に目立ちたくない!」という患者さんにお薦めのカラー。

クリア

※クリアを装着したもの

一方、黄色味が強く歯の色に近い『トゥースカラー』は、『クリア』に比べて着色しにくいといった性質があります。「元の色をキープさせつつ目立たないものにしたい」といった要望ならば、こちらがベストです。

トゥースカラー

※トゥースカラーを装着したもの

『クリア』と『トゥースカラー』。ともに歯に馴染むカラーですが、それぞれに得意とするパフォーマンスが違うわけですね!

もし結婚式を挙げられるという患者さんから、“目立たないカラーゴムで”とのご用命!?がございましたら、ワンポイントアドバイスとして2色の違いを説明されてみてはいかがでしょうか?
患者さんの色選びのお役に立てるのではないかと思います!!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

集客はアイデア次第!

TPOJのオフィスの近くに、『霜降銀座』『染井銀座』『西ヶ原銀座』という商店街があります。この3つ、延長線上に一続きになっており、すべてを合わせると全長800m以上はあろうかという、とても長~い商店街です。

一歩足を踏み入れれば、そこは今もなお昭和の面影を残す昔ながらの商店街。しかしながら、ソメイヨシノをイメージしたオリジナルの日本酒を造ったり、『ふれあいアートストリート』と称して店先に絵を展示したりと、PR活動にも力を入れているところです。

親しみやすい雰囲気でいつも賑わうこの商店街が、毎年一層の盛り上がりを見せる5月の中旬から下旬。その理由はとあるイベントにありました…。

◆◇◆◇東京北区のイベント上手な商店街◆◇◆◇

沢村一樹や中村俊介、最近では速水もこみちなどの主演によりテレビ化されている、内田康夫原作の推理小説『名探偵・浅見光彦シリーズ』。ご覧になったことはございますか?

その作品の中で、名探偵・浅見光彦が住む街として登場するのが、何を隠そうTPOJのオフィスのある東京都北区西ヶ原。
これにちなんで『霜降銀座商店街』と『染井銀座商店街』で主催するイベントが、毎年5月に行われる『ミステリーウォーク』です!

実行委員会が発行する『ミステリー手帖』なるものに書かれた短編ミステリーの謎を、街を歩きながら解いていくという『ミステリーウォーク』。
手帖の文章と地図をヒントに、文中の空欄となっている文字や言葉を探して歩くようになっているのですが、話の舞台は西ヶ原周辺。当然のことながら、近隣の名所やスポットが随所に出てきます。

今年のタイトルは“坂道に犯人(ホシ)を追う”ということで近辺のいくつかの坂を中心に話が進むのですが、バラが見頃を迎えた“旧古河庭園”や小説にも登場するお団子のおいしい“平塚亭”なども、さりげなく登場します。
もちろん、立ち寄りポイントとして商店街の中のお店も盛り込まれています! 商店街のPRを忘れないあたりは、なかなかの商売上手と言えますね‼

手帖を片手に浅見光彦よろしく、ゲーム感覚で参加できる『ミステリーウォーク』。小説の主人公になりきって楽しめるウォークラリーとは…老舗商店街も捨ててはおけません!その集客術のアイデアに思わず脱帽です‼

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

「青」の言葉の深さ

5月の晴れの日は清々しい気候で
気持ちよく過ごせるようになりましたね。

この季節の季語に「青嵐(あおあらし)」というものがあります。
「青々とした木々を吹き渡る初夏の風」のことですが
言葉を聞いただけでも気持ちの良さがイメージできますね。

しかしこの「青々とした木々」という表現、
ちょっと気になりませんか?
よく緑が繁っていることを「青々とした」と表現しますが
なぜ、「青」 を使うのでしょう?

調べてみると、こんな理由でした。

昔は色を表す言葉は「赤、青、白、黒」しかなく、
それ以外の色もこの四つの色に組み入れて表していたそうです。
「青」という言葉は「緑」色を表す範囲まで使われていたということです。

また、「青」は色だけでなく若やいだ状態をいうのだそうです。
「青春」とか「青年」という言葉がその例です。

だから、「青々とした木々」の色は
若々しい緑色を表現するということなのですね。
「青」という言葉一語に含まれた意味、
なかなか深いものがあるなと思いました。

そこで今回のオススメは「青系」で統一した爽やかカラー!

