TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

クリンパブルフックを10数秒で取り付けるには

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

先週、沖縄が梅雨入りし、今年も雨のシーズンがスタートいたしました。
奇しくも沖縄に梅雨入り宣言が出た日は東京も雨模様で、私も傘をさしての出勤となったのですが、歩きながらふと傘の中というのは不思議な空間だと感じました。

傘に当たる雨粒の音だけがやけに鮮明に耳元に届き、傘の下には自分だけの小さな世界が広がります。
日々のこと、これからのこと。周りの風景から切り取られた傘の中であれこれと思いを巡らしながら歩くと、思いの外集中できて、ここが意外な試案場所であったことに気がつきました。

おそらくもう3週間もすれば、東京にも梅雨前線が北上してまいります。
先日の新たな発見のおかげで、今年はうっとうしい梅雨も少しは楽しむことができそうです。

★☆★☆ 背面をつまんでスムーズ装着 ☆★☆★

弊社のロングセラー製品の一つ、クリンパブルフック。その装着の難易度はそれほど高いわけではありませんが、細かい装置だけに意外と手間を取られるものなのではないでしょうか?

そこで今週は、そんなクリンパブルフックの装着作業を円滑に行う方法をご紹介いたします!

といっても、難しい操作は一切ございません。
まずは袋から取り出したクリンパブルフックを、

袋から出す

装着の前に『背面』(切れ目の入っていない面)を上にして台に置く。

並べる

そして、あとは『背面』からフックに向けてプライヤーを沿わせるようにしてつまみ、

つまむ

装着する。

装着

コツはただそれだけです。あらかじめ『背面』を上に向けておくことで、スッと簡単に挟み上げることができるというわけですね。
たくさん装着される場合には、とくにこの流れが効率アップの鍵になります。

ちなみに装着の様子は、こちらでも紹介しています。


装着完了までにかかる時間はおよそ18秒。
もっともこの18秒というのは、弊社スタッフが取り付けた時のタイムですので、先生が作業される場合にはよりスピーディな装着が可能ですね。

さて、こうして文字にしてしまうと本当に採るに足らない話で、わずかな時間短縮を生むだけのものに過ぎないかもしれません。
しかし、小さな差も積み重ねれば、それはチェアタイムの短縮に繋がるものなのではないでしょうか…

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