作成者別アーカイブ: 佐藤

佐藤

佐藤 について

2009年入社。 マーケティングチームでライティング業務を担当しています。 浅草生まれの葛飾育ち! 下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

ミニスティック・リガチャータイ、人気の色は…

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

ふと気がつけば…夏休みのシーズンに入りましたね。

社会人ともなると、夏休み=お盆というのが一般的なので意識もしていなかったのですが、先日町内会の掲示板に“ラジオ体操のお知らせ”が貼られているのを見て、世間は夏の長期休暇に入ったのだと改めて気づきました。

お子さんや学生さんにとっては、待ちに待った楽しい夏休み!の始まりですが、先生にとってはお忙しい時期に入ったのではないでしょうか。
夏の暑さもこれからが本番です。どうぞ体調にお気をつけて、診療にあたられてくださいね。

★☆★☆  ここ最近の『人気色』ランキング!  ☆★☆★

カラーゴム

ナチュラルなものからカラフルなものまで、全部で20色のカラーを持つミニスティック・リガチャータイ
そういえばどんな色が『人気色』なのかといったことについては、これまであまりお知らせしたことがありませんでしたね。

ここ2カ月に絞ってそのランキングの一部を見てみますと、大差で圧勝だったのが1位のクリアと2位のトゥースカラーです。
ゴム自体が主張せず、世代やブラケットを問わずお使いいただける色ということなのでしょうね。

そして次いで人気があったのは、少し意外な気もいたしますがシルバーグレー。メタルブラケットに合わせる方が多いのか3位に入っておりますね。ちなみにこのベスト3はここ最近のランキングに限らず、常に同じ並びで上位を独占しているトップ集団です。

さて、ここから先は若い世代や女性に人気の高いカラフルなリガチャータイがランキングを占めてまいりますよ。
というわけで、『人気色』第4位はライトブルー。南の島の空を思わせる爽やかさは夏にぴったりの色ですが、実際は1年を通じて人気が高く、カラフルなタイプの中で最も選ばれている不動の『人気色』です。

それから続きまして、第5位がイエローになります。
…と、ここであることに気が付きました。イエローの次点につけたのはペールピンクなのですが、じつは少し前までこの5位に君臨していたのはペールピンクでした。
そう、イエローといえばブラジルカラー!! これは来週末に開催を控えたリオ五輪を受けてのイエロー人気ということかもしれませんね!

リガチャータイの色選びは、患者さんご自身が決められることも多いかと思います。しかし時にはご相談を受けることもあるのではないでしょうか?
そんな時には、『人気色』からご提案されてみるのも一案かもしれません。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

心惹かれる『青い風景』

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

本日は連休最終日、海の日ですが、先生はここ最近で最後に海に行かれたのはいつでしょうか?

私は夏の海ということでは、もう10年近く前になります。最近というにはあまりにも時間が経っておりますが、以前は小さかった子供たちを連れて、良く行ったものでした。
ただ我が家の場合、海といっても海水浴ではなく、潮の引いた岩場で磯遊びをすることの方が多かったでしょうか。

ライフジャケットを着込み、岩場に出来た水たまりで小さな魚やカニなどを捕まえては、“獲ったどー!”と喜々とする。私の記憶には、ごく普通に浜辺で遊ぶ光景よりも漁に勤しむ!?彼らの姿の方が、どうにも強く記憶に残っているのですよね…


青、藍、碧。
どれも“あお”と読む漢字ですが、それぞれが持つ色合いには微妙な違いがございますね。

一口に青といっても、その表情はじつに多彩です。
そして、それは風景においても言えること。

雄大な自然を誇る北海道には、様々な『青い風景』があるといいます。
海も空も湖も、北の大地に広がる青はとてつもない美しさを有しているようです。

◆◇◆◇ 北の大地に点在する“○○ブルー” ◆◇◆◇

北海道の海と沖縄の海。どちらも同じく青い色をしていますが、どこか印象が違うと感じられたことはないでしょうか?
じつは地球に届く太陽光線は極に近い程青みを帯び、赤道に近い程赤みを帯びるのだそうです。

