心配したけど・・全く関係ないじゃん・・

セミナーに出た翌日の会社より。

From 小川伴陸

 

昨日の話

 

私は、二日間のマーケティングセミナーに参加していた。

50人ぐらいが、会場で熱心に講師の話を聞いている。

夕方近くなってきた頃、久しぶりのセミナーに多少お疲れモード。

 

私はセミナーに参加する時、一つだけ自分の決め毎を作っている。

それは必ず携帯の電源はオフ。

携帯を見るのは休み時間だけ。

 

昨日も、そうやって携帯をオフにしていた。

そろそろセミナーも終わりになりそうな最後の休み時間。

携帯の電源を入れたら、速攻妻からラインが入ってきた。

 

「電車止まっているよ」と。

 

「はっ??電車止まっている??」

そう家に帰るための電車が止まっているらしい。

 

「また事故か??よくあるんだよね。でもすぐに回復するでしょ」と軽く考えた。

まぁ一応ヤフーニュースをチェックしようか。

 

そしたら私の目に、イヤな雰囲気の見出しが飛び込んできた。

「車両が脱線して、復旧の見通し立たず」

 

「脱線??」

「なぜ??」

 

ヤフーニュースによると原因不明。

そして、悪いことに復旧も不明。

 

「マジですか??」

「帰れないじゃん・・・汗」

 

その電車が復旧しない限り帰れない。

どうするんだ???

 

さらに悪いことに、今日はお客さんと飲みに行かないと。

でも、明日もセミナーだから早く帰りたいし・・・でも電車止まっているし。

 

「飲み会のあと、無事に帰れるのかな??」

そんな心配が心と頭の中を駆け巡る。

 

セミナーも終わり、速攻でお客さんと待ち合わせ場所へ。

 

二人で席に着き、早速生ビールで乾杯。

「やっぱり勉強したあと生ビールはうまし」

(すでにこの時点で、電車のことは忘れている・・・)

 

今日のセミナーの話から会話がスタート。

おもしろいセミナーだったので、話が弾む。

そしてビールも弾む!!

 

居酒屋に何時間いたのか?

そして、何杯飲んだのか?

 

でも、話はまだまだ続いている。これだけ盛り上がったら、一件で終われるわけがない。

当然のごとく、二件目に。

さらに盛り上がり、三件目。

 

さんざん飲んだ。

もちろん酔っぱらった。

 

そして飲み会は終わった。

 

その時に・・・・電車の心配は全く関係なくなっていた。

だって時計を見たらもう次の日になっていたから。

 

「こりゃタクシーだわな、終電終わってるし。」

 

電車が止まったこと・・・全く関係ないじゃん。

心配してもしょうがなかったな。

 

そんなことってありますよね。

心配に思っていたことが、結局取り越し苦労だったという話。

 

心配していても、結局のところその心配は無駄だった。なぜならば、全くその件が関係なくなってしまったから。

まさに、今回の私のように「そもそも、電車で帰れる状態になってないし・・・」みたない。

 

あなたもきっと一度ぐらいはありますよね?

 

それって、何か新しいものを取り入れようとした時も同じじゃないでしょうか?

「上手くいくかな?」

「それで大丈夫かな?」

そんな風に心配しているけど、実際にやってみたらその心配事は全く関係なかった。なんていう話。

 

だったら心配するまえにやっていればよかったなんてこと。

 

どうでしょう?

もしかしたら、その今の心配事、実際には全く関係ないことかもしれませんよ。

 

小川伴陸

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>