【ネイビー×ブルー×ティール×ライトブルー】

4色のコーディネイトです
カラーゴム(miniスティックリガチャータイ)

青いカラーゴム

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

先見の明あり!江戸のアイデア経営者

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

ワールドカップの日本代表が決まりましたね!
サプライズ選出もあり、選ばれたメンバーが話題となっていますが、その一方で大きな反響を呼んでいる中村憲剛選手のブログ。先生はお読みになりましたか?

代表入りが噂されながら悔しい結果となった今回の発表には、複雑な思いもあったと思いますが、すべてを受け止めて“感謝”という言葉で心境を綴った文章は、確かに胸に響くものがありましたね。
23人の代表メンバーに入れずともサッカーが楽しいと語る中村選手に、大きな称賛の拍手を送りたいと思います!!


江戸の頃より、経済と文化の中心地として栄えてきた日本橋。
伝統を守りながらも新たな発展を続け、今もなお創業100年を超える老舗が数多く軒を連ねています。

そんな老舗の一つに、鰹節専門店の「にんべん」があります。
鰹節やだしのメーカーとして、いまや業界でも有数のトップ企業となった「にんべん」ですが、長い歴史の中で取り組んできた数々の活動の中には、世界初となる試みがありました!

代々の当主の中でもとくに独創的なアイデアを持っていたという6代目が発案した、時代の一歩先を行くアイデア企画。それは一体どんなものだったのでしょうか…?

にんべん

◆◇◆◇ 鰹節の老舗で生まれた『商品券』 ◆◇◆◇

「にんべん」の創業は元禄12年(1699年)。伊勢の出身であった高津伊兵衛が日本橋四日市の土手蔵に戸板を並べ、鰹節と干魚で商いを起こしたのが始まりと伝えられています。

それから時代を下ること百十数年、「にんべん」の家督を引き継いだのが6代目当主の高津佐兵衛です。
佐兵衛は機知に富んだアイデアマンで、まさに時代の先駆者と言うべき経営者だったといいます。

そんな佐兵衛が行った取り組みの中で最も画期的だったのは、何といってもやはり“イの切手”の発案だったのではないでしょうか。

“イの切手”とは銀製の預かり証のことで、つまりは『商品券』にあたるもの。幕末から明治にかけて和紙に墨書、大正以降は印刷物と姿を変え、現在へと引き継がれています。
今でこそ『商品券』は一般的なシステムとなりましたが、佐兵衛が生きた天保の時代にあってはまさしく世界初の試み。きっと江戸の人々には目からウロコの斬新な企画であったに違いありません!

イの切手

類いまれなる発想力で江戸の「にんべん」を率いたCEO、6代目高津佐兵衛。
300余年に及ぶ老舗の基盤固めを担った経営手腕は、今の時代にも見習うべき成功哲学が大いにありそうですね

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

痛みも不安も和らげる☆【ヒートアクティベートワイヤー】

こんにちは。
あたたかい日が続いていますね

今回は、弾んだ心で【ヒートアクティベートワイヤー】をご紹介します

【ヒートアクティベートワイヤー】は、
今までのニッケルチタンワイヤーよりも柔らかく、
戻る力もゆっくりであることが特徴。
さらに、冷やすことで一時的に戻ろうとする力を無くすことができます。

ヒートアクティベートワイヤー

だから、力のかかり方が弱いばかりでなく、
治療初期やワイヤー交換時に痛みを感じたら、
冷たい物を口に含むことで患者さん自身が
自分で痛みを和らげることができる
のです。

「痛くなったら嫌だな」という不安を抱えている患者さんは多いですよね。
そんな患者さんに【ヒートアクティベートワイヤー】を使って
「痛くなったら、氷や冷たい水を口に含んでみてね」と伝えてあげてください。
きっと、患者さんのホッとした表情が見られることと思います。