だからでしょうか。日本の中で最も北極に近い北海道の『青い風景』はひと際印象が深く、“○○ブルー”と呼ばれる青がいくつも存在します。

例えば有名なところでは、積丹半島から大海原を望む「積丹ブルー」。道内でも屈指のブルーの名所と言われるここは、沖合に向かう程に濃さが増し、吸い込まれるような深い“藍”の風景が見られます。
積丹ブルー

[積丹ブルー]

対して、富良野に程近い美瑛町近辺で見られるのが、明るいコバルトブルーの「美瑛ブルー」です。
美瑛川の堰き止め工事によって偶然できた人工池は、近年“青い池”として一躍有名になりましたね。水彩絵の具を思わせる幻想的な“碧”は、上流の温泉から流れてくるアルミニウム含有の地下水と美瑛川の水が混ざることで生まれた、まさに偶然の産物。

美瑛ブルー

[美瑛ブルー]

また、さらに東部へと移動し摩周湖の近くまで足を延ばすと、抜群の透明度を誇る「神の子池ブルー」というのもありますね。
全周220m、水深5mと規模は小さいものの、摩周湖から湧き出す神の子池の伏流水は、池底に沈んだ倒木までもが確認できるほどに澄んでいます。
その昔“限りなく透明に近いブルー”という小説がありましたが、この池の“碧”はまさにそんな表現がぴったりとはまります。

神の子池ブルー

[神の子池ブルー]

青という色には気持ちを穏やかにし、リラクゼーションをもたらす効果があると申します。
時に開放的で、時に神秘的な北の大地の『青い風景』は、じつに様々な語り口で人の心を癒してまいります…。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

白いワイヤーの“剥がれ”を検証してみたら…

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

土と緑。これがあるだけで2℃は気温が違うでしょうか。

先週の日曜日、所用で表参道に行ったので、そのついでに明治神宮まで足を延ばしてみました。その日は気温が35℃を超える猛暑日だったのですが、明治神宮を囲む鎮守の杜は緑が深く、表参道の街中と違って気温程の暑さを感じることはありませんでした。

何でも大正9年に神社が建立された折に、100年後に自然の森として完成するように植樹されたという明治神宮の森。
かつて人の手によって始まった人工の森も長い時を掛けて成長し、今や立派な自然林。むせ返るような暑さも、木々が鬱蒼と茂る豊かな緑の中ではほんの少し影を潜めておりました…

★☆★☆ “剥がれ”防止の秘訣はブラッシングにあり!  ☆★☆★

エステティックワイヤーを使うにあたって気になること。
それは何といってもコーティングの“剥がれ”だと思います。

事実、この“剥がれ”問題はエステティックワイヤーの発売以来、TPでも大きな悩みどころでございました。そんなわけで、じつは密かにコーティングを長持ちさせる方法を試行錯誤していたのですが、ここに来て「秘訣はブラッシングにあり!」という確信を得るに至りました。

その確信をもたらしてくれたのは、弊社の営業スタッフ・阿部です。
阿部は現在InVuとエステティック製品で矯正治療中なのですが、弊社で考えた『お手入れのコツ』に沿ったブラッシングを実践したところ、装着後3カ月を経過した時点でも、わずかな“剥がれ”が見られる程度のきれいな状態を保っています。

3ヶ月経過

[装着後3カ月の写真]

さて、阿部が実践したブラッシング。そのコツは全部で3つあります。

まず一つ目は毛の柔らかい歯ブラシと、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うこと。コーティングの傷は“剥がれ”を招く原因となるので、それを防ぐ道具を使うことをお薦めします。

次に、毛先を歯面に届かせるようにブラッシングするのが2つ目のコツです。ワイヤーの上からゴシゴシ磨くのではなく、いろいろな角度から歯ブラシを当てるようにすると、毛先がしっかり歯面だけを捉えるようですね。

