TPOJ通信

スタッフが日替わりで更新していく日記です☆
よろしくお願いします!

矯正材料で作る『ブレスレット』

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

本日6月22日は、今年の夏至だそうですね。

夏至といえば夏の季語の一つですが、同じくこの季節の季語に
“驟雨(しゅうう)”という語句があります。
突然激しく降り出してしばらくすると止んでしまう雨。驟雨とは
そんな夕立のような雨を指す言葉ですが、最近の雨の降り方を見て
いると、まさにそんな言葉が思い浮かびます。

梅雨時の雨は“しとしと降る”といったイメージがあったのですが、
最近はお天気事情も、少々様子が変わってまいりましたね…。

☆★☆★ Eチェーンとリガチャーゴムの有効活用!? ☆★☆★

6月4日〜10日の1週間にわたって実施された“歯と口の健康週間”。
これにちなみ、6月は歯に関するイベントが全国各地で催されます。
じつは先日、そうしたイベントの一つにご縁があり、僭越ながら
弊社もある催しに参加させていただきました。

それはスタンプラリーやビンゴなどを中心としたファミリー向けの
お祭りイベント。そうした趣旨の催しだったこともあり、TPOJでは
矯正装置に楽しく触れていただけるよう、Eチェーンと
ミニスティック・リガチャータイを使ったブレスレット作りを企画
いたしました。

イベント

さて、このブレスレット作りに使われた2つの製品は、ご存知の通り、
ゴム素材でできています。そのため、時間の経過とともにどうしても
劣化してしまう製品です。
そこで今回のイベントでは、一定期間を過ぎ製品としてお出しする
にはやや難あり!といったものを利用して、『ブレスレット』作り
を楽しんでいただいたのです。

イベント会場では「これも矯正に使うの?」「かわいい」と、カラフル
な矯正材料に多くの来場者が興味津々。
そんな様子を見ていて思いついたのが、劣化したEチェーンや
ミニスティック・リガチャータイの活用方法です!

もし、先生のお手元に劣化してしまったものがありましたら、
『ブレスレット』を作って院内にディスプレイし、矯正装置に親しむ
ためのツールとして活用されてみてはいかがでしょう。
色見本としてお使いいただくこともできるかもしれませんね。

『ブレスレット』の作り方はいたって簡単です!
まずはお好みのリガチャーゴムをEチェーンに通して装飾します。
次にEチェーンの左端と右端を、同じリガチャーゴムの中で交差させる
ように通して止め、輪を作れば完成です。

ブレスレット

古くなったEチェーンやミニスティック・リガチャータイ。これまで
は処分してしまっていた先生も多かったと思います。しかし、こんな
形で有効活用してみるのも、“有り”なのではないでしょうか?

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