TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

カラフルな『リガチャータイ』が新境地を開く!?

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

春から初夏にかけての今頃は、ハーブが新芽を吹き始める時期。
我が家の玄関エントランスの横に植えてある数種類のハーブも、このところ急成長を見せるようになりました。

中でも著しい成長ぶりを見せているのは、レモンバームという品種のハーブでしょうか。先日ふと目についたそれは、30cm程に背丈を伸ばし、明るい緑色の葉を茂らせておりました。

そんな芽生えたばかりの柔らかい葉を早速摘んで、まずはハーブティーに。
ほのかにレモンの香り漂う初物を楽しんだところで、今年もいよいよハーブシーズンの開幕です…

★☆★☆ 火付け役は青文字系モデル!? ☆★☆★

“歯列矯正フェチ”――近頃、このキーワードがちょっとした話題を呼んでいるそうですね。

その火付け役となったのは、青文字系ファッション(東京の原宿で見られる奇抜なファッション)の人気モデル、紅林大空(くればやしはるか)さん。
じつは彼女、目下矯正中の現役患者さんなのですが、先日、某テレビ番組で“矯正フェチ子”として紹介されたことから、このワードと共ににわかに浮上してきたようなのです。

「とにかく可愛いんですよ!」と矯正を絶賛してやまない紅林さん、その陶酔 ぶりもさることながら、それに加えてもう一つ、色とりどりの『リガチャータイ』で演出したカラフルな口元が注目を集めているのだとか。

個性的な原宿系ファッションとともに、赤・青・緑・黄色…とポップな色の『リガチャータイ』で魅せた口元は、今やすっかり彼女のトレードマーク。
矯正装置でさえもおしゃれに楽しんでしまうあたりは、やはり個性的なファッションを得意とする原宿系モデルの本領発揮といったところでしょうか。

さてさて、こうした紅林効果!?があってか、このところ矯正治療に対する関心度がじわじわと上がってきているような気がいたしますね。
そして、さらに言えば、カラフルな『リガチャータイ』が患者さんの間で流行の兆しを見せ始めたとの見方もあります。 

リガチャータイ

…と言ってはみましたが、これはまあ矯正メーカーとしての願望を多分に含んだ見解です。ただ何にせよ、“矯正を楽しもう”というオピニオンリーダーが現れたことは、大変喜ばしいことではないかと思います。
矯正装置をおしゃれアイテムのように楽しんでしまう新発想。これはひょっとしたら、矯正治療に新たな境地を開くムーブメントとなるかもしれませんね!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