そして最後、3つ目はワンタフトブラシや歯間ブラシの活用です。ブラケット周りやワイヤーの下などは汚れがたまりやすいにも関わらず、普通の歯ブラシではお掃除がしにくい場所。そういった箇所はブラシの種類を変えて、ワイヤーを避けるように丁寧に磨くのが得策です。

お手入れのコツ

[お手入れのコツ(クリックで拡大)]

普段の歯みがきをほんの少し意識するだけで、エステティックワイヤーは予想以上に長持ちします。これは弊社営業スタッフの体を張った!?実験から得た確証といっても良いかもしれません。
もし先生の患者さんでエステティックワイヤーをお使いの方がいらっしゃるようでしたら、この『お手入れのコツ』をぜひ紹介されてみてください!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

日本一の霊峰・富士とともに名を刻む

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

“茅の輪(ちのわ)くぐり”という行事をご存知でしょうか?

お正月からの穢れ(けがれ)を祓い、残り半年の無病息災を願う神事で、茅(かや)で作られた直径3m程の“茅の輪”を、8の字を描くようにくぐるというものですね。
私の家の近所には、この“茅の輪くぐり”が行なわれる神社がいくつかあって、今頃の時期になると境内に大きな“茅の輪”が置かれている光景をよく見かけます。

これが毎年6月終わりの行事だからでしょうか。“茅の輪くぐり”を迎えると、一年の折り返しに来たということに気づき、時の流れの速さを実感します。


標高3776メートル。日本一の霊峰・富士。
2013年に世界文化遺産に登録され、まさに名実ともに“日本の象徴”となったのは、未だ記憶に新しいですね。

そうした影響もあってか富士山人気は年々高まりを見せているようですが、それとともに増え続けているのが、富士山をモチーフとした富士山グッズです。
傘にエプロン、それからグラスなど、様々なグッズが存在するとのことですが、その中にはオフィスや日常で活躍する事務用品もあるようです。

◆◇◆◇ 仕様もデザインも様々な『富士山はんこ』 ◆◇◆◇

富士山ハンコ

荷物の受け取りや書類の確認などの際に使われるはんこ。
名前だけが彫られたものが一般的ですが、バラエティに富んだ富士山グッズのラインナップの中には、富士山のイラストが入った『富士山はんこ』なるものがあるのだそうですね。 

その種類は一般にシャチハタと呼ばれる浸透印タイプと、朱肉を使う印鑑タイプの両方があり、デザインも様々なものがあるようです。

例えば、富士山のみがシンプルに描かれているものもあれば、ダイヤモンド富士、桃やぶどうなどが一緒にレイアウトされているものもあり、いくつかのバリエーションが見られます。
また葛飾北斎の「富嶽三十六景」を模した精密な図案もあり、こちらは印鑑タイプであれば銀行印としても使用可能なものなのだとか。

さて、上記のタイプを始め、殆どのものはインターネットで購入できるのですが、せっかくならば足を運んで手に入れたい富士山限定の『富士山はんこ』もあります。

富士スバルラインの終点、富士山5合目にある“富士山五合目簡易郵便局”では、頂に雪をかぶった富士山がデザインされた『富士山はんこ』が売られています。
購入したい名前のものがなければオーダーで作成でき、出来上がったら郵送もしてもらえるのだとか。価格も800円とお手頃な値段で、そういった意味でもなかなか購買意欲をそそられるものですね。

名前だけが彫られたはんこであっても用は足りますが、日本一の富士山がデザインされた『富士山はんこ』を見てしまうと、何だか普通のはんこが無味乾燥なものに思えてきますね。
絵画や和歌など、古くから創作活動の題材となってきた富士山。今は富士山グッズの分野にまで及んで、日常生活のワンシーンに彩りを添えてくれているのですね。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

続・クリンパブルフックの装着について

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

★☆★☆  先生方からご意見いただきました!  ☆★☆★

“クリンパブルフックは、切れ目の入っていない背面を上に置くとつまみやすく、スムーズに装着できる”――。
5月23日号の記事で、そうした『クリンパブルフックの装着方法』についてお届けしたのですが、じつはこの方法、実際にやってみると“背面を上に置く”という点が意外と労力を要します。

そこで、ご紹介したやり方以外に“良い方法をご存知でしたらシェアさせてください!”と募りましたところ…いただきました! 
お二人の先生から貴重なご意見を!!