【ヒートアクティベートワイヤー】は、
患者さんの痛みも、不安も和らげてくれるワイヤーなのです

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

上下の3番まで揃いました!【InVu mini】

おはようございます。
今回は、遂に上下3番まで揃った【InVu mini】をご紹介します。

「日本人の歯に合うサイズ」と
既に大好評をいただいている【InVu mini】。
色だけでなく、大きさも『患者さんの歯になじむ』ものになって
ますます誰もが求める審美性に応えられるようになりました。

その結果、導入されている先生から
こんな嬉しいご報告をいただきました↓↓

「いくつか選択肢は提案していますが、
女性はほとんど「一番キレイなこれで!」と即決しますね。
しかも最近、InVuを装着している患者さんからのクチコミが増えています。
紹介を受け来院した方々は開口一番で
「○○さんと同じもので!」とおっしゃいますよ。」

クチコミは、患者さんが満足しているからこそ生まれるもの。
きっと前向きに治療に取り組む患者さんの輝く姿が
周りの方の背中を押すのでしょう。

さらに、上下左右の3番が登場したことで、
“口元”として気になる部分がminiでカバーできるようになりました。
日本人の歯にぴったりマッチする【InVu mini】は
患者さんに選ばれ、患者さんが患者さんをよぶブラケットです!

↓新しく登場した3番mini、こんなに違います↓

InVumini

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。

エムディ リデューサーを支える小さな補佐役

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

5月も半ば、初夏を思わせる陽気の日も多くなり、一部の企業や行政では早くもクールビズが始まったようですね。
何でも環境庁が発表した今年のクールビズの期間は5月1日~10月31日だそうですが、この期間、4年程前までは6月1日~9月30日だったのだとか。

それが拡張されて、最近は1年の半分近くがクールビズの対象期間になっているのですね。ちょっとびっくりです
確かにこの数年“記録的な暑さ”という言葉を良く耳にするようになった気がしますが、それだけ環境の変化が進んでいるということなのかもしれませんね…。

☆★☆★ ストリッピングのお助け小道具 ☆★☆★

ほんの少しのスペースを作りたい時に重宝な『エムディ リデューサー』。 一見地味ながら、安定した需要力を持つTPの隠れた定番製品です。その証拠に、“TPさんで取り扱っていますか?”というお問い合わせを意外と多くいただきます。

エムディ リデューサー

さて、この『エムディ リデューサー』、ご存知のように手動のストリッピングでわずかな隙間を作ることができる便利なツールです。
しかし歯の接合がきつかったり、歯が捻転していたりする場合は、削合も容易ではありませんね。

そこで、そんな時に隠れた力を発揮するのが“セパレーションゴム”です!

セパレーションゴム

セパレーションゴムと言えば、本来はバンドを付ける際の隙間を作るためのものですが、これを歯と歯の間に入れてからストリッピングすると作業がしやすいとのこと。
またこれは余談になりますが、この方法は歯根膜を活性化する効果があり、レベリングも早くなるのだそうです。

作業がしやすくなるうえに、治療効果にも良い影響を与えるとは、セパレーションゴムの実力、恐るべし!
“一粒で2度おいしい”とは、まさにこのことですね
作業効率のアップを実感していただけるのではないかと思いますので、良かったらぜひ一度お試しになってみてください!!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

ポカポカしてるので…♪

5月に入って暖かい日が増えましたね
外回りの営業としては辛い部分もありますが(笑)

駅にあるツツジもこんなに見頃になっています。

つつじ

ホームから鑑賞できるので、ちょっとした安らぎを感じられます

今日は午前中のみの外出だったので、
駅~会社の帰り道を、いつもと違うルートで歩きました

路地

気持ちの良い路地~
うっかり探検気分です。

お寺

初めて訪れた最寄りのお寺。
奥に松が見えますが、いくつもフレームができているみたい…
この入り口、すごく素敵じゃないですか??

いや~楽しい散歩だっ…いえいえ、あくまで帰り道です!!
一応23区内ですが、この和やさに心癒されます

この記事を書いた人

TPOJカスタマーサポート
TPOJカスタマーサポート
『Personalized Color-Matching』
「個人個人が、自分に合った、自分らしさを演出できる矯正」というコンセプトのもと、先生やスタッフの方はもちろん、 患者さんにも快適な矯正ライフを送ってもらえるように、そのための材料やサービスを提供しています。