M-D リデューサー

粗めでザクッと削合、細かめで仕上げ。

ほんのちょっとストリッピングをしてスペースを作りたい。
そんな時に重宝なのがM-D リデューサーです。

M-D リデューサー

販売名:エムディ リデューサー 一般的名称:歯科研削用ストリップ 一般医療機器 医療機器届出番号:13B2X00175000018

持ち手が付いているから使いやすい

M-D リデューサー

通常、『研削用ストリップ』というと、細長い板状になっているものが多く、両手で操作しなければならないので、扱いに困る先生もいらっしゃるかもしれません。
しかし、TPの「M-D リデューサー」にはしっかりとフレーム(持ち手)が付いています。

このフレームが、大きな特徴。
軽い力で十分ストリッピングできる上に、微妙な角度もつけやすいのです。
力も向きも加減ができるため、思い通りにコントロールすることが可能です。
エナメル質を削りすぎてしまうということもありません。

「粗め/細かめ」を使い分けられる

目の種類は「粗め/細かめ」の2種類があり、それぞれ両面と片面のタイプを揃えています。
症例にあったかたちでお選びいただけます。

粗めでザクッとスペースをつくり、細かめでキッチリ研磨をすれば、より綺麗な仕上がりに整えることができます。

販売単位

100-701 M-D リデューサー キット
フレーム1、細め両面ブレード・粗め両面ブレード各5枚

M-D リデューサー

<補充用品>
100-700 フレーム
100-703 細めブレード 両面 10枚入り
100-704 粗めブレード 両面 10枚入り
100-705 細めブレード 片面 10枚入り
100-706 粗めブレード 片面 10枚入り