まず「硬い机の上ではなく、手のひらにクリンパブルフックを乗せてプライヤーでつまむ方が楽なのでは?」 とのご意見をくださったのは、仙台で開業されている堀内先生です。
手のひらは弾力があり、指先の感覚が伝わりやすいということもあるのでしょうか。確かに机の上でつまむよりも操作しやすいと感じました。

一方、ある仕掛けを使って装着しているとおっしゃるのが千葉県木更津市に院を構える有島先生。
マグネットシートを敷いた浅いケースにクリンパブルフックの背面を上にして並べ、その状態でガス滅菌をされていらっしゃるそうです。

ちなみに使用するマグネットシートは、磁力が強すぎると砂鉄のように一つに固まってしまう可能性もあるので、簡単に外れない程度の磁力のものが良いのだとか。また固定させることや掴みやすさを考えると、多少の摩擦や弾力も必要なのではないか、とも教えていただきました。


お二人の先生からレクチャーいただいた上記の方法、実際に手を動かしてみると、いずれも“労少なくして功多し!?”を実感いたします。
手のひらにクリンパブルフックを置き、ピンセットの先で転がすようにすると背面が上を向きやすく、よりスムーズに並べることができます。
また、マグネットシートに並べて置くとケースを傾けても動かないので、つかみやすい角度からプライヤーを当てることが出来ました。

先生方はやはり、いろいろと良い方法をご存知なのですね。
ご意見を寄せてくださった先生方、誠にありがとうございました!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

辞書を読む?ディープな本の楽しみ方

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

みょうが、新生姜、とうもろこし等々。
夏野菜が出始めると、我が家では早々に食卓に上るメニューがあります。

それは天ぷらです。
瑞々しく爽やかな夏野菜をカラリと揚げた天ぷらは、この季節の大きな楽しみ。揚げ物は嫌いではないけれど量が食べられない私も、気が付けば箸が止まらないことが少なくありません。

とうもろこしは実を削ってほぐし、新生姜は千切りに。多くはそんなふうにしてかき揚げにして楽しむのですが、そうすると素材の持つ甘さや辛さがとても良く引き立ちます。
そして、これに香りのよい蕎麦でもあれば…、もう言うことはありません。十分すぎる夏の贅沢です


小説、純文学、それともミステリー?
いずれにしても読書といえば、ストーリー性のあるものを読むというのが共通認識になっているものですね。しかし、本来は調べることを目的とした辞書にも読み物としての楽しみはあるのではないでしょうか。

何でも聞くところによれば“新明解国語辞典”には、ディープな楽しみ方があるとのことなのですが…。

◆◇◆◇  読み応えたっぷりの“新明解国語辞典”  ◆◇◆◇

辞書

もう20年近く前のベストセラーになりますが、赤瀬川原平さんの著書に、「新解さんの謎」という本があります。それは“新明解国語辞典”の面白さをユーモアたっぷりに掘り下げたものなのですが、赤瀬川さんはこの中で『辞書を読む』楽しさについて語っています。 

さて、その『辞書を読む』楽しさ。「新解さんの謎」を見る限り、それは語句の解釈と用例の中に隠れているようですね。

まずは語句の解釈ですが、例えばこんな項目が見受けられます。

【号泣】:(ふだんは泣かない大の男が)天にも届けとばかりに悲しみ泣くこと。
【人生経験】:人生の表街道を順調に歩んで来た人にはとうてい分からない、実人生での波瀾に富み、辛酸をなめ尽くした経験。
数ある辞書の中でも特に個性的と言われている“新明解国語辞典”。これはほんの一例ですが、この解説を見る限り、読み物として十分通用する面白さがありますよね。

また用例もなかなか読み応えのあるものが揃っているでしょうか。

【いちどに】:「――ビール1ダースを飲み干した/――酔いがさめた」
【飛び出す】:「ぎっくり腰で軟骨が――」
ビールを1ダース飲み干す? 軟骨が飛び出す?
どちらも独特のセンスがありますね。巧みなユーモアが感じられます。

本来は言葉の意味を調べることを目的とした辞書ですが、じっくりと読み解いていくと、意外な面白さが発見できます。
独自の視点で言葉を編んだ “新明解国語辞典”。ページをめくっていくうちに、思わず『辞書を読む』楽しさにはまってしまいそうな予感がいたします♪

*記事で紹介した語句の解釈は、“新明解国語辞典”第七版より引用しています。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

InVuのディボンディングに向くプライヤー

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

安土桃山時代の画壇で活躍した絵師の一人・長谷川等伯。
少し前のことになりますが、その代表作として知られる「松林図屏風」を、テレビで目にいたしました。

靄に包まれる松林を墨一色で描いた「松林図屏風」は、侘びの境地を表現したと評される近世水墨画の最高傑作。
テレビ画面に映し出されたその屏風絵は、墨の濃淡だけで描かれているにも関わらず、茶色や青みをも感じさせる豊かな色彩を放っておりました。

そういえば、“墨に五彩あり”という古い言葉があったでしょうか。
墨色とは無彩色のようでいて然にあらず。じつは驚くほど多彩な表情を見せる色なのですね…。

★☆★☆『スタンダードリガチャーカッター』と『リンガル用ディボンディグプライヤー』☆★☆★

弊社でお取り扱いしているプライヤーの一つに、『スタンダードリガチャーカッター』という製品があります。
本来はシャープな刃でワイヤーやピンをカットするためのものですが、TPOJでは、InVuのディボンディングにもご使用いただきたいとして推奨しているプライヤーです。

スタンダードリガチャーカッター

これには、InVuが特殊な構造を持つセラミックブラケットであることが大きく関係しています。
というのは、本体がセラミック、ベース面がコンポジットで出来ているInVuは、ベース面と歯面の間に『スタンダードリガチャーカッター』の薄い刃を入れることで柔らかいベースがたわみ、ブラケットが外れる仕組みになっているのです。

さて、こうした理由からInVuのディボンディングにはまずは『スタンダードリガチャーカッター』をお奨めしているわけですが、このセオリー、じつは適用できるプライヤーがもう一つあるようですね。

それは『リンガル用のディボンディングプライヤー』です。
ベース側面を両側から挟み込み力を加えることが出来る『リンガル用のディボンディングプライヤー』は、刃先をベースと歯面の間に入れやすく、スタンダードリガチャーカッター同様の働きをすると考えられます。
ある営業スタッフの談によれば、このプライヤーで実践されている先生もいらっしゃるとのこと。

もしかしたら、こちらの方が相性の良い先生もいらっしゃるかもしれませんね。
スタンダードリガチャーカッターがしっくりこない場合には、こちらをお試しいただくのも良いのではないでしょうか?

『スタンダードリガチャーカッター』と『リンガル用のディボンディングプライヤー』。
InVuのディボンディングにはこうした選択肢があるということをご記憶いただけましたら幸いです!

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

花菖蒲の陰にマーケティング戦略あり!?

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

いつも歩いている道路。
普段は意識することなく通り過ぎているものですが、時に思いもよらない表情を見せることがあるものですね。

先々週のことだったか雨の日があり、歩きながら何ということなしに足元に目をやると、地面にハート模様の水たまりが出来ておりました。
道の凹凸が偶然浮かび上がらせた、ある意味“雨模様”。
思わず頬の緩む、小さな発見でございました


東京の葛飾に、堀切菖蒲園という花菖蒲の名所があります。

隅田川の分流が流れる湿地帯であった堀切一帯は、かつていくつもの『花菖蒲園』が見られ、江戸時代には「江戸百景」の一つとして、歌川広重や国芳らの浮世絵に描かれるほどの観光文化を成していたといいます。

今でこそ、その景観を伝えるのはこの堀切菖蒲園のみとなりましたが、江戸の庶民に高い人気を博していたという堀切の花菖蒲。
その人気の陰には、もしかしたら巧みなマーケティング戦略が隠されていたかもしれません…。

◆◇◆◇  観光スポットとなった『花菖蒲園』  ◆◇◆◇

花菖蒲

鉢植えではなく、『花菖蒲園』という形で群生する花菖蒲を愛でる。
このスタイルは江戸の末期、ここ堀切で発祥したものなのだそうですね。

当時、江戸に出荷する切り花の生産地であった堀切。そんな農村の地に江戸の観光スポットとなる『花菖蒲園』が生まれたのには、後に小高姓を名乗る伊左衛門というお百姓さんの功績があったといいます。

四季折々に栽培する草花の中でも特に花菖蒲に惹かれたという伊左衛門さん、何でも花菖蒲の育種家や愛好家から様々な品種を集めては、それを繁殖させていったのだとか。
花菖蒲の新品種の収集と繁殖はその後も世代を超えて続けられ、伊左衛門さんの菖蒲田はやがて200の品種を超える『花菖蒲園』へと至ります。

そして時を同じくして堀切にはこうした『花菖蒲園』がいくつか誕生し、江戸庶民に人気の行楽地となっていくのですが、それには舟を使って隅田川を渡り気軽に行けることや、誰でも自由に見学できるという大衆性も大きかったようです。

無料で楽しめる近場の行楽スポット。
こうして見ていくと、『花菖蒲園』は企業がPRのために開いている“ショールーム”のような立ち位置にあったのかもしれませんね。
となると、人気浮世絵師が描く浮世絵は、さしずめ広告ポスターといったところになるのでしょうか?

意図したこととは思いませんが、それにしても巧みな展開。今も昔も、成功の裏にはマーケティング戦略というものが存在するものなのでしょうね…。

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

女性に嬉しい「視覚マジック」

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

リオ五輪出場をかけたバレーボールの世界最終予選。先週見事に出場枠を獲得した女子に続き、男子もこの週末にプレーオフとなりました。

じつは我が家はバレーの試合が結構好きで、今回も欠かさず家族で観戦しているのですが、この大会においてはやや消化不良の感があります。
というのは、バレーボール部に所属する高校生の息子が、とにかく騒がしいのですね。プレーの解説はまだしも、檄を飛ばしたり、ダメ出ししたり、観戦中ひたすら声を張っていて、おかげで今ひとつ試合に集中できません。

おそらくリオの時はもっと熱くなるのでしょうね…。
同じスポーツをやっているので気持ちは分からなくはありませんが、今夏の試合観戦を思うと、今からげんなりしてしまう佐藤です


“青と黒”それとも“白と金”?
1年程前だったでしょうか。インターネットに掲載されたドレスが人によって違う色に見えるという画像が、世界中で話題を呼んだことがありましたね。

人間の視覚には無意識のうちに光の影響を補正して見ようとする働きがあり、 先般のドレスの色はまさにその生理機能が生んだ現象でしたが、こうした「目の錯覚」は、これに限らず種々あるといいます。

否応なしにはまってしまう 『視覚マジック』。スタイルアップを目指したい女性には、メリットを持つものもいろいろとあるようですが…。

◆◇◆◇ 目の錯覚で、着やせ&小顔効果!?  ◆◇◆◇

俗にいう目の錯覚。学術的には「錯視(さくし)」と呼ばれておりますが、これにはじつに多くの種類が存在します。
そして、そうした錯視の中には、女性にとって嬉しい効果をもたらしてくれるものもいくつかあるようですね。

例えば“デルブーフ錯視”と“ミュラー・リヤー錯視”。前者が円を二重に描くと内側の円が実際よりも大きく見えるといったもので、後者は矢の先が内向きになった矢印で一本の線を挟むと線が長く見えるという錯覚です。

錯覚

アイラインで目の周りに外円を描き、マスカラやつけまつげを使って外側に向かって矢羽が開く形を作ると、目が大きく見える。多くの女性が既に活用している『視覚マジック』ですよね。

一方、より細く見せたい場合には、見えない部分を脳が自動的に補うという“アモーダル補完”が有効です。細い足首だけが見えるアンクル丈のパンツは、足全体を細いと感じさせることができるスグレモノ。夏へと向かうこれからの季節には外せないマストアイテムです!

amodal

さて、こうなったら色による『視覚マジック』も取り入れたいものですね。
まず一つは、同じ色を並べると繋がって長く見える“ゲシュタルト群化”。ファッションコーディネイトの配色テクニックに応用できるでしょうか。
それからメイク術では、顔の中央に明るいトーンのファンデーションを塗ってフェイスラインと対比させれば、グラデーションの濃色部分を影と認識する“輝度勾配”が働いて、小顔効果が期待できます。

輝度勾配

『視覚マジック』がもたらす目の錯覚。脳の混乱から起こる勘違いではありますが、こんな誤算ならどれだけ多くても大歓迎というものですね

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼

クリンパブルフックを10数秒で取り付けるには

TPOJカスタマーサポートの佐藤です。

先週、沖縄が梅雨入りし、今年も雨のシーズンがスタートいたしました。
奇しくも沖縄に梅雨入り宣言が出た日は東京も雨模様で、私も傘をさしての出勤となったのですが、歩きながらふと傘の中というのは不思議な空間だと感じました。

傘に当たる雨粒の音だけがやけに鮮明に耳元に届き、傘の下には自分だけの小さな世界が広がります。
日々のこと、これからのこと。周りの風景から切り取られた傘の中であれこれと思いを巡らしながら歩くと、思いの外集中できて、ここが意外な試案場所であったことに気がつきました。

おそらくもう3週間もすれば、東京にも梅雨前線が北上してまいります。
先日の新たな発見のおかげで、今年はうっとうしい梅雨も少しは楽しむことができそうです。

★☆★☆ 背面をつまんでスムーズ装着 ☆★☆★

弊社のロングセラー製品の一つ、クリンパブルフック。その装着の難易度はそれほど高いわけではありませんが、細かい装置だけに意外と手間を取られるものなのではないでしょうか?

そこで今週は、そんなクリンパブルフックの装着作業を円滑に行う方法をご紹介いたします!

といっても、難しい操作は一切ございません。
まずは袋から取り出したクリンパブルフックを、

袋から出す

装着の前に『背面』(切れ目の入っていない面)を上にして台に置く。

並べる

そして、あとは『背面』からフックに向けてプライヤーを沿わせるようにしてつまみ、

つまむ

装着する。

装着

コツはただそれだけです。あらかじめ『背面』を上に向けておくことで、スッと簡単に挟み上げることができるというわけですね。
たくさん装着される場合には、とくにこの流れが効率アップの鍵になります。

ちなみに装着の様子は、こちらでも紹介しています。


装着完了までにかかる時間はおよそ18秒。
もっともこの18秒というのは、弊社スタッフが取り付けた時のタイムですので、先生が作業される場合にはよりスピーディな装着が可能ですね。

さて、こうして文字にしてしまうと本当に採るに足らない話で、わずかな時間短縮を生むだけのものに過ぎないかもしれません。
しかし、小さな差も積み重ねれば、それはチェアタイムの短縮に繋がるものなのではないでしょうか…

この記事を書いた人

佐藤
佐藤
2009年入社。
マーケティングチームでライティング業務を担当しています。
浅草生まれの葛飾育ち!
下町エキスがたっぷりと染み込んだ江戸っ子です‼